知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

バーベキューの野菜の切り方、下ごしらえの仕方!量や焼き方は?

      2018/04/04

バーベキューで焼く野菜はおいしいですよね(^^)
でも、野菜はなかなか火が通りづらいので、油断すると黒コゲにしてしまいがちです。

そんな大惨事になってしまわないように、うまい切り方を覚えておきましょう!
下ごしらえの切り方で、野菜をよりおいしくすることもできるんですよ♪

今回は、バーベキューの野菜の切り方、下ごしらえの仕方などについてご紹介します!

スポンサーリンク

バーベキューの野菜の切り方、下ごしらえの仕方は?

バーベキューの定番野菜の切り方と下ごしらえの仕方をご紹介していきます。

トウモロコシ

トウモロコシは3等分に切ります。
長い物は3~4等分に切ってもOKです。

あらかじめ塩ゆでしておくと、バーベキューのときは表面だけ焼けば食べることができます。
電子レンジで温めておいても時間短縮になりますよ!

ピーマン

ピーマンは普通のサイズなら半分に、大きいサイズなら3~4等分ぐらいに切ります。
下ごしらえの必要はほとんどなく、水で洗って中の種を取りだすだけでいいので、とても簡単ですね(^^)

かぼちゃ

暑さ2~3mmぐらい薄くスライスしましょう。
かぼちゃは固いので、切るときはケガをしないように気をつけてくださいね。

生のままでも大丈夫ですが、レンジで加熱してから持っていくとバーベキューで失敗しませんよ!

玉ねぎ

大きい玉ねぎは輪切りにしてもっていきましょう。
玉ねぎはバラバラになりやすいので、つまようじを刺しておくと焼きやすいですよ。

当日バーベキューで焼きそばを作る場合は、くし切りした玉ねぎもあると便利です。

ししとう

ししとうは切らずに、ヘタを取りのぞいておくだけでOKです。
軽く下ゆでしてしょう油にひたして持っていくと、下味もついてちょっとした一品に早変わりします(^^)

キャベツ

キャベツは生でも食べられるので、水洗いして「ざく切り」にして持っていきましょう。
ざく切りの切り方はこちらの動画を参考にしてみてください。

ざく切りにしておけば、焼きそばなどのアレンジに使いやすいですのでおすすめです!

ミニトマト

ミニトマトはキレイに洗ってヘタをとります。
竹串などで2~3個ほど串刺しにしておくと、バーベキュー当日は焼くだけでいいので、ぜひ作ってみてください(^^)

エリンギ

エリンギは半分に切るだけなのでとても簡単です。
下ごしらえに塩コショウを軽くふっておいてください。

そのまま焼いてもいいのですが、に刺しておくと焼きやすくなりますよ♪

ニンニク

ニンニクは切らなくてもいい野菜です。
串に4~5個ぐらい刺しておくと、バラバラにならずに焼くことができます。

皮を付けたまま焼くと、実がホクホクしておいしいです!

バーベキューの野菜、焼き方はどうする?

バーベキューで野菜を焼くのって、意外とむずかしいんですよね(^^;
うっかり焼きすぎてしまってカラカラになってこがしてしまうことも・・・!
この章では、バーベキューの野菜の焼き方をご紹介しますね。

バラバラになるものは串に刺す

バラけやすい野菜

  • ミニトマト
  • エリンギ
  • ニンニク
  • 輪切りの玉ねぎ

などは、あらかじめ串に刺しておくと焼きやすいです。

こまかい野菜は表面に焼き色がついたら食べられるものがほとんどなので、焼き時間が短いのがメリットです!
焼きすぎに注意してくださいね。

固い野菜は下ゆでしておく

  • トウモロコシ
  • かぼちゃ

などの固い野菜は、下ごしらえでしっかり茹でておけば、バーベキュー本番では焼き色がつけば食べられます

トウモロコシの場合は、芯の中心に串が通りやすくなれば食べられます。
かぼちゃは薄くスライスしているので、両面をしっかり焼けばOKです!

アルミホイルで包み焼き

  • ニンニク
  • エリンギ
  • ししとう

などは、アルミホイルで包んで焼くと失敗しづらくなります!

アルミホイルを使った調理の場合は、2~3分ぐらいで中身を確認してください。
中身がグツグツしてきたらアルミホイルを開いて、火力の弱いところへ移動させましょう。
焼き過ぎそうな時は網や鉄板からお皿に移動させてしまってもOKです!

鉄板で焼く

鉄網を使ったバーベキューは、どうしても火が近すぎてこげやすくなります。
そこで登場するのが「鉄板」です!

焼きそばを作るときぐらいしか使わない鉄板ですが、油をしっかりひいて野菜を焼くと失敗しづらくなります。
どうしても野菜をこがしやすい人は、ぜひ鉄板をためしてみてください(^^)

(おまけ)野菜たっぷり!ソーセージのレタス包み

下記の動画では、バーベキューで野菜を楽しむアレンジレシピを紹介しています。

こだわりのサルサソースがとてもおいしそうですね(^^)

動画ではソーセージを使っていましたが、ほかのお肉でもおいしくできそうなレシピです。
ぜひバーベキューでためしてみてください♪

バーベキューの野菜、量はどれぐらい必要?

バーベキューの野菜の量は、お肉の量よりも少なめに用意すれば、あまらせることもないでしょう。
1人前のお肉の量は200~300gほどなので、野菜は100gほどあればOKです。

野菜はお肉と違って仕込んでから多少時間がたっても食べることができます。
あまらせてしまったとしても、お家に帰ってからすぐに冷蔵庫に入れれば大丈夫です。

ただし、あまってしまった野菜は衛生面を考えて、遅くても翌日中には使い切ってくださいね。

バーベキューの野菜の切り方まとめ

バーベキューの野菜の切り方は参考になりましたでしょうか?
最後に今回のまとめです。

  • トウモロコシは3等分に切ります。
  • ピーマンは普通のサイズなら半分、大きいサイズは3~4等分に切ります。
  • かぼちゃは暑さ2~3mmぐらい薄くスライスします。
  • 玉ねぎは輪切りにし、焼きそばをするのならくし切りに切ります。
  • ミニトマトとししとうは切らずに、ヘタを取りのぞくだけでOKです。
  • キャベツはざく切りに切ります。
  • エリンギは半分に切ります。
  • ニンニクは切らずに、皮のまま焼いてもおいしいです。

下ごしらえをした野菜はジップロックに入れていくのがおすすめですよ!
タッパーよりもかさばらず、種類分けもしやすいのでぜひ使ってみてくださいね(^^)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - アウトドア・キャンプ