知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

おわら風の盆2017の前夜祭、日程や見どころは?駐車場情報は?

      2017/03/20

約300年という長い歴史をもつ「おわら風の盆

晩夏の夜に幻想的な雰囲気の中で美しい踊り子を見に出かけてみるのはいかがでしょか?

期間中は八尾の町中で町流しや輪踊りが開催され、情緒ある町並みを舞台に叙情的な踊りが繰り広げられる光景は趣があります。

今回はそんなおわら風の盆2017の前夜祭の日程・見どころ、駐車場といった詳しい情報についてご紹介します。

スポンサーリンク

おわら風の盆2017の前夜祭、日程や時間は? 

owara-kazenobon-2

開催日 8月20日~8月30日
公式サイト おわら風の盆 前夜祭|とやま観光ナビ

おわらステージ

開催場所

八尾曳山展示館

開催時間 18:30~19:50
内容 映像上映・踊り方解説・舞台でのおわら踊り鑑賞。 

町流し・輪踊り

開催場所 富山市八尾町 各町内
開催時間 20:00~22:00
内容

毎晩1町内が町流しや輪踊り等を行います。 

雨天の場合、中断または中止。

おわら風の盆2017の前夜祭、見どころは?

「おわら風の盆」の前夜祭は11日間もあり本祭さながらの祭りの雰囲気を楽しむことができます。

八尾町内の11町内が1日ごとで順番に踊りを披露する町流しは輪踊り形式で行われるため、観光客の方も参加できます

約300年の間、踊り継がれてきた「越中おわら」の唄と踊りは叙情豊かで気品高く、哀調の中に優雅な趣があります。

格子戸の民家や土蔵といった昔の面影が残る町並みに、数千のぼんぼりが立ち並び、三味線・胡弓・太鼓の音に合わせて唄や踊りが繰り広げられます。

坂の町を編み笠の波が行き過ぎる様子は、幻想的な世界へ迷い込んだ感覚にさせられるでしょう。

おわら風の盆2017の前夜祭、駐車場はある?

owara-kazenobon-1

おわら風の盆」では前夜祭も含めて有料の駐車場が用意されています。

また本祭・前夜祭ともに駐車場から会場付近まで、シャトルバスでの送迎があります。

本祭駐車場

場所 八尾スポーツアリーナ駐車場(約800台収容可能)
住所

富山市八尾町井田101

利用時間 15:00~23:00
駐車料金 1,000円
問い合わせ

八尾スポーツアリーナ

TEL:076-455-1222 

前夜祭駐車場

場所 町民ひろば(約200台収容可能)
住所

富山市八尾町福島123

料金 1,000円
問い合わせ

富山市八尾山田商工会

TEL:076-455-3181

おわら風の盆2017の前夜祭、アクセス情報

「おわら風の盆」の開催中は周辺道路が混雑するため公共交通機関の利用がオススメです。

電車

JR高山本線・越中八尾駅から徒歩約10分

越中八尾駅に到着後、どこで降車しても運賃が200円の『八尾まちめぐりバス』が運行されているので利用するとよいでしょう。

北陸自動車道・富山ICまたは富山西ICより約25分

※「おわら風の盆」の開催中は渋滞が予想されます。
到着までにいつもより時間がかかる可能性がありますのでご注意ください。

おわら風の盆2017の前夜祭のまとめ

秋に近づくころの祭りはどこか哀愁漂う中で荘厳な雰囲気を醸し出します。

また、おわら節に合わせて女性の踊り子たちが粛々と踊り歩く風景は情緒があり、日本人であることの誇りを改めて思い起こさせてくれます。

それとは対象的に男踊りは勇壮で日本の古き良きお祭りを表わしているかのようです。

富山市八尾町は人口2,500足らずの小さな町にもかかわらず、この「おわら風の盆」が開催される時期が近付くにつれて何十倍もの人が訪れます。

素晴らしい文化が残る八尾町の「おわら風の盆」は県内外の観光客を魅了する素敵なお祭りです。

幻想的な越中おわら風の盆を楽しみに夜の観覧へ出かけることで、燻しの入った大人になれるような気にさせられそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - 祭り