知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

ハロウィンメイク、男性にオススメはコレ!リアルに仕上げるには?

      2017/07/12

男性のハロウィンの仮装といえば、簡単にかぶりものや衣装で済ませがちですが、ちょっと差をつけたいなら、メイクに凝ってみるのはどうでしょう。化粧品を持っていない男性でも、100円ショップで揃うような道具でハロウィンメイクできるんですよ。

簡単にできるもので、オススメのメイクをご紹介します。アンデッド系のメイクはちょっとしたコツでリアルにできるので、試してみてください。

スポンサーリンク

ハロウィンメイクで男性にオススメは?

ハロウィンの仮装で男性にオススメなのは、映画の登場人物や架空のモンスター普段化粧をしないから、イメージしやすいものを参考にするといいかもしれません。

halloween-makeup-mens-1

ゾンビ

ハロウィンの仮装では定番のゾンビや幽霊など、青白い顔にダメージを加えたメイクは案外簡単にできるようです。手で大雑把に塗ってもそれなりに仕上がります。

いらなくなった服をボロボロにしたり赤絵の具で汚したら、ゾンビの完成。人気アメドラ「ウォーキング・デッド」を見ながら服装や歩き方も参考にしてみましょう。

ドラキュラ

もう一つ定番どころではドラキュラ。青白い顔の頬に影を入れ、目元を黒くして、パーティーグッズでよくある牙をつけます。

ゾンビよりキレイに仕上げると、ドラキュラっぽくなります。衣装も割と手に入りやすいと思いますよ。

ジョーカー

「バットマン」の悪役・ジョーカーはゾンビとドラキュラの中間くらいのメイクでできそうです。目の周りと口を大きくピエロっぽく仕上げます。

ジョーカーの仮装のオススメ理由は、ボロボロの衣装ではなくジャケットでバチッと決まるところ。不気味だけどかっこいいのがポイントです。

海賊メイク

「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジャック・スパロウは日焼けしたような濃いめの肌に影と髭、目の周りを黒く塗ることでできます。あとはカツラやバンダナなどのアイテムを用意しましょう。

ガイコツメイク

ハロウィンといえばガイコツメイクも人気ですが、オススメはメキシコの「死者の祭り」風シュガースカルメイクです。ちょっと難易度が上がりますが、怖いだけでなく茶目っ気があってユニーク。

パートナーと一緒にガイコツの花嫁・花婿の仮装もできますよ。

男性のハロウィンメイク、必要な道具は?

男性がハロウィンメイクをするときに、まず悩むのはどんな道具が必要かということですよね。ハロウィンメイクは普通のメイク道具でもできますが、ちょっと凝ったものにしたい場合は舞台用の特殊な道具を使います。

いずれも手に入りやすく、安価で揃えられるものを紹介します。

基本の道具

  • ファンデーション(リキッド、パウダーどちらもあると便利です)
  • 下地クリーム(メイクを落としやすくするためのもの)
  • アイシャドウ(白、黒、青、赤、茶、グレーなどメイクによってお好みで)
  • アイライナー(できればリキッドタイプ、ペンシルタイプの両方)
  • コンシーラー(眉をつぶすときに使います)
  • メイクブラシ
  • パフスポンジ
  • 赤い口紅(血糊の代用品)
  • メイク落とし

以上の道具はほとんど100円ショップで手に入りますリキッドアイライナーは顔に線を引くときに、ペンシルライナーは目の周りを真っ黒にするときにそれぞれ使えます。

halloween-makeup-mens-3

顔全体を白塗りにする場合

  • ドーラン(白)
  • ベビーパウダー(ドーランの上から塗って、ドーランが服につくのを防ぎます)

ドーランを塗るときはヨレを防ぐため下地クリームは使いません。

パーティー用のメイクキットも手軽ですが、基本的には化粧品とは異なるため、目の周りなどかぶれやすい場所には使えないものもあるようです。確認してから購入しましょう。 

男性のハロウィンメイク、リアルに仕上げるには?

日本人の顔立ちは凹凸が少ないので、黒や茶色のアイシャドウで骨格に影をしっかりつけるのがリアルに仕上げるコツです。

halloween-makeup-mens-4

次に身近なものでできるゾンビのリアルな傷メイクの方法をご紹介します。

ハリウッド並み!とまではいきませんが、なかなかリアルな特殊メイクです。傷メイクの動画はたくさんあるので、お好きなものを参考にしてみてください。必要なものはそれぞれ違うようですが、だいたい以下の道具でできそうです。

  • 付けまつげのり(アイプチや、顔以外なら木工ボンドで代用できます)
  • ティッシュ
  • ファンデーション
  • アイシャドウ
  • 口紅やリップグロス(腕などに作る場合はアクリル絵の具でもOK)

簡単に傷メイクができるシールタイプもあります。こちらは貼るだけなのでお手軽ですが、やっぱり自作のメイクのほうが立体感があってリアルです。

傷メイクに関してはこちらでも更に詳しく解説しているので、参考にしてみて下さい。

【関連】ハロウィンの傷メイクはこうやる!リアル感たっぷりにするなら!

男性のハロウィンメイクまとめ

以上、男性のハロウィンメイクについてご紹介しました。あまりお金をかけず、簡単にできそうですね。

この時期テーマパークではハロウィンの期間に仮装して入場できたり、各地でハロウィンパレードなどが開催されます。今年はぜひ、男性もハロウィンメイクで参加してみましょう!

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - ハロウィン