知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

初盆・新盆のお供え、金額はどれぐらい?失礼にならないために!

      2016/12/29

初盆・新盆のお供えものやマナーって意外と知らない方が多いと思います。

今回は知っていて損はない!初盆・新盆のマナーについてご紹介します。

初めて初盆新盆に行かれる方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

初盆・新盆とは?

hatsubon-money-1

そもそも初盆や新盆とは何かご存じない方も多いと思います。

初盆と新盆は両方同じ意味で、四十九日を過ぎてから初めてのお盆を指す言葉です。

お盆自体が先祖の霊が遺族のもとに帰ってくると言われる風習です。

とく初めてのお盆は故人が亡くなってから初めてのお盆という事で念入りに行われる場合が多い様です。

提灯や迎え火を焚いて霊を迎え入れ、送り火でまた冥土へと返すそうです。

余談ですが、浄土真宗や神道はお盆と言う風習が無いそうです。

初盆・新盆のお供えはどうすればいい?

お供えは普通のお盆と同様「御仏前」や「御供物料」などと添えて現金をお供えする。

もしくは、故人が生前お好きだった果物やお菓子を「供物」としてお供えします。

提灯や迎え火を焚いてと上記に書きましたが、最近は住宅事情により提灯などを灯せない場合が増えています。

その場合、現金をお供えする時に「御提灯代」と表書きする所もあります。

初盆・新盆のお供えの予算は?

予算に関しては故人との関係で金額が変わります。

それ程親しくなかった場合は最低でも5,000円からお供えしている方が多い様です。

生前大変お世話になった、とても親しいお付き合いだった場合は多くても10,000円程でした。

新卒の方やそこまで収入が多くない方は、お供えは5,000円でも問題ないと思います。

一緒に故人が好きだったお菓子やタバコなどの嗜好品を持っていってあげても良いと思います。

あまり高額だったり高価なものだと親族に気を使わせてしまうので最高でも10,000円で止めておきましょう。

初盆・新盆のお供えでオススメは?

hatsubon-money-2

お菓子を持っていく場合はなるべく日持ちする物の方がいいです。

焼き菓子を持っていくと良いでしょう。

クッキーおせんべい等は日持ちしやすく、高齢者からお子様まで喜ばれるのでおススメです。

果物も定番ですね。

形が丸い果物が良いと言われています。

もしくはバスケットなどに入っている果物のセットでもいいでしょう。

他にも缶詰やお餅や昆布なども日持ちするのでおススメです。

もし故人がお酒好きだったのなら缶ビールでもいいと思います。

初盆・新盆のお供えの注意点やマナーは?

もしお花を持っていこうと考えている方は注意が必要です。

初盆や新盆には必ず「白い花」を持っていくようにしましょう。

また、花にトゲがあるものやツルがある物も避けてください

おススメは「胡蝶蘭(こちょうらん)」「蘭(らん)」「白百合(しらゆり)」です。

お花屋さんで「新盆で渡す用です」と伝えてあげればそれに合わせてくれます。

殺生を連想させる物はNGです。

お肉やお魚などは避けた方が無難です。

その他にも臭いが強いニンニクやネギやニラなどを使った食べ物も避けましょう。

のしを付けるのはNGです。

弔時に付けるのは「掛紙(かけがみ)」と言います。

水引は地方によってバラつきがあるので事前に調べておくと良いでしょう。

掛紙は必ず「白黒」で書かれたものにしましょう。 

当日新盆に参加できず、宅急便などを利用される際は新盆の前日にお供えが届くようにしましょう

当日だと親族も忙しいと思うので新盆当日着は避けましょう。

お供え物はたとえ親しい間柄だったとしても勝手に御仏前に供えたりしてはいけません

訪問時に施主にお渡しするのがマナーです。

初盆・新盆のお供えの金額まとめ

大切なのは金額では無く、故人を悼む気持ちです。

親族にも配慮しながら丁寧に故人を迎えてあげましょう。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - お盆