知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

キャンプの持ち物リストはコレ!あると助かる便利グッズも紹介!

      2017/05/29

これからキャンプを始めてみたいけど、何を用意してどう過ごすのか分からないと疑問を持つ方は以外に多いのでは?

そんなアウトドアレジャーを堪能するための道具や基本的な持ち物をリストにしてみました。

自然の中での料理や食事のほかに、新鮮な空気を吸いながら散策することでふだんは感じられない四季の変化を楽しんでみてはいかかでしょうか?

スポンサーリンク

キャンプで必要な持ち物リストはコチラ!

メインシーズンの春~秋にキャンプをする初心者ファミリーキャンパー4人(親2名と小学生の子供2名)と想定して、キャンプに必要な道具をまとめてみました。

テント道具

camp-goods-lists-1

  • 4人用テント(ペグ・ロープ・ポール・ハンマー等一式も含みます)
  • ブルーシート(テントを設営する際、地面に敷きます)
  • マット(テント内に敷くキャンピングマットです)
  • 寝袋(スリーシーズン用シュラフがオススメです)
  • バスタオル(枕や子供のタオルケットとしても代用できます)
  • タオルケットか毛布(季節に合わせてどちらか選びます)
  • 電池式ランタン・電池(LED電灯が便利です)

リビング

camp-goods-lists-2

  • タープ(ペグ・ロープ・ポール等一式も含みます)
  • テーブル(組立て式・かさばる場合はレンタルでもOK)
  • イス4脚(畳めるもの)
  • ランタン
  • レジャーマット(寝転がりたい時などに)

料理・食器

camp-goods-lists-3

  • バーベキューコンロ(代用として七輪を使う方もいます)
  • カセットコンロ(バーナーよりも簡易的です)
  • ガスバーナー(炭に火をつける時に便利です)
  • 炭・カセットガスボンベ(それぞれ燃料として使用します)
  • 炭用トング
  • チャッカマンかライター
  • バーベキュー用の網・うちわ
  • フライパンや鍋
  • クーラーボックス・凍らせた保冷剤2~3個
  • コップ・お皿・お椀・箸・スプーン(4人分もしくはそれ以上)
  • トング・菜箸・しゃもじ・おたま
  • 包丁・まな板・ピーラー(まな板として開いた牛乳パックの再利用もエコでいいです)
  • タワシ・フキン・雑巾
  • 固形石けん(手洗い・食器洗い・お風呂にも使えて便利です)
  • ラップ・アルミホイル
  • ボウル・ザル・トレイ
  • トイレットペーパー(油ものを洗う時に拭いてから洗います)
  • ゴミ袋・新聞紙・折りたたみ式の水タンク

食材

camp-goods-lists-4

  • 塩・コショウ・サラダ油といった調味料(焼肉のたれ・マヨネーズ・ポン酢・バターなどがあると料理の幅が広がります)
  • 肉・玉ねぎ・じゃがいも・人参等(カレーなどで使用もできます)
  • 米・パン・パスタ
  • お茶・インスタントコーヒー(お茶はティーパックに入ったものが便利です)

衣服等

  • 着替え
  • 帽子・動きやすい靴
  • タオル4枚以上
  • 防寒着
  • 洗面用具(歯磨きセットやフェイスタオル等)
  • お風呂セット(バスタオル・シャンプー・石鹸等)
  • 雨具・傘
  • 小さいお子さんがいる場合はおむつとお尻拭きも忘れずに※

あると便利なグッズ

camp-goods-lists-5

  • 保険証(何があるか分からないので念のため持参します)
  • ウェットティッシュ(手が汚れた時にすぐ使えます)
  • 洗濯用石けん・洗濯バサミ・ハンガー(長期キャンプの時に使用します)
  • 日焼け止め(紫外線対策もお忘れなく)

キャンプに必携の便利グッズはコレ!

野外でのキャンプに持ってきて良かったと思える便利なグッズをいくつか紹介します。

  • 軍手(テント設営の時や、熱い調理器具を扱う時に便利です)
  • ドライネット(3段になっているネットは食器干しとしても便利です)
  • 万能チェーン・S字フック(ハンガーやちょっとした物を掛けておくのに重宝します)
  • サンダル(夜間にトイレへ行く時など、脱ぎ履きしやすいです)
  • かゆみ止め・絆創膏
  • 蚊取り線香・虫よけスプレー(特に夜はテント内の灯りに虫が集まるので必須です)

キャンプで必要な持ち物リストまとめ

このリストがあればキャンプへ出かける準備も早くできそうですが、やはり荷物は少なめに身軽で行きたいものです。

また、キャンプ場の近くで買い出しに使えそうなお店やスーパーを下調べしておくと忘れ物をしても安心ですし、スムーズに食材の調達ができます。

ちなみに、テントやタープからバーベキューセットまで、キャンプで使うものをほぼ全てレンタルすることができるこんなサービスもあります。

「買うまではいかないけど、スポットでどうしても使いたい!」というものがある方はこういうサービスをつかってみるのもいいかもしれないですね。

▶ DMMいろいろレンタル|アウトドア用品を手軽にレンタル!

初めてのキャンプには完璧を求めず、少しずつキャンパーとして成長することもキャンプを楽しむコツなのではないでしょうか!

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - アウトドア・キャンプ