知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

初盆・新盆のお供えへのお返し!予算やのしのマナーを知ってますか?

      2018/07/29

初盆や新盆はいろいろと準備が大変ですが、とくに悩ましいのが参列者へ「お返しの品」ですよね。

地域によって初盆のマナーが違うように、お供えへのお返しのマナーにも違いがあったりするのでしょうか?

  • どんな品がお返しにいいのか
  • どれぐらいの値段のものがいいのか

も詳しく知りたいところです。

というわけで今回は初盆・新盆のお供えへのお返しについてご紹介します!

スポンサーリンク

初盆・新盆のお供えのお返しの作法!

1)いつ渡せばいい?

初盆の当日に「引き出物(ひきでもの)」を用意している場合は、その引き出物がお供えのお返しとなります。
引き出物を渡さない場合は、初盆の日から「3日以内~その月の内」に先方にお送りしましょう。

初盆のあとに参列者へ食事の席をもうけることも、実はお返しにあたります。
でももし食事の席を用意できなくても、失礼にはならないので安心してください。

2)お返しの予算は?

地域によって違いがありますが、参列者からいただいた

  • ご香典
  • お供物料

の「半額~3分の1」にするのが一般的です。
あらかじめお返しを用意する場合は「2,000円~5,000円」で用意しておけばOKです。

たまにですが、多い金額のご香典いただくことがあります。
その場合は、別の日に追加でお礼の品をおくれば大丈夫です。

3)のしはどうする?

お供えのお返しにつける「のし」には、これらを表に書きます。

  • 初盆志
  • 粗供養

表書きの下の段には、初盆を取りしきっている「施主(せしゅ)」のフルネームを書きます。
ちなみに、

  • 関東では「志」
  • 関西では「粗供養」

を書くお家が多いです。

これでお供えのお返しのマナーはOKですね(^^)
次はどんな品をおくればいいのか見ていきましょう!

初盆・新盆のお供えのお返しでおすすめは?


お供えのお返しの品選びでは

  • 高すぎる物は送らない
  • かさばる物は送らない

というのがポイントです。

では実際に具体的にどんな品をおくるのか、おすすめの品を見ていきましょう(^^)

1)そうめん・ひや麦

夏の定番の「そうめん・ひや麦」が初盆のお返しの品の中で圧倒的に多いです。
お盆は夏場なので冷たいそうめんやひや麦なら、家族みんなで食べやすいからいいですよね!

2)お菓子類

お菓子にもいろいろ種類がありますが、

  • クッキー
  • おせんべい
  • 水ようかん
  • ゼリー

など、長期間保存できるものが人気です。

ゼリーやクッキーなら、子どもがいるお家にも送りやすいですね(^^)

3)調味料

家族が多いお家のお母さんにとって、調味料は大変重宝します。

  • 醤油
  • お酢
  • みりん

などがひとつになったギフトセットもあるので、便利です(^^)

4)洗剤

こちらもお母さんによろこばれるお供えのお返しですね。

  • 洗濯洗剤
  • 柔軟剤
  • キッチン用洗剤

など、定番のものがセットになっている場合がほとんどです。
洗剤なら毎日でも使うものなのでありがたいですよね!

5)タオルセット

タオルセットはかさばるからお返しには向かないかも?」と思われますが、これが意外と人気の品なんですよ。
タオルも使いつづけるとボロボロになってきますよね。
案外、何枚あっても困らない品です。

そもそも初盆・新盆とは?

ここまでお供えのお返しについてみてきましたが、そもそも初盆や新盆ってどんなものなのでしょうか?

亡くなられた方が四十九日をすぎて、初めてむかえるお盆のことを「初盆」や「新盆」といいます。
初盆も新盆も本来は同じ意味で、地方によって呼び方が違っているだけなんです。

初盆は冥土から初めて里帰りをする大切な行事です。
そのため、昔から丁重におこなわれることが多いんですよ。

私の実家でも、やはり初盆は盛大におこなわれていました
たった1日のために、飛行機に乗ってわざわざ参列される人もいましたよ。
それだけ初盆・新盆は大切な行事ってことなんですね。

初盆・新盆のお供えのお返しまとめ

初盆・新盆のお供えのお返しについてご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?
最後に今回のまとめです。

  • お供えのお返しは、その場で「引き出物」としてわたします。
  • その場でお返しをしない場合は、「3日以内~その月の内」に参列者へ送ります。
  • お返しの予算は、いただいたお供えの「半額~3分の1」です。
  • あらかじめお返しを用意する場合は「2,000円~5,000円」の品を用意します。
  • のしは表書きに「」や「粗供養」と書き、下の段に施主のフルネームを書きます。
  • お供えのお返しでおすすめの品は、この5つです。
    1) そうめん・ひや麦
    2) お菓子類
    3) 調味料
    4) 洗剤
    5) タオルセット
  • 初盆・新盆とは、亡くなられた方が初めて里帰りをするための大切な行事です。

がんばって準備をした初盆なら、亡くなられた方もとてもうれしいはずです(^^)
お返しの準備までが初盆だと思ってがんばってくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - お盆