知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

おでんの具材、定番といえばコレ!人気の具をランキングにしてみた!

      2017/01/22

寒くなってくると温かい食べ物や飲み物が恋しくなりますよね。
コンビニに行って中華まんやおでんが店頭にあると「冬だなぁ」と感じます。

特におでんは、あのお出汁のおいしそうな香りがたまりません。
買うつもりじゃなくても、レジ待ちのときに、ついついおでんに手が伸びてしまう方も多いのではないでしょうか?
(私はよくやってしまいます。)

定番の大根、たまご、こんにゃく、牛スジ肉…
もしかしたら牛スジ肉は定番ではないのでしょうか?
私の住む地方では定番ですが、知らないという方もいるでしょう。

コンビニでも家庭の手作りでもおいしい「おでん」。
今回はみんなの定番の具から、地方の定番の具についてランキングも交えながらお伝えします!

どれが好き?おでんの具材、人気ランキング!

子どもから大人まで大人気のおでん。
みんなそれぞれの好きな具材をめがけておはしを伸ばすことでしょう。

しかし人気の具材ともなれば、かなり早い段階で品薄になることも…
みんなは一体、どの具材が好きなのでしょうか?

インターネットの調査や私の周囲の声(25人分)をあわせて、独自におでんの人気の具材ベスト3をまとめました!

第3位 ちくわ

oden-ingredients-1

第3位は、万人に人気の「ちくわ」です。
どの家庭のおでんにも、必ずといってもいいほど入っている定番の具材でしょう。

ちくわにも色々種類がありますが、おでんで使われているちくわは、煮込み料理にあった「焼きちくわ」です。
まさにおでんのためのちくわです!
ひとくち食べると、ちくわ特有の魚のうまみとお出汁のおいしさが合わさって、口の中が幸せな気分になりますよね。

ちくわは、煮込むことによってお出汁にうまみが出ます。
食べてもおいしい、煮込んで出汁もおいしい、優秀なおでんの具です。

ちなみに、ちくわと大接戦だったのが「こんにゃく」でした。

低カロリーで食物繊維も豊富なので、ダイエット中の方も罪悪感なく食べられるおでんの具として人気があります。
プルプルした食感も子どもに大人気です!

第2位 たまご

oden-ingredients-2

第2位は、子どもも大好きな「たまご」です。

おでん好きの方は、
「(1位は)そっちかー!!」
と思った方も多いでしょう。

1位と僅差で2位となったたまごですが、さすが2位、素晴らしいおでんの具材です。
たまごをおはしで半分に割って、黄身にちょっとお出汁をつけて食べると、たまごに更なるうまみが加わってたまりません。

ここだけの話しですが…
私は、たまごをおはしで割ったときに少しこぼれ落ちる黄身を、お皿に残っているお出汁に溶かします。
そしてそれを白米にかけて食べちゃいます

お行儀が悪いのですが、ちょっとした雑炊のようになって、とってもおいしいですよ!

第1位 大根

oden-ingredients-3

第1位は、おでん界のスターダム「大根」でしょう!

おでんのお出汁によく馴染んで、とにかく「おいしい!」のひとことです。
長い時間をかけて、煮込めば煮込むほど大根はそれに応えるかのように味を染み込ませていきます。
アッサリしているのに、お出汁のうまみがあるのでついついお酒が進んでしまいますね。

普段は千切りにして、ツマとして刺身にあしらわれたり、おろされて焼き魚に添えられたりと、サブのポジションにいるイメージがある大根ですが、おでんとはなれば話しは別です。
大根なしでは、おでんは語れません。

コンビニおでんの売れ筋ランキングは!?

oden-ingredients-4

家庭で作ると、下ごしらえや煮込み時間を合わせると1日仕事になるおでん。
おいしく食べるためには時間をかける必要があり、思い付きで「すぐ食べたい!」となっても食べられないのがツラいですよね。

しかし、そんなおでんがあっという間に手には入るところがあるのです。
それはコンビニです!
もう常識ですね。

ここでは、ローソンやファミリーマート、セブンイレブンなど大手コンビニ3社の売れ筋を総合して、ベスト3にまとめました!

第3位 しらたき

oden-ingredients-5

コンビニおでんの売れ筋第3位にランクインにしたのは「しらたき」。
しらたき自体はとてもシンプルな味ですが、お出汁がよく絡んで、おでんそのものの味を楽しむことができます。

この3位の席は非常に接戦でした。
同様に人気のある厚揚げや牛スジ肉などをおさえて、ヘルシーさなどを理由に女性票を集めました。

第2位 たまご

ここでも好順位をキープした「たまご」。
やっぱりみんな、たまご大好きなのです。

栄養もバツグンでおいしいなんて言うことないですよね。
ローソンでは、たまごに「ヨード卵・光」を使っており、他社との差別化を図っています。

第1位 大根

人気の具材ランキングに続いてこちらでも1位は「大根」!
見事、2冠達成です。

どのコンビニでも大根は売れ行きがよく、その人気は疑いようがありません。

  • 子どもにとっては、お出汁が染みて食べやすい野菜
  • 女性にとっては、おいしい上にヘルシーなダイエットフード
  • 男性にとっては、お酒のおとも

など、大根が持つ顔は多様にあります。

万人に好かれる大根は、コンビニでも一般家庭でも不動の1位でした!

