知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

お中元のお礼状、メールはOK?知っておきたいマナーや例文!

   

夏が来るとお中元の季節ですね。
うちにもいくつか届きますが、毎年ちょっとした楽しみの一つです^^

お中元が届いたらいつもお礼状を出して「ありがとう」の気持ちを伝えています。

今の時代、「お礼状のかわりにお礼メールでもいいのでは?」と考えたりするのですが、やっぱりマナー違反なのかなぁと気になっています。
お礼状を出すのが正式なのは知っているのですが、世間の方々はどうしてるんでしょうか?

そこで、今回はお中元のお礼状を

  • メールで送ってもいいの?
  • メールで伝える場合のマナーは?

という疑問について調べてみました。

お礼状の例文もご紹介しますので、参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

お中元のお礼状、メールでもいいの?

お中元が届いたら、できるだけすぐにお礼状を出したでいすよね。
でも、今はメールでのやりとりも多くなりましたし、お中元のお礼状も同じ文面で送るならメールでもいいのでは?と考えることもあります。

本来は、手紙でお礼状をだすのがマナーですが、メールで送っている人はいるのでしょうか。

実際はお礼状がメールでも大丈夫なのは、「とても親しい間柄の人のみ」になります。
具体的にいいますと、

  • 自分の配偶者の親
  • 気心の知れた仲間や友達

などの場合はお礼状をメールで送っても大丈夫です。

お礼状の目的が、

  • 感謝の気持ちを伝える
  • 届いたことを伝える

ことにあるので、メールだとすぐに伝えることができて安心してもらえます。

とはいってもメールだと相手が「返信しなければならない」と、気を使ったりすることも考えられるので、親しくても相手をみて決めるとさらにいいですね。

目上の人仕事の関係の人に送る場合は、やはりきちんと手紙でお礼状を出すのが正式なマナーです。
ただ、親しい仕事関係の人にお礼状を出す前に、いただいたことをすぐに連絡してお礼を伝えたいと思った場合、さきにメールで伝えるということはあります。

自分との親しさの度合いを考えて、メールと手紙を使い分けるといいですね。

お中元のお礼状、メールで送るときのマナーとは?

お中元のお礼状ですので、メールで送るにしても一定のマナーはあります。
形はちがっても、基本は同じなので失礼にならないようにしたいですね。

1.お礼状のメールは早めに送る

本来お礼状は、感謝の気持ちと届きましたという連絡が目的です。
お礼の連絡まで間があくと、贈ってくれた人がきちんと届いたかどうか心配します。

メールでお礼状を送る場合でも、届いてから遅くても2~3日の間には伝えるようにしてくださいね!

2.内容は手紙と同様に

親しい間柄で送るので多少くだけていても大丈夫ですが、

  • 季節のあいさつ
  • 相手への気づかい
  • お中元のお礼と感想
  • 自分や家族の近況
  • 相手の健康祈願など
  • 締めのことば

などは、きちんと文面にいれます。

かしこまった言葉使いでなくてもいいと思いますが、正式なマナーではないということもありますので、気軽過ぎず失礼にならない言葉を選ぶようにしてくださいね!

お礼状というと、どんなふうに書けばいいのかすぐには思いつかない人もいると思います。
そこで次の章では、メールでお礼状を送るときの例文をいくつかご紹介します。

お中元のお礼状、メールで送るときの例文をご紹介!

お礼状というと、かしこまった気持ちになって、なかなかうまく言葉が出てこないことも多いと思います。
親しさの度合いによっても違ってくるかもしれませんが、メールでも基本的には手紙でお礼状を出す時とかわりません。

1.親しい友達への例文

日頃からよく会う、気のおけない友達や仲間でしたら、このくらいの内容でもいいと思います。
普段敬語を使わない場合は、語尾などをうまく変換してみてくださいね!

お中元届きました。
本当にありがとうございます。

届いた◯◯、家族でおいしくいただきました。
これから本格的に暑くなってきます。

お体に気を付けてお過ごしください。

2.兄弟、姉妹などへの例文

自分の兄弟姉妹なのか、配偶者のかで違ってきます。
自分の兄弟姉妹だったら、友達などへ送るような内容でも大丈夫です。
配偶者の兄弟姉妹へは、少しくだけた感じを出しつつも、できるだけていねいに書くといいです!

梅雨があけて本格的に暑くなってきましたね。
○○さんはいかがお過ごしでしょうか?
私たち家族は元気にしております。

このたびは○○をいただき、ありがとうございました。
家族みんなで大変楽しませていただきました。

これから一層暑さが厳しくなりますが、お体にはお気をつけてください。
また、お顔をみせにきてくださいね。

3.両親

自分の両親や義理の両親は目上の人にあたるので、それなりにかしこまった文章の方がよい印象を与えると思います。

かった梅雨も明けて夏本番となりました。
お義父さん、お義母さんもお変わりなくお過ごしでしょうか。
私たち家族は毎日元気に過ごしております。

このたびは○○を送っていただき、ありがとうございました。
いつも気にかけていただいて感謝しています。
子どもたちも、「(いただいた物の感想)」と大変喜んでおりました。

これからも厳しい暑さが続きます。
お身体にお気をつけてお過ごしください。

近況を伝えたり、いただいたお中元の感想を入れたりと、親しい間柄ならではの内容にするとお中元を贈ってくれた相手も嬉しいと思います。

例文を参考に、オリジナリティあふれるお礼状に仕上げてみてください!

お中元のお礼状、メールやマナーのまとめ

今回はお中元のお礼メールのマナーや書き方についてご紹介しました。

お礼状をメールで送るときのポイントは、

  • できるだけ早く
  • 身内や友達に限定して
  • お礼状の内容は手紙と同様に

となります。

メールでのお礼状は、親しい間柄で形式を守っていれば失礼にはなりません。
お中元を贈ってくれた相手に「届きました、ありがとう」の気持ちで、いらない心配をさせないためにも、早めに連絡したいものです。

メールだからといって、あまり軽い感じにならないように丁寧な文章でお礼状を送りましょう。
おつきあいのマナーを上手に取り入れて、お中元を贈ってくれた人とこれからもいい関係を築いていけるといいですね!

お中元を贈る時期については、こちらを参考にしてくださいね!

お中元を贈る時期はいつからいつまで?守るべきマナーは?

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - お中元