知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

箕面の紅葉2016の見頃の時期は?もみじの天ぷらの有名店は?

      2016/11/15

秋になると過ごしやすくなるので何処かに出掛けたくなりますよね。

街遊びやアミューズメントパークもいいですが、紅葉の美しい時期でもありますので箕面で紅葉狩りなんていかがでしょうか?

大阪方面では有名な観光スポットである箕面の紅葉についてここではまとめました。

スポンサーリンク

箕面の紅葉、2016年の見頃はいつ?

minoh-kouyou-1

例年、箕面の紅葉の見頃は11月中旬から12月上旬とされています。

気候や気温によって多少のズレがある可能性もありますが、2016年度もおよそこれぐらいの時期であろうと考えられます。

詳しい紅葉情報は11月1日頃から箕面公園の公式サイトにてアップされます。

箕面の紅葉を見に行きたいという方は是非確認しておくといいでしょう。

箕面公園公式HP

箕面の紅葉はどれぐらい混雑する?

minoh-kouyou-3

ハイキングコースとしても通年人気のある箕面公園。

ご近所さんは犬の散歩やランニングコースに使っており、とても自然の多い美しいところです。

箕面公園は森林浴の森100選にも選定される自然や木々が美しい公園です。

公園のメインとも言える「箕面大滝」は日本の滝100選にも選定されており、見る人の目を奪います。

そんな箕面大滝の秋の顔を一目でも見ようとたくさんの観光客が箕面に訪れます。

また、箕面大滝はスピリチュアル好きな方々の間ではパワースポットとしても有名で見る人にパワーと癒しを感じさせてくれます。

最寄り駅の阪急箕面駅から箕面大滝までおよそ2.7キロ(徒歩40分ほど)というなかなかの道のりですが、大滝に辿り着くまでもたくさんの紅葉が見られますし、運が良ければ鹿や猿などの自然動物の姿を見ることができますので退屈しません

大滝と紅葉のコラボレーションは実に幻想的でカップルや家族連れ、本格的なカメラを構えた方まで様々な方が大滝を楽しみに足を運びます。

このように見処満載な箕面公園、毎年紅葉のシーズンは多くの人で賑わい、今年も大変な混雑が予想されます。

多くの人が動き出す午前10時以降には箕面駅周辺は既に混雑していることがあります。

混雑に巻き込まれたくなければ9時前には箕面駅にいるくらいがいいでしょう。

また、電車で向かう場合は阪急電鉄しか箕面に行く術はないので、箕面駅だけではなく箕面への向かう単線電車が出ている阪急石橋駅もごった返しになることがあります。

単線電車は混み合いますが石橋駅から箕面駅まではおよそ6分程度と短時間ですし、紅葉狩りに訪れる際には車ではなく電車で来ることを強くおすすめします。

箕面の紅葉、2016はライトアップする?

夜の闇の中でライトアップされる紅葉はとても神秘的でまるで別世界のようですよね。

箕面公園は秋の紅葉ではなく、夏の夜にライトアップを行っていました(2016年度は7月16日から8月31日の日没から22時まで)。

青々としたカエデと大滝の共演は自然の力強さを感じることが出来ます。

箕面の紅葉のライトアップといえば、箕面大滝のある箕面公園からやや離れたところにある「勝尾寺」がとてもきれいです。

11月初旬から月末まで、土日祝日の日没から閉門の19時半までライトアップされます。

このライトアップの時間は昼間の厳(おごそ)かな雰囲気とはまた違う、幻想の世界か広がります。

また、勝尾寺は昔から勝運のあるお寺として知られており、人生の様々な「勝ち」が欲しいシーンに味方してくれるとされています。

この勝運を求めて他県から訪れる人もたくさんいます。

受験や試合、大切な商談などを控えている方は是非お参りしていきましょう。

日中は箕面駅前などから阪急バスを利用して行くことが出来ますが、ライトアップの時間にはバスがなくなるので夜の勝尾寺に行く際には車を使って行くようにしましょう。

勝尾寺HP

箕面の紅葉、もみじの天ぷらって?有名店は?

カリカリとした歯応えがあり、ほんのりとした甘みが美味しいもみじの天ぷら

かりんとうのようだと例えられることが多い箕面の伝統的なお菓子です。

紅葉狩りの行きや帰りに買って歩き食べする方の姿が多く見られます。

もみじの天ぷらを揚げている調理姿を店頭で見かけて食欲がそそられる方も多いはず。

「どのお店でも大差ないでしょ?」と思っている方、そんなことはありません!

ここでは箕面のもみじの天ぷらの有名店をご紹介します。

minoh-kouyou-4

圧倒的人気店!「久國紅仙堂」

もみじの天ぷら 【大阪箕面のお土産 久國紅仙堂】

箕面の大滝に辿り着くまでに多くの店がこぞって販売しているもみじの天ぷら。

店舗によって使っている油や原材料が異なるので一言にもみじの天ぷらといっても味は様々です。

そんなもみじの天ぷらの激戦区で圧倒的な人気を誇っているのが久國紅仙堂です。

阪急箕面駅を下車し北(箕面の滝方面)に歩いておよそ1分という好立地に店舗を構えている久國紅仙堂。

創業が1940年という老舗です。

味もプレーンを始め、黒糖やきな粉、グリーンティーなど多数あってお客さんを飽きさせません。

もみじの天ぷら以外にもおまんじゅうや漬け物、ジャムなどを販売しており紅葉に行った帰りにお土産探しに立ち寄るといいでしょう。

また、ネットでの販売もしているので、もみじの天ぷらを食べ損ねた!という方でも安心です。

若い世代の喜ぶフレーバーがたくさん!「河鹿荘(かじかそう)」

もみじの天ぷら箕面河鹿荘

久國紅仙堂から更に箕面大滝方面へ歩くことおよそ5分にある河鹿荘

こちらのお店も味のバリエーションが豊かで、プレーンの他にもコンポタ味、ブラックペッパー味、キャラメル味、ゆず胡椒(こしょう)味など他店にはないものを揃えています。

プレーン味に飽きてしまった方は是非他の味を試してみてはいかがでしょうか?

また、河鹿荘でももみじの天ぷらのネット販売を行っています。

箕面の紅葉まとめ

いかがだったでしょうか?

大阪府の中でも人気の高い箕面の紅葉はその人気に違わぬ美しさです。

この秋は美味しいもみじの天ぷらをお供に紅葉と箕面大滝を見に行きませんか? 

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - 紅葉