知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

唐津くんち2017の日程と曳山情報!掲示板情報や祭り動画もご紹介!

      2017/10/31

佐賀県唐津市で行われる「唐津くんち」。
唐津神社の秋のお祭りで、収穫への感謝を込めておこなわれます。

豪華絢爛な曳山がとても迫力のある唐津くんち、今年はどのような日程で開催されるんでしょうか?
今回は、

  • 見どころ
  • 曳山情報
  • 祭りの掲示板
  • 過去の祭り動画

などを交えながら、唐津くんちの魅力をお伝えします!

スポンサーリンク

唐津くんち2017の日程や時間は?

karatsu-kunchi-2

唐津くんちは毎年11月2日から4日の3日間にわたり開催されます。

1日目「宵曳山(よいやま)」19時半から22時まで

曳山展示場に納められていた各曳山を早朝から引き出し、夜の宵曳山に備えます。

一番曳山の刀町の赤獅子が大手口から曳き出されている間に、他の各町が二番曳山から十四番曳山の順通りに参加し、最後に唐津神社前に集合します。

2日目「御旅所神幸(おたびしょしんこう)」9時半から16時半まで

開催2日目は西の浜で「曳き込み」が行われます。
神輿の先導に従い、一番曳山から十四番曳山は市内を練り歩きます。

この日が終わると、曳山を管理するそれぞれの町に曳山は帰っていきます。

最終日「町廻り(まちまわり)」10時から17時半まで

前日に各町に帰っていた曳山が、再度唐津神社に大集合します。
そして花火の合図と同時にまた市内を巡回します。

最終日だけあってお祭りの盛り上がりは最高潮です。

唐津くんち2017の見どころや、曳山情報

唐津くんちの最大の見どころといえばやはり「曳山(やま、ひきやま)」です。
曳山とは、「山車(だし)」の別称です。

唐津くんちの曳山は、見る人を圧倒する豪華絢爛な作りです。
自然の恵みに感謝する気持ちと、祭りを盛り上げよう、見る人を楽しませよう、という職人たちの努力や技術が感じられます。

この唐津くんちの曳山は全部で14基あり、一番古いものは1819年に作られました。
歴史のあるお祭りであることがよくわかりますね!
これらは重要有形民族文化財にも指定されていて、とても価値があります。

唐津くんちの曳山を一挙紹介!

職人の技が光る14基の曳山のテーマと作成年をご紹介します。

  • 一番曳山
    刀町の「赤獅子」
    1819年作成
  • 二番曳山
    中町の「青獅子」
    1824年作成
  • 三番曳山
    材木町の「亀と浦島太郎」
    1841年作成
  • 四番曳山
    呉服町の「源義経の兜(かぶと)」
    1844年作成
  • 五番曳山
    魚屋町の「鯛」
    1845年作成
  • 六番曳山
    大石町の「鳳凰丸(ほうおうまる)」
    1846年作成
  • 七番曳山
    新町の「飛龍(ひりゅう)」
    1846年作成
  • 八番曳山
    本町の「金獅子」
    1847年作成
  • 九番曳山
    木綿町(きわたまち)の「武田信玄の兜」
    1864年作成
  • 十番曳山
    平野町の「上杉謙信の兜」
    1869年作成
  • 十一番曳山
    米屋町の「酒呑童子(しゅてんどうじ)と源頼光の兜」
    1869年作成
  • 十二番曳山
    京町の「珠取獅子(たまとりしし)」
    1875年作成
  • 十三番曳山
    水主町(かこまち)の「鯱(しゃち)」
    1986年作成
  • 十四番曳山
    江川町の「七宝丸」
    1876年作成

幻の十五番曳山「黒獅子」があった?

かつて紺屋町の「黒獅子」という九番目の曳山があったのをご存知でしょうか?
1889年までは存在していたようなのですが、現在では消失してしまっています。
消失の原因は諸説ありますが、明らかではありません。

写真1枚も残っておらず、幻とも言える黒獅子を唐津土曜夜市実行委員会が再現したことがあります。
それがこちらの動画です。

黒い獅子はなかなか迫力がありますね…!

唐津くんちの掲示板は?

地元の人達から親しまれている唐津くんち。
こよなく愛する方がネット上に掲示板を立てて情報交換をしたり、過去の唐津くんちを熱く語り合ったりしています。
雰囲気は和やかなものから、辛口が飛び交うような過激なものまであります。

唐津くんちを観に行こうと思っている方は1度のぞいてみてはいかがでしょうか。
地元の人しか知らないような、レアな情報があるかも知れませんよ(^^)

唐津くんちの祭り動画は?

唐津くんちに興味はあるけれど、実際のお祭りの雰囲気はどんな感じかな?と気になる方のために、唐津くんちに関する動画をまとめました。
ぜひ参考にしてくださいね!

唐津くんち

宵曳山の様子

御旅所神幸の様子

町廻りの様子

どの動画も迫力がありますね!

唐津くんち2017のアクセス

唐津くんちが行われる唐津神社は「JR唐津駅」から徒歩で約10分です。

ここではJR唐津駅までのアクセスをまとました。

唐津くんち開催中は大変な混雑が予想されており、交通規制がかかる場合があります。
車よりも電車などの公共の交通機関の使用を強くおすすめします。

福岡方面からおよそ1時間半

博多駅から向かう場合

福岡市営地下鉄・博多駅から空港線(西唐津行き)に乗車→JR唐津駅

福岡空港から向かう場合

福岡市営地下鉄・福岡空港駅から空港線(西唐津行き)に乗車→JR唐津駅

佐賀方面からおよそ1時間10分

JR佐賀駅から唐津線(西唐津行き)に乗車→JR唐津駅

唐津くんち2017のまとめ

いかがだったでしょうか?
今回の内容のポイントをまとめておきますね。

  • 唐津くんちは毎年11月2日から4日の3日間にわたり開催されます。
  • 1日目「宵曳山(よいやま)」19時半から22時まで
    2日目「御旅所神幸(おたびしょしんこう)」9時半から16時半まで
    最終日「町廻り(まちまわり)」10時から17時半まで
  • 唐津くんちの曳山は全部で14基あり、一番古いものは1819年に作られました。
    これらは重要有形民族文化財にも指定されていて、とても価値があります。
    かつては紺屋町の「黒獅子」という九番目の曳山があったそうです。
  • 唐津くんちが行われる唐津神社は「JR唐津駅」から徒歩10分です。
    福岡方面からはおよそ1時間半、佐賀方面からおよそ1時間10分です。

豪華で美しい曳山を、ぜひ生で見てみて楽しんでくださいね(^^)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - 祭り