知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

十五夜の意味や由来は?2017年はいつ?なぜ団子を食べるの?

      2017/09/07

秋が近づくにつれ、十五夜と言う言葉をよく耳にすると思います。
十五夜の月を「中秋の名月」と呼んで、だんごをお供えしたりしてお月見を楽しみますよね。

でも、その由来やいつ行うものかというのは意外とあまり知られていないものです。

そこで今回は十五夜の意味などについてご紹介します!

スポンサーリンク

十五夜の意味や由来は?

jugoya-mean-1

「じゅうごや」と読み、旧暦の8月15日を指します。
十五夜には別名で「中秋の名月」とも呼ばれています。

昔は旧暦の秋(7月~9月)の真ん中、つまり8月15日を「中秋」と言いました。
その頃に美しく見える月のことを「中秋の名月」と呼びましたので、旧暦の8月15日が「中秋の名月」の日となったのです。

9月7日~10月8日の間に訪れる満月の日が十五夜になります。
新暦と旧暦でズレが生じるため「中秋の名月」は毎年同じ日ではありません。

では、どんな由来があるのでしょうか。
正確な起源はわかっていないようですが、いくつかの説があります。

そのうち代表的な2つを紹介します。

1.中国から渡来した

平安時代に遣唐使によって、中国で古くからある“望月”という月を見る行事が日本にもたらされ、日本各地に広まったのではないかという説です。

奈良時代にはすでに月見の行事があったという記述もあり、始めは貴族の風習だったようですが、江戸時代あたりから庶民も月見の行事をするようになったようです。

2.稲や芋の豊作を願う祭りだった

どちらかというと、里芋の収穫期と重なるところから、その豊作を願う祭だったという説もあります。

現在は、一部地域を除けば、米粉で出来ただんごをお供えする風習が一般的なことから、後々米の豊作を願うものに変わってきたのかもしれません。

十五夜ではいくつかお供え物が登場します。

その一つがススキです。

ススキを飾るのは、これは稲穂を意味しており、秋の収穫に感謝すると言う意味があるそうです。

他にも、ススキは「月の神様を呼ぶ依り代(よりしろ)」と言われています。

本来稲穂が月の神様の依り代の意味があるので、十五夜ではススキがその代わりとなっています。

また、ススキには魔除けの力があると言われており、お供えしたススキを家の軒につるしておくと、その一年は病気をしないと言われています。

ススキについてはこちらもあわせて参考にしてみてください。

ススキの見頃の季節はいつ?艶っぽい別名や種類、花言葉についても!

十五夜、2017年はいつ?

2017年の十五夜はいつなのでしょう?

太陽暦を使用している現在では、満月の日が十五夜とは限りません。

2017年は10月4日(水)が十五夜となります。

下記のサイトでは、十五夜と十三夜の日が表になって紹介されています。

来年はこちらのサイトを利用してみてください。

十五夜早見表

十五夜は何時ごろに見るのがいい?

chushunomeigetsu-when-4

せっかくのお月見ですから、美しい月を見たいですよね。

何時頃に見るのが一番いいのでしょうか。

月が一番高い位置にくるのが23時頃ですので、都市部のように高い建物がある場所ではこの時間帯を狙うといいようです。

周りに視界を遮るような高い建物などがない場所では19時~20時ごろがおすすめです。

月の位置計算 - 高精度計算サイト

ちなみに、「中秋の名月」が満月とは限らないようです。

先ほども紹介したように、新月が満月になるまでに大体十五夜かかるので、肉眼で見た感じではほぼ満月なのですが、月の動く周期と1か月の30日とは少しズレがあって、天文学上の満月は1~2日の誤差が出ます。

十五夜にはなぜ団子を食べるの?

jugoya-mean-2

十五夜と言えばお団子をお供え物として用意します。

地域によっては、団子に餡を巻いてお月様を表している所もあります。

では、なぜ十五夜と言えば団子を食べる事になったのでしょう?

昔は米粉を原料に作った団子をお供えしていたそうです。

白くて丸い団子はお月さまを表しており、作物の収穫を祈るのと感謝の意味と、健康や幸せになりますようにと言う意味が込められています。

お供えした団子を食べる事によって、健康と幸せがもたらされると言われています。

ですので、十五夜ではお団子を食べる風習が出来たのです。

団子の数にも意味があります。

お供えされる団子の数は大きく分けて2つあります。

一つはその年の満月が出た回数をお供えする説です。

うるう年は13個、それ以外の年は12個をお供えすると言うものです。

もう一つはシンプルに十五夜だから15個と言う説です。

この説では、並べ方にも特徴があります。

一番下の段に3×3の9個並べ、その上に2×2の4個を、最後に縦になるように2個乗せて完成です。

こちらのサイトで並べたときの写真が載っています。

また、それ以外の数も紹介されていますので参考にしみてください。

月見団子の供え方・並べ方

月見だんごの作り方はこちら

また、別名「芋名月」とも言われるように、地域によっては里芋を丸くしてお供えするところもあります。

その他、農作物の豊作を願う意味合いから、季節の果物をお供えするところもあります。

ぶどうのようにツルのあるものは、月とのつながりを強くするというのでお供えされているようです。

中秋の名月の読み方は?別名は?

「中秋の名月」、読み方は「ちゅうしゅうのめいげつ」です。

同じ読み方で「仲秋」というのもありますが、これは意味が違ってきます。

その昔、旧暦の秋である7月を初秋、8月を仲秋、9月を晩秋と呼んでいました。

ですから、「仲秋の名月」とある場合は、8月の名月という意味なのです。

「中秋の名月」にはいくつか別名があります。

1.「十五夜」

これは最初にも紹介させていただきましたよね!

「中秋の名月」が旧暦の8月15日だとういうことに由来します。

新月が満月になるまでにだいたい十五夜かかることからという意味も含みます。

2.「三五の月(さんごのつき)」

3×5=15というところからきているようです。

3.「芋名月(いもめいげつ)」

chushunomeigetsu-when-2

由来にもある通り、ちょうど里芋の収穫期にあたるため収穫祭としての意味を持ち、里芋をお供えしたことからこの呼び名が生まれたそうです。

十五夜お月さんはどんな歌?

十五夜に関する童謡「十五夜お月さん」と言う歌があります。

幼稚園や小学校で歌った事がある方もいると思います。

初めて知った方、あるいは知らなかった方にこの十五夜お月さんの歌詞をご紹介します。

歌詞は以下の通りです。

「十五夜お月さん」

作詞・野口雨情、作曲・本居長世

 

十五夜お月さん、ごきげんさん

婆やは、お暇(いとま)とりました

 

十五夜お月さん、妹は

田舎へ貰(も)られて、ゆきました

 

十五夜お月さん、母(かか)さんに

も一度わたしは、あいたいな

十五夜の意味まとめ

下記の動画では十五夜お月さんを歌詞付きで歌っています。

十五夜お月さんの歌詞を見ると、なんだか悲しい歌詞に感じられますよね。

曲調も少し物悲し気な雰囲気の曲ですが、一度聞くとなんだか心に残る曲です。

ぜひ聞いてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - 中秋の名月・十五夜