知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

ハロウィン2017はいつ?なぜ最近日本でこんなに流行ってるの?

      2017/08/15

ハロウィンの季節がやってきましたね。

くり抜いたかぼちゃのオバケや、仮装のにぎやかな行列など、毎年テレビのニュースでも取り上げられています。

今では、日本でも定着しつつある大きなイベントとなったハロウィンですが、どのようなものかきちんと知らない人も多いのではないでしょうか?

どうして最近日本でこんなにもハロウィンが人気のイベントになったのか、ハロウィンの起源なども含めて調べてみました。

スポンサーリンク

ハロウィン、2017年はこの日!

halloween-when-1

ハロウィンは毎年10月31日です。

2017年の10月31日は火曜日ですね。

日本では、仮装して街に繰り出すのはこの日ですが、前後数日はパーティなどが行われていたり、東京ディズニーランドやディズニーシーなどでは9月からイベントが開催されたりしているので、ハロウィンを楽しむ期間が長いです。

しかし、発祥の地やその他外国では10月31日の1日だけがハロウィンの日なのです。

海外でハロウィンに参加する機会がある場合は頭にいれておくといいでしょう。

日本では独自のハロウィンの形が出来てきつつあるようです。

ハロウィンってなんで最近こんなに流行ってるの?

halloween-when-2

ハロウィンはここ近年、日本でも盛り上がるイベントとして注目され、ほぼ年間の行事として定着してきています。

どうして、日本でハロウィンがこんなに流行ることになったのか考えてみました。

1.テーマパークのハロウィンイベント

みんなが大好き、東京ディズニーランドやディズニーシー、USJなどのテーマパークで、10月・11月のあまりイベントのない時期に、ハロウィンのイベントをするようになったため、気がついた時にはハロウィンという行事が当たり前のように感じられ、受け入れられていたのではないでしょうか。

2.日本のコスプレ文化

日本の独特なオタク文化で外国からもクールジャパンと言われるコスプレが、ハロウィンの仮装とぴったりはまって、受け入れられやすかったこのではないかとも言われています。

3.英語の早期教育

小学校から英語の授業が始まるようになったり、早期教育で幼児のうちから英会話を習ったりするようになったので、外国の文化に触れる機会が多くなったこともあるようです。

4.それまで10月・11月にイベントがなかった

クリスマスまでの間、日本では10月と11月にはこれといったイベントや行事が無かったため、ちょうどよくハロウィンがそこにはまったのではないでしょうか。

イベントのためのグッズなどを販売することによって経済効果も見られるようになり、お正月商戦やクリスマス商戦と同じく、市場がハロウィンにも目をつけたのかもしれません。

ハロウィンの発祥はどこ?

賑やかに仮装をして練り歩くイメージが強いですが、ハロウィンとは、そもそもどんなものなのでしょうか。

1.もともとは古代ケルト人の文化

ハロウィンの発祥は、もともとはアイルランドやスコットランドの、古代ケルト人の秋の収穫祭と悪魔祓いだったようです。

古代ケルト人は10月31日を1年の終わりと考え、31日の夜、この世に亡くなった人の魂が戻って来ると信じていました。

その時、悪霊にとりつかれるのを恐れて仮装したり、火を焚いていたりしたのが始まりと言われています。

日本のお盆に考え方が似ていますね。

2.アメリカに伝わってから意味合いが変わった

この古代ケルト人の行事が、ヨーロッパを経てアメリカに伝わってからは、本来の収穫祭や宗教的な意味合いが薄まって、民間行事として定着しました。

日本へはアメリカから伝わったため、ハロウィンの本来の意味は殆どなく、イベント感覚で考えられています。

ハロウィン2017年はいつ?のまとめ

いかがでしたか?

ハロウィンのもともとの発祥の地は古代ケルトでした。

収穫祭だったハロウィンは、日本のお盆にも似た行事だったことがわかりましたね。

日本でもすっかりおなじみとなったハロウィンですが、本来の起源を知ってみると、日本でハロウィンが定着するのも何となくわかる気がします。

今年のハロウィンも、きっと盛り上がることでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - ハロウィン