知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

キャンプの持ち物リストを6つのカテゴリー別に紹介!便利グッズも!

      2018/07/28

キャンプをしてみたくても、初めての場合だと何を用意していいのかわからないですよね。
そんな方のためにキャンプの持ち物リストを作成しました(^^)

キャンプにかかせないグッズから、役に立つ便利グッズまでそろえています。
このリストがあればキャンプへ出かける準備も早くできますよ!

ぜひ、このキャンプ持ち物リストを参考にしてスムーズに準備を進めてくださいね♪

スポンサーリンク

キャンプで必要な持ち物リスト!6つのカテゴリー別にご紹介

キャンプ初心者ファミリーをイメージして、必要な道具を6つのカテゴリーにまとめました。

1)テント道具

持ち物 備考
人数に合わせたサイズのテント
  • ペグ
  • ロープ
  • ポール
  • ハンマー

などもふくみます。

ブルーシート テントを設営するときに使用します。
マット テントの内で敷くキャンピングマットです。
寝袋 スリーシーズン用シュラフがおすすめですよ(^^)
バスタオル
  • 枕の代わり
  • 子ども用のタオルケット

としても代用できます。

タオルケットか毛布 季節に合わせてどちらかを持っていきましょう。

キャンプの要になるテント道具は、キャンプに参加する人数に合わせて

  • テントのサイズ
  • 寝袋の数

などを決めます。

は、暑い季節でも夜は冷えこむ場合がありますので、季節に関係なく温かくできるものを持っていくことをおすすめします。

2)リビング

持ち物 備考
タープ
  • ペグ
  • ロープ
  • ポール
  • ハンマー

などもふくみます。

テーブル 組み立て式がおすすめですが、ない場合はレンタルでもOK!
イス 折りたたみ式だと、スペースを節約できます。
ランタン LEDを使ったランタンがおすすめです。
レジャーマット 外で寝転がりたいときなどに使います。

リビングスペースが充実していると、キャンプの質がぐんと上がります(^^)
タープがあると雨天でもキャンプがしやすくなるのでおすすめですよ。

3)キッチン道具

持ち物 備考
バーベキューコンロ

七輪で代用する人もいます。

  • 炭用トング
  • ガスバーナー
  • 網、鉄板

などをお忘れなく。

チャッカマンまたはライター どちらかひとつだけでもOKです。
フライパンや鍋  
クーラーボックス  
食器
  • コップ
  • お皿
  • スプーン

などを人数分用意します。

調理器具
  • 包丁
  • まな板
  • 菜ばし
  • おたま
  • しゃもじ
  • 調理トング

など、ひと通り調理できるように持っていきましょう。

ラップとアルミホイル  
布巾や雑巾 布巾は食器や調理器具をふく用です。
雑巾は捨ててもいいものを使います。
固形せっけん  

まな板の代わりに「牛乳パック」を使うのもOKです。
まな板を洗わないで済むので、水や洗剤の無駄使いをおさえられます。
とてもエコなグッズだと思うので、ぜひ試してみてください(^^)

4)食材

持ち物 備考
調味料
  • コショウ
  • サラダ油
  • 焼肉のたれ
  • マヨネーズ
  • ポン酢
  • バター

などがあると、キャンプ料理の幅が広がります(^^)

食材
  • 野菜

あたりを、つくる料理に合わせてもっていきましょう。

お茶やインスタントコーヒー 外でほっと一息つくのは格別です♪

調味料が充実していると、キャンプ料理のバリエーションが広がりますので、ちょっと多めに持っていくのがいいと思います。
念のために、キャンプ場の近くで買い出しに使えそうなスーパーなどを下調べしておくと、買い忘れをしても安心ですよ!

5)衣服等

持ち物 備考
着替え 余分にあると、いざというときに役に立ちます。
帽子  
タオル 4枚以上あると安心ですね。
防寒着 夏場でも、長袖が1枚あると急な気温変化に対応できます。
雨具  

6)あると便利なグッズ

持ち物 備考
保険証 急な体調の変化や慣れない作業でのケガなど何があるかわからないので、持っていきましょう。
ウェットティッシュ 手洗い場がないときに便利です。
洗濯用品 長期キャンプのときに使います。
日焼け止め 紫外線対策にかかせないグッズです。
トイレットペーパー 多めに使えるので便利です。
軍手 すべての作業で重宝します。
万能チェーンとS字フック どちらも洗濯やちょっとしたものをかけておくのに便利です。
サンダル 夜にトイレへ行くときなどに着脱しやすいサンダルがおすすめです。
ゴミ袋 ゴミは持ち帰るのがキャンパーの基本です。
新聞紙 
  • 食器をふく
  • 火を起こすときの種火に使う

など、持っていくと役立つグッズです。 

段ボール

テントの設営に、床へ敷いておくと床冷えをやわらげたり、床をなだらかにできます。
川などの床がデコボコしているところでのキャンプにおすすめです。

野外のキャンプではこれらがあると便利ですよ!

キャンプで必要な持ち物リストまとめ

キャンプの持ち物リストは参考になりましたでしょうか?
最後に今回のまとめです。

  • キャンプの持ち物はこの6つのカテゴリーです。
    1) テント道具
    2) リビング
    3) キッチン道具
    4) 食材
    5) 衣類
    6) あると便利なグッズ
  • テント道具は参加する人数にあわせて準備してください。
  • 食材はなくなったときにそなえて、近くのスーパーなどを下調べしておきましょう。
  • 夏場でも長袖があると、急な気温変化に対応できます。

キャンプ用品をそろえるときには、アウトドア用品専門店の「エルブレス」が便利ですので見てみてくださいね!

▶ アウトドア用品のすべてが揃うエルブレスオンラインストア

はじめてのキャンプは全部完ぺきにこなすことよりも、楽しむことが大切だと思います♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - アウトドア・キャンプ