知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

葛飾花火大会2017、地元民おすすめ穴場は!?来客数63万人超!

      2017/03/13

毎年豪華な打ち上げ数と、多くの観客で盛り上がる葛飾区の花火大会が今年も始まります。

打ち上げ場所と観客席が近い為、迫力満点で楽しめるのが葛飾区花火大会。

今年度は15,000発を予定しているので、去年の来客数63万人を更に超えるかと予想されます。

今回は開催日時、最寄り駅も含めて、地元民オススメの穴場等も解説していきます。

スポンサーリンク

葛飾花火大会2017の開催日時は?

katsushika-hanabi-3

葛飾花火大会は毎年7月の第4火曜日に開催されています。

2017年は7月25日(火)で、時間は19:20〜20:30です。

葛飾花火大会2017の最寄り駅、アクセス情報

katsushika-hanabi-1

打ち上げ場所

葛飾区柴又野球場(江戸川河川敷)付近

最寄り駅

京成電鉄金町線「柴又駅」から徒歩12分。

近隣にコインパーキングや駐車場があるかと思いますが、すぐに埋まってしまいますし、帰りの混雑や交通規制を考えると、電車を利用した方が良いでしょう。

葛飾花火大会2017の穴場スポットはどこ?

会場内に有料指定席が設置されているのでチケットを購入したり、会場付近で見るのも良いですが、なかなかチケットや場所が取りにくいのが現実です。

そこで地元民からの穴場スポットを紹介。

意外と地元の方は会場付近より少し離れたところで、のんびり見たい方が多い様で、とにかく河川敷の反対側がオススメで大抵は空いている事が多い様です。

その中でも、一番のオススメ!と上がった場所は対岸の松戸川ゴルフ場です。

少し離れてはいますが、当日は解放されるので広々としたゴルフ場で花火を見られます。

次にオススメなのが新葛飾側の河川敷や橋、土手などが上がりました。

対岸の矢切の渡しも、オススメの穴場スポットとなっています。

 

過去の花火大会の様子はこちらです。

豪華ですね!

葛飾花火大会に屋台は出る?オススメは?

katsushika-hanabi-2

会場には設置されていないですが、近くには『寅さん』で有名な帝釈天があります。

その参道には屋台がずらりと並び、下町の雰囲気を醸し出したオススメの屋台通りです。

どうしても祭りには屋台が必須!!と言う方には、柴又駅よりそのまま参道に入って行くとずらっと屋台が並んでいるので、下町情緒を楽しみながら祭りの雰囲気を味わって下さい。

ちょっとした奥まった屋台に入ると、ゆっくり座れるスペースが設けられているので、浴衣で来場される方にはオススメです。

和の食べ物が多いかと思えば、普通の露店もあったり、洋も入り交じった屋台が沢山あります。

意外とスイーツが多いかもしれません。

今、帝釈天では和の芋羊羹のバター焼きが人気でオススメです。

葛飾花火大会のチケット情報

チケットは『チケットぴあ』から発売されており、店舗窓口、コンビニ内の末端から購入できます。

会場内のシート席を『マス』と呼び、

  • カップル用1マス(2名迄)が7,000円で540マス
  • 家族向け1マス(4名迄)が10,000円で600マス

設置されていて、特に1人何マスまでとの制限はありません。

それに対し、ベンチ席は1台10,000円で1人4人までの予約と限定されています。

浴衣で来られる方は、ベンチ席がゆったりしていてオススメです。

こちらは128席が確保されています。

毎年完売となる為、購入予定は早目にチェックが必要でしょう。

葛飾花火大会2017のまとめ

葛飾花火大会はどちらかと言うと小ぶりな花火が多いので、出来れば近くで見たい方が多いかもしれません。

なので、連れや家族で行く場合はチケットを購入するか、少し離れてもゆっくりと見れるのが良いのかを相談して事前チェックをしておきましょう。

また、平日で交通規制も重なる為、時間ギリギリになってくると駅周辺から会場までは大変混雑します。

もし、時間に余裕があるのであれば、ゆっくりと帝釈天の屋台も楽しみながら、予定より早目に来場するのが良いかと思います。

葛飾の花火大会はフィナーレが見所と言われています。

フィナーレに近付けば近付くほど空一面に広がる花火が、気持ちも最高潮に盛り上げてくれるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - 花火大会