知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

子供用レインコートおすすめ6選!選び方の基準は!?

   

梅雨に入ると雨の日が続いてゆううつですよね…
毎日のように雨が降っていると、小学校や幼稚園に通う子供たちには結構な負担がかかります。

傘をさしている子供をはた目から見ていると、

  • 傘がずれて片方の肩や体のほとんどが雨に濡れていたり
  • 雨に濡れないよう、傘をさすのに集中しすぎて周囲への注意が甘くなったり

と、ホントに大変そうですし、危なっかしいです…(汗)

そんな雨の日の子供にかかる負担を軽くするために、傘だけでなくレインコートを子供に着せているお母さんも多いです。

「レインコートも着せたし、これで雨の日はバッチリ!」と思っているアナタ、そのレインコートはホントにお子さんに合ったレインコートでしょうか?
レインコートはちゃんと考えて選んであげないと、思うように雨が防げない上に、かえってお子さんの負担になってしまうこともあります。

今回はお子さんにピッタリなレインコートを探すために、

  • 子供のレインコートを選ぶときのポイント
  • 子供のレインコート、おすすめの6つ

をまとめました!

スポンサーリンク

子供のレインコート、選ぶときのポイント!

子供って、傘をさしていても体がびしょ濡れになっていますよね(汗)
お友だちとはしゃいでいると傘さしがお留守になったり、風が強かったりするとあっという間にびしょ濡れです。
ただでさえ雨で洗濯物が思うように乾かないのに、雨に濡れて洗濯物が増えるなんて母的にもツラいところです…(汗)

そんなときにお役立ちなのが「レインコート」
レインコートを着ていれば、傘で防ぎきれない雨から体を守ることができます。

また、多少の雨なら傘をささなくても大丈夫なのがレインコートのうれしいところです。
傘を持たないことによって両手が空くし、視界がさえぎられることもありません。
子どももストレスがかなり軽減されますよね!

しかし、どんなレインコートでも「着れば安心」というものではありません。
子供の体型やライフスタイルにあったものを選んであげないと、せっかくレインコートを着ていても結局は濡れてしまったり、ストレスになってしまったりします。

それらを踏まえてレインコート選びをするときは、

  • どういうシーンで使いたいのか
    (登下校、普段使い、遠足など)
  • 何を重視したいのか
    (着ごこちや着やすさ、とにかく雨を遮断したい)

などをあらかじめよく考えておきましょう!

雨の日は自分だけでなくほかの歩行者や車も、とても視界が悪くなっています。
注意していても雨が激しかったら前が見えづらい…なんてこともあります。

自衛のためにも、

  • なるべく目立つデザインのもの
  • 動きやすいもの

なども条件に入れておくとグッドです。

雨の日の自転車の傘さし運転で危険な目にあった話は、この記事に書いたのであわせて読んでみてくださいね。

自転車の傘さし運転、違反の罰金はいくら?スタンドに固定ならOK?

とここまでで、子供用のレインコートを選ぶときに考えることやポイントはおわかりいただけたと思います。
次は、「具体的にはどんなレインコートがいいのか」をおすすめを交えてご紹介していきます!

子供のレインコート、おすすめはこの6つ!

ランドセルや通園リュックにも対応しているタイプのレインコート

幼稚園や小学校に通っていると、必須になるのがランドセルや通園リュック。
しかし、ランドセルや通園リュックを背負った状態で普通のレインコートを着るとおそろしいほどピッチピチのパンパンになります…(汗)

我が家の娘も、幼稚園の入園直後まではそれまで着せていた普通のレインコートを着せていたのですが、通園リュックがかさばって前のボタンが悲鳴をあげていました

子供のレインコートを選ぶときは、通園や通学のスタイルを視野に入れないといけません。
子供用レインコートには、ランドセルや通園リュックを背負ったときに対応しているタイプのレインコートがあります。

背中にランドセルや通園リュック用のゆとりがあり、なにかを背負ってもゆったり快適です!
何も背負っていないときは、背中のスナップボタンで開け閉めができるので普段使いすることもできますよ(^^)

このランドセル対応のタイプでは、次のものがおすすめです!

「iSmile」のランドセル対応のレインコート

おしりのところに反射テープがあるので、雨で視界が悪いときも安心です。
また、フードが特徴的で空気を入れてふんわりさせることができます
こうすることによってフードが取れづらくなり、風が強い日も安心です!

女の子用・男の子用ともにデザインがかわいらしいのでママもキュンキュンしちゃいますよ(^^)

「キャサリンコテージ」のランドセル対応のレインコート

オシャレが大好きな女の子にはこのレインコートがおすすめです。
えり元やそでにはフリルがあしらわれており、雨の日が楽しみになるデザインです。

次の動画でもわかるように、ホントにかわいらしいです☆

ちゃんと背中にマチをとめるボタンがついているので、登下校のときはランドセルが背負えます。

ここまでオシャレだと、レインコートじゃなくて、ステキなコートを着ているみたいですね♪

「Kids Foret」のランドセル対応のレインコート

フード周りが透明になっているので、視界もスッキリで安全な作りです!
そで口はゴムが入っているので、雨が入り込むこともありません。

鮮やかなストライプのデザインなので存在感があり、雨の日でも我が子を見つけやすいし、車や自転車にもアピールすることができますよ!

