知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

バーベキューの食材で面白いもの8つ!変わり種で盛り上げよう!

      2018/03/04

バーベキューの食材や料理って、

  • 野菜
  • 焼きそば

という定番だけだと飽きてきませんか?
なにか面白い食材で、集まったみんなをおどろかせたいですよね!

でも、準備するのが大変な食材だと面倒くさいので、どうせなら手軽にできる食材でためしてみたいもの。
定番のメニューでも、手を加えたら面白くなるものもあります(^^)

今回は、バーベキューにおすすめの面白い食材についてご紹介します!

スポンサーリンク

バーベキューに持っていくと面白い食材5つ!

「早く食べてみたい!」とみんなが思うバーベキューの面白い食材をご紹介します。
簡単な作り方も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください(^^)

1)ミニトマト

生で食べるイメージが強いミニトマトですが、焼くことで

  • 酸味
  • 甘み

が丁度いいバランスになるんです♪
ミニトマトはお肉との相性もいいので、バーベキューで人気になること間違いなしです!

また、ミニトマトなら生でも食べられるので、表面を焼くだけでOKなのもおすすめポイントです。
おつまみにもなるので、ぜひミニトマトを持って行ってみてください(^^)

2)カマンベールチーズ

カマンベールチーズを使って「即席・チーズフォンデュ」を作ることができます。
用意するものは

  • アルミホイル
  • つまようじ

です。

アルミホイルを器の形にして、中にチーズを入れて網の上で溶かします
チーズがほどよく溶けてきたら、

  • パン
  • ソーセージ
  • ブロッコリー

などの具材をつまようじでさして、溶けたチーズにくぐらせるだけです。

先に紹介した「焼きミニトマト」につけて食べるのもオススメですよ!

3)お餅

「バーベキューにお餅?」とびっくりされる方もいるかと思いますが、これが意外に人気だったりするんですよ(^^)

薄くスライスしたお餅を鉄板に並べ、とろけるチーズをのせて焼くと「餅ピザ」ができます。
仕上げに

  • ケチャップ
  • 黒コショウ
  • バジル

で、本物のピザみたいになりますよ♪

4)ナン

スーパーなどでも売られているナンは、味付けの濃い料理とお肉によく合います。
鉄板の上であたためるだけでも、ふんわりとした柔らかな食感が楽しめますよ。

そのまま食べてもいいのですが、バーベキューで焼いた食材をはさんで「ナンサンド」を作ってみてください!
トルコ料理の「ケバブ」っぽくなり、みんなで作る楽しさアップです(^^)

5)オイルサーディン缶詰

オイルサーディンを、なんと缶詰に入れたまま網で焼くという変わり種食材です!
オイルサーディンの原料は

  • イワシ

ですので、フタをあけてそのまま調理することができるんですよ。

ほどよく温まったら、

  • フランスパン
  • クラッカー
  • ナン

などにイワシを乗せて食べてみてください(^^)

さらに、残った油は捨てないで再利用することができます!
イワシが無くなったあとの缶詰に、

  • きざんだニンニク
  • 輪切り唐辛子

を入れて温めると、なんとオイルサーディンの油で「アヒージョ」を楽しむことができます!
ちょっと小腹がすいたときのおつまみにも最適です。

1つの缶詰で2度楽しめるオイルサーディン缶詰。
ぜひバーベキューでやってみてくださいね♪

バーベキューで盛り上がる変わり種食材3つ!

定番のバーベキュー食材でも、ちょっとひと手間加えるだけで変わり種食材に変身させることができます。
簡単な作り方と一緒にご紹介しますね!

1)漬けこみラム肉

バーベキューのメインといえば「お肉」ですよね。
普通のバーベキューなら、

  • 牛肉
  • 豚肉
  • 鶏肉

などを使いますが、今回おすすめしたいお肉が「ラム肉」です。

ラム肉はお肉の中でもヘルシーで、さらに「コレステロールを減らす働き」もあるんです。
ただ、ラム肉独特のあの「臭み」が苦手な人もいると思います^^;
ですが、ラム肉をタレと一緒に漬けこむことで、食べやすい変わり種食材にすることができます!

作り方はとても簡単で、用意するものは

  • ジップロック
  • ショウガ
  • 砂糖(はちみつなどでも代用できます)
  • しょうゆ

です。

  1. ラム肉に砂糖をもみこみ、しばらく寝かせます。
  2. ジップロックの中に、ショウガとしょうゆを入れて、砂糖をつけたままのラム肉を漬けこみます。
  3. さらに一晩寝かせれば完成です。

砂糖でお肉をもみこむことで、お肉がやわらかくなります(^^)
さらにショウガでお肉の臭みを消すことができます。

それでもまだ臭みが気になる場合は「ローリエ」を一緒につけると、さらに臭みをおさえられます。
ぜひ試してみてくださいね!

2)にんにくのホイル焼き

おいしすぎてリピーター続出の「にんにくのホイル焼き」を、バーベキューで簡単に作ってしまいましょう(^^)

作り方はこちらの動画を参考にしてください。

にんにくの皮をむいて、アルミホイルで作った器のなかへ

  • ごま油

を入れて焼くだけです。
材料も手間も少なく作れるので、バーベキューでもためしやすいですよね!

また、にんにくの皮をむかずにそのまま網の上で焼くと、臭みがおさえられて甘味がひきたつ「にんにくの丸焼き」の完成です!
にんにく好きの人はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

3)干物

魚介類などの生物は痛みやすいので、あまりバーベキュー向きではないですよね。
でも「干物」なら、生の魚介とくらべると痛みづらいので、バーベキューにもってこいです(^^)

干物は焼くと臭いがたつので、お家ではなかなか焼きづらいのですが、バーベキューで焼けばその臭いも食欲をそそるアクセントになります。

大人におすすめの変わり種食材です!

バーベキューの食材で面白いものまとめ

ためしてみたい面白い食材は見つかりましたか?
最後に今回のまとめです。

  • バーベキューの面白い食材はこの5つです。
    1)ミニトマト
    2)カマンベールチーズ
    3)お餅
    4)ナン
    5)オイルサーディン缶詰
  • カマンベールチーズを使うときは、アルミホイルで器を作ります。
  • オイルサーディンの缶詰を使うときは、最後にニンニクと唐辛子でアヒージョを作れます。
  • バーベキューの変わり種食材はこの3つです。
    1)漬けこみラム肉
    2)にんにくのホイル焼き
    3)干物
  • 漬けこみラム肉を作るときは、お肉に砂糖をもみこむとお肉がやわらかくなります。

解放感のある中で食事をしたり、お酒を飲んだりするのは新鮮で楽しいですよね!
でも、近隣の住民へ迷惑がかからないようマナーを守ることも大切です。

  • 食べ残し
  • ゴミ

は、きちんと持ち帰って、環境に優しいバーベキューを心がけましょうね(^^)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - アウトドア・キャンプ