おでんをよりおいしく食べるための工夫

oden-ingredients-6

おでんはおいしいので、ついつい食べ過ぎてしまいますよね。
家庭で食べるときはお鍋からお好みの具材を好きなだけ取って食べるスタイルが多いと思います。

それがゆえに、気がつくと
「大根ばかり食べていた…」
「たまごがもうない!」
なんてことになっている場合も。
大根やたまごのようなスター選手は、みんな大好きです。

しかし、おでんにはまだまだ隠れた名選手はいます。

「厚揚げ」「さつま揚げ」は、揚げ物特有のうまみがあり、お出汁のコクに貢献しています。
さっぱりとした大根を食べたあとに、揚げ物系を食べると、おでんの味を更に楽しむことができますよ。

また、食べ過ぎてしまう方は最初に、「こんにゃく」「しらたき」を食べてみてはいかがでしょうか?
ヘルシーですし、お腹にたまるので、最初に1つや2つ食べるだけで、食べ過ぎを防止することができます。

お腹が空いているときは、特に勢いよく食べてしまいますが、まずはこんにゃくなどでクールダウンしましょう。

おいしいおでんの煮込み方!

家庭でおいしいおでんを楽しむためには、具材を煮込む順番も大切です。

煮込むのに優先度が高いのは、

  • 味が染み込みにくいもの(こんにゃく、しらたきなど)
  • 煮込むことでおいしくなるもの(だいこん、たまご、牛スジ肉など)

です。
こんにゃくや大根は、煮込む前に隠し包丁を入れておくと、より味が染み込んでおいしくなりますよ!

逆に、煮込みすぎるといけないのは、

  • 練り物、揚げ物系(厚揚げ、がんも、ちくわなど)
  • きんちゃくモチ

です。

練り物や揚げ物は、長時間煮込んでしまうと特有のうまみが抜けてしまいます。
これらはお出汁をおいしくする役目もあるので、適度に煮込むようにしましょう。

きんちゃくモチは、適度に火が通るとモチが絶妙になっておいしいのですが、煮込み過ぎてしまうと、モチがドロドロになってしまいます。
きんちゃくの揚げが破れようものなら、それはもう残酷な姿になります。

きんちゃくモチは、食べるときに食べる分だけ、おでんに入れましょう。

あまったおでんをリメイク!

たくさん作りがちなおでん、あまった場合はどうしていますか?

たくさんの具材を煮込むと、とてもお出汁がおいしくなるのですが食べきれない…という事態になることもたまにありますよね。
実はちょっと飽きはじめているけど、もったいないからムリヤリ食べているという方もいることでしょう。

そんな方は、この動画のようにおでんをアレンジしてみるといいかもしれません。
動画ではカレーうどんですが、おでんのダシだけでうどんを煮込んでもおいしいので、我が家でもよくやります。

最後までおでんをムダにせずに、おいしく食べられるのがいいですね!

土地によってこんなに違う?地方の定番おでん!

oden-ingredients-7

ひとことで「おでん」といっても、その内容は日本全国共通のものではありません
地方によって、お出汁の味つけがちがったり、その土地ならではの具材が入っていることもあります。

ここでは、地方特有のおでんの具材について少しだけご紹介します!

関西方面「牛スジ肉」

昔から関西地方で大人気の牛スジ肉
牛スジを食べやすいように串に刺してそれを煮込みます。

長い時間をかけて煮込んだ牛スジ肉は、口の中でとろけます。
お出汁にも牛スジのスープがにじみ出て、おでん全体にグッと深みが増します。

はじめて牛スジ肉を食べた方は、やみつきにならないよう気を付けましょう!

北海道「ホタテやミル貝」

魚介のおいしい北海道では、ホタテやミル貝などをおでんに入れて楽しみます。
貝のコクのあるスープがおでんに行き渡って、さらにおいしくなりそうですね!

ちなみに同じ北海道でも釧路のほうでは、生の魚を入れることも。
海の幸が好きなら1度は食べてみたいおでんです。

九州方面「餃子巻き」

餃子巻きとは、餃子を魚のすり身で包んで揚げたものです。
実はこの餃子巻き、今は九州の方で人気ですが、生まれの地は東京だと言われています。

揚げ物と餃子の組み合わせ、味の想像がつかないかもしれませんが、九州方面では大人気のおでんの具材なのです。

おでんの具材のまとめ

おでんの魅力…おわかりいただけたでしょうか?
もう、今すぐにでもおでんが食べたくなってしまいますよね。

おでんの中でも、

  • 大根
  • たまご
  • ちくわ

が、人気があることがわかりました。
マイランキングもまったく同じだったという方も多いはずです。

そしてコンビニおでんも同様で、

  • 1位は大根
  • 2位はたまご

でした。
不動の2トップなのがよくわかりますね!

  • 3位のしらたき

も、ヘルシー志向の女性たちに人気があります。

ご家庭でおでんをつくるときは、

  • 味が染み込みにくいものや、煮込むとおいしくなるものを優先して煮込む
  • 練り物や揚げ物系は、煮込み過ぎない

を意識すると、よりおいしくできます。

  • 牛スジ肉や
  • 魚介
  • 餃子巻き

など地方で定番の具材を入れてみたら、いつもとはひとあじ違うおでんに出会えるかもしれませんね。

今夜の夕飯は、おでんにしてみてはどうでしょうか!?

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - おでん