ふんわりしていて動きやすいポンチョタイプのレインコート

大人もそうですが、子供って動きづらいものをスゴくイヤがりますよね…

レインコートは、物によっては腕の稼働範囲が限られてしまうので「うっとうしいなぁ」と感じることもあるはず。
また、雨で肌寒くて厚着をしていると、腕の部分がごわついたりピチッとしたりで「きーーっ!」となってしまうこともしばしば…
密着感がツラいということがありますよね(^^;

そんなお子さんにポンチョタイプのレインコートがおすすめです。
サッと着られるし密着感がないので、とても動きやすいですよ!
全体的にふんわりしているので、ランドセルや通園リュックを背負ったまま着ることができるのもうれしいポイントです☆

このポンチョタイプのレインコートでは、次のものがおすすめです。

「EZOM」のポンチョタイプの子供用レインコート

このポンチョの特徴的は「軽くて耐水性に優れている」というところです!
身軽を愛する子供にとっては軽いとうれしいですよね(^^)

フード部分にヒモがついており、調節することもできます。
フードをかぶれば多少の雨なら傘がなくても大丈夫です。

「Confort Closet」のポンチョタイプの子供用レインコート

花柄の愛らしいポンチョです。
子供用のレインコートは色あざやかでにぎやかなデザインのものが多いですが、シックでちょっと大人っぽいデザインは女子心をくすぐります!

また、フードに透明なバイザーが付いているので顔も濡れないし視界もバッチリです。

足まで守れるのがうれしいセパレートタイプのレインコート

ここまでで紹介したレインコートやポンチョなどでも充分に雨の日の通学や通園が快適になります。
しかし、雨が強かったり足場の悪いところを歩いたりすると足に雨水や泥がはねて不快感きわまりないですよね…^^;

下校時ならまだしも、登校中にズボンがドロドロのビチャビチャになると「今日1日この感じなのか…」と気分が下がりますし、場合によっては風邪をひいてしまうことも…
お着替えを持っていくという選択肢もありますが、それでは荷物が増えてしまいますし、かなーり面倒です。

そんなときは、上下が別れたセパレートタイプのレインコートがおすすめです
上着とズボンに分かれているので、着脱もしやすいですし足元も守れて全身の防御をすることができます!
雨だろうが晴れだろうが、ついつい走り出してしまう男子にはぜひ着てほしいレインウェアです。

このセパレートタイプのレインコートでは、次のものがおすすめです。

「OUTDOOR PRODUCTS」の子供用レインスーツ

アウトドア用品でよく知られている「OUTDOOR PRODUCTS」の子供用レインスーツ。
シンプルなデザインでとても丈夫なのが特徴です。
セパレートで動きやすいので登下校だけでなく、遠足などで急な雨に見舞われたときにも大活躍です!

しかしセパレートタイプは、ランドセル対応のレインコートやポンチョとちがってランドセルなどが丸出しになってしまいます。
体を雨から守れても、ランドセルが濡れてしまうとガッカリなので、ちゃんと防水のランドセルカバーをつけてガードしましょう!

ちなみにおすすめのランドセルカバーはコチラです。

ランドセルの本体が丸ごとスッポリ隠れるのでこれなら安心ですね!

子供用レインコートのおすすめのまとめ

いかがだったでしょうか?
お子さんに合ったレインコートは見つかりましたか?

最後にもう1度おさらいすると、子供用のレインコートを買うときは、

  • どういうシーンで使いたいのか
  • 何を重視したいのか

ということを最初に考えてみましょう。

登下校に使いたい、着ごこちを重視してあげたい、など人それぞれ希望があると思います。
それを明確にした上で、レインコート選びをしましょう。

そして目的や重視ポイントが決まったら、具体的にレインコートを見ていきます。

もし、登下校に使いたいのなら「ランドセル対応」のレインコートがおすすめです。

  • 「iSmile」のレインコート
  • 「キャサリンコテージ」のレインコート
  • 「Kids Foret」のレインコート

また、着ごこちや着やすさを重視したいのならふんわりと着られる「ポンチョタイプ」がいいでしょう。

  • 「EZOM」のポンチョタイプの子供用レインコート
  • 「ConfortCloset」のポンチョタイプの子供用レインコート

そして足元まで完全に雨をシャットアウトしたいときやアクティブに動くお子さんには「セパレートタイプ」がピッタリです。

  • 「OUTDOOR PRODUCTS」の子供用レインスーツ

雨の日はとてもゆううつにですが、子供には合ったレインコートを選んで少しでも雨の日の負担を軽くしてあげましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - 梅雨