知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

レザージャケットの手入れやクリーニングの仕方!必要な道具は?

      2016/11/27

いつの時代にもお洒落な人はレザージャケットを1着は持っています。

デニムと合わせればクールなイメージ、女性ならスカートと合わせれば甘さの中にもスパイシーさが加わり、お洒落上級者な感じが出ます。

レザージャケット初心者の方は、まずは大切に着るためにも手入れの方法なども押さえておかなければなりません。

ここではレザージャケットの手入れやクリーニングの仕方などをご紹介致します。

スポンサーリンク

レザージャケットの手入れの仕方や必要な道具は?

新品のレザージャケットを購入するのはいいけど、どんな手入れをして、そのための道具はどんなものがいるのか…

最低限の手入れやメンテナンス方法をここではご紹介します。

まず、購入したら防水処置

レザーは水分に弱いため、あらかじめ防水策を取っていると少しの雨くらいなら安心です。

また、食べこぼしなどの対策にもなります。

普段のお手入れはホコリや汚れを払う

日常のお手入れとしては、柔らかい毛質の洋服用ブラシで軽くホコリを払うといいでしょう。

そしてそのあとは柔らかい布で乾拭きをします。

汚れたからといって、くれぐれも濡れたタオルで擦(こす)ってはいけません。

半年から1年のお手入れにはオイル補給

せっかくのレザージャケットが乾燥によってひび割れしたりすると破れの原因になります。

たまにはミンクオイルなどで潤いを与えるといいでしょう。

しかし塗りすぎはカビの原因になるので注意しましょう。

服にオイル?と思うでしょうが、こういったお手入れはレザージャケットの特徴ですね。

こちらは動画でメンテナンス方法を解説しています。

他の人のお手入れ方法も参考になりますね!

レザージャケットのクリーニングの仕方は?

レザーって水が弱点だったのでは?と思う方もいるでしょうが、プロに依頼すれば専用の洗剤を使用して安全に丸洗いが可能です。

これによって汚れや匂いだけでなく、カビの匂いまで落とせてしまいます。

きれいになったレザージャケットは自然乾燥または低温でていねいに乾かします。

レザージャケットの保管方法は?

leather-jacket-care1

レザーは高温・多湿に弱い素材です。

シーズンが終わったらていねいに手入れたり、またはクリーニングをしたりしてきれいにしてから直射日光の当たらない場所に保管しましょう。

主にクローゼットの中に保管されている方が多いですが、たまにはクローゼットの中から出して日陰で風通しの良い場所に干したりすると匂いやカビの予防になります。

次回着るときに気持ちよく着るためにも怠らないように気を付けましょう。

レザージャケットを長持ちさせるコツや注意点は?

leather-jacket-care2

レザージャケットは長く上手に着れば味が増します。

しかしレザーはとてもデリケートなので雑な扱いをしてしまうと数年と着ないうちにダメになってしまうことがあります。

出来るだけ長くレザージャケットを着るにはどうすればよいのか、ここでは見ていきます。

日頃の手入れを怠らない

普段からしっかりお手入れをしていればレザーの寿命も延びて長く楽しむことができます。

着用したあとは面倒くさがらずに、すぐお手入れをするように心掛けましょう。

シーズンオフは正しい方法で保管する

オールシーズン愛用される方もいますが、季節の衣服として活用される方もいるでしょう。

保管方法の項目でも言いましたが、長期間着ない時期はたまに陰干しをするようにしましょう。

そしてレザージャケットはしっかりしたハンガーに吊るして保管しましょう。

畳むのはレザーを傷めるのでご法度です。

レザージャケットの手入れまとめ

シンプルに格好よくもあり、甘いファッションの引き締め役でもあり、上品でもありと、着こなし次第ではあらゆる顔を持ち合わせるレザージャケットは世界中のお洒落好きから愛されています。

今年からそんなレザージャケットをデビューしてみませんか? 

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - ファッション