知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

郡上踊り2017の日程や見どころは?徹夜おどりで朝まで踊ろう!

      2017/07/21

山里の城下町として名高い「岐阜県郡上八幡」。
その郡上八幡の夏の風物詩といえば「郡上踊り(ぐじょうおどり)」です。

400年以上受け継がれてきたこの郡上踊り。
7月中旬から約30日間に渡って、踊り子たちの熱気と共に盛り上がります!

今回はそんな熱い熱い郡上踊り2017の日程や開催場所、見どころなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

郡上踊り2017の日程や時間は?

開催日 7月8日(土)~9月2日(土)
時間
  • 平日・日曜日
    20:00~22:30 頃
  • 土曜日
    20:00~23:00 頃
  • 8月12日・19日
    19:30~
  • 8月13日~16日
    20:00~ 4:00 頃

会場が毎回変わるほかに、毎晩開催されるわけではないので、最新情報は念のため日程カレンダーにてご確認下さい。
各会場の地図や、会場ごとの撮影ポイントもこちらで確認できます。

郡上踊り2017の歴史は?

gujo-odor-1

この「郡上踊り」は岐阜県の城下町「郡上八幡」にて江戸時代から始まり、400年以上の歴史を持つ伝統的な踊りです。
10種類ある踊りの全てが、国の重要無形文化財に指定されています。

「郡上の八幡出てゆく時は、雨も降らぬに袖しぼる」の歌詞で知られる郡上おどりは、士農工商の心身の安定と融和を図るために激励され、盛んになったと言われています。

そしてその藩内の村々で踊られていた盆踊りを城下に集め、
盆の4日間は身分の隔てなく、無礼講で踊るがよい。
と奨励されたのが始まりだそうです。

郡上踊り2017の見どころは?

この踊りの特徴は、地元の人から観光客まで一緒になって踊れる参加型の踊りであることです!

その中でも最も盛り上がるのは、8月13日~16日の4日間
別名「徹夜おどり」と言われるとおり、その期間には約25万もの人たちが、夜8時から翌朝4時頃まで徹夜で(!)踊りあかします。

歌とお囃子は生で演奏され、演奏者たちが乗った屋台が踊りの輪の中心となり、町じゅうを盛り上げます。

この動画でも屋台を中心に、非常にたくさんの人が踊っている様子がわかりますね!

郡上踊り2017の駐車場は?

お盆の8月13日~16日はお盆で人手が多くなることから、臨時駐車場無料シャトルバスなどが設けらます。
この「徹夜おどり」開催中は、会場の近くや人気の駐車場はすぐにいっぱいになってしまいますのでご注意ください。

ただ、駐車場については毎年25か所ほど設けられていますので、駐車場がなくなるということはなさそうです。
今年の臨時駐車場や無料シャトルバスについての詳細は、公式HPなどで随時確認してください。

郡上踊り2017のアクセス情報

gujo-odori-4

電車の最寄駅が遠いため車でのアクセスがメインですが、岐阜市から特急バスも運行されているようです。

高速バス 岐阜駅~郡上八幡城下町プラザ下車 徒歩3分
東海北陸自動車道 郡上八幡インターチェンジより約10分
電車  長良川鉄道『郡上八幡駅』下車 徒歩25分

ただし、会場によっては多少異なりますので、それぞれの日時における開催場所は郡上おどりの公式HPにてご確認ください。

郡上踊り2017のまとめ

いかがだったでしょうか?
徹夜踊り、すごいですよね!

郡上踊りでの服装は浴衣を着るのが一般的ですが、強制ではないです。
ですので、観光客のほとんどは洋服のまま踊っていることが多いです。

ただせっかくの盆踊りなので、「浴衣と下駄で、郡上踊りの雰囲気を存分に味わいたい!」という方は現地で購入するのもいいですよ。
郡上踊りの開催中は安く売っているお店があるので、お得に買い物ができるかもしれません^^

郡上八幡は「水の綺麗な城下町」というだけあって浴衣姿が町の風情になじみます。
下駄の音とお囃子の演奏が重なり合うことで、郡上踊りがさらに盛り上がること間違いなしです!

今年初めて参加する方も、朝まで一緒に踊り明かしてみてはいかがでしょうか♪

ちなみにリーズナブルに浴衣のアイテムを作りたい際にはこの記事を参考にどうぞ↓

▶ 浴衣の巾着の作り方を解説!100均で簡単に作る方法は?

子供の浴衣を作る時、生地の長さはこうやって決める!作り方は?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - 祭り