知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

牡蠣にはどれぐらい亜鉛が含まれてる?実は自然のサプリ!

      2017/02/12

人間の身体に欠かせないミネラルの「亜鉛」は、どの食材よりも「牡蠣」にとても多く含まれています。牡蠣の栄養は生で食べるのが一番なのですが、生牡蠣が苦手な方も多いですよね。
最近では牡蠣の亜鉛を抽出したサプリメントや、牡蠣エキスが入った健康食品等、様々な形で販売されています。

今回は、牡蠣に含まれる亜鉛と、亜鉛の効果について詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

牡蠣に亜鉛はどれぐらい含まえれてるの?

日本で広く食べられている牡蠣には「真牡蠣(マガキ)」と「岩牡蠣(イワガキ)」があります。この二つの牡蠣は収穫時期が違うので、日本では通年牡蠣を食べることができるのです。

真牡蠣と岩牡蠣の亜鉛含有量について調べましたが、とくに違いがあるわけでは無いようです。牡蠣の可食部100gあたり、約13mgもの亜鉛が含まれています。この亜鉛の量は、食品の中ではナンバーワンの含有量です。
亜鉛が多い食材でレバーが挙げられますが、そのレバーよりも2倍以上の含有量が牡蠣にはあります。

牡蠣を何個食べたら亜鉛を取りすぎ?

oyster-zinc-1

牡蠣の亜鉛は身体にとても良い働きをしてくれますが、牡蠣は1日に何個までなら食べていいのでしょうか?
1日に必要な亜鉛の摂取量は、成人男性は平均10mgで成人女性は平均8mgでした。

この平均量を摂取するのに、牡蠣何個分になるのか調べてみました。牡蠣1個で可食部の量は20gで、その20gに含まれる亜鉛の量は、2.64mgあります。
つまり、男性だと3~4個まで、女性の場合は3個までを基準とすると良いでしょう。

「もっと食べたい!」と言う牡蠣好きの方もいると思います。そこで、亜鉛の過剰摂取についても調べてみました。
1日に亜鉛100mgを長期間にわたり摂取を続けると以下の様な症状が現れます。

  • 嘔吐
  • 吐き気
  • 発熱
  • 脱水症状
  • 倦怠感

1日50mgの亜鉛を摂取し続けた場合も、吐き気などの症状が現れます。1日に2,000mg以上摂取すると、過剰摂取により急性中毒を引き起こす可能性があります。

ただし、牡蠣だけで急性中毒になるほど亜鉛を摂取しようと思ったら、757個以上食べないと起きない計算になります。亜鉛100mgだったとしても、37個以上食べなければ症状は出ないと思います。日本での牡蠣消費量は、平均して1人約6個なので、それぐらいの量であれば中毒になる事は無いでしょう。

余談ですが、日本で一番牡蠣を消費している県は広島県で、一人当たりなんと約33個でした。

亜鉛の効果効能は?

亜鉛が私たちの身体の中でどのような働きをしてくれるのかご紹介します。

  • 体内の酵素の活性化
  • 細胞分裂と新陳代謝をサポートする
  • 抗酸化作用
  • 妊活
  • 精神安定
  • 味覚を正常にする
  • 子どもの成長

人間には300種類を超える酵素がいつでも働いています。その酵素の働きを助けてくれるのが亜鉛です。細胞分裂と新陳代謝は、とくに妊婦さんに重要です。妊娠中はお腹の中で子どもを作る際、爆発的に細胞分裂を繰り返します。その為妊婦さんは、妊娠中は積極的に亜鉛を摂取した方が良いでしょう。

亜鉛は海外ではセックスミネラルとも呼ばれ、男性だと精子の生成や運動、女性は卵巣等に働きかけ、性機能の向上に効果が期待できます。とくに男性は、前立腺機能を維持するために亜鉛はとても効果的です。現在妊活中の方、これから妊活を考えている方はぜひお試し下さい。

亜鉛が精神の安定に働きかけるのは、脳内でも亜鉛を使っているからです。精神安定だけでなく、記憶力にも影響があると言われています。

味覚を正常にする効果は、味を感知する味蕾を正常に保つために亜鉛が必要不可欠です。次の章で紹介する「亜鉛が不足するとどうなる?」に繋がる内容なので、そちらも併せてご覧ください。

成長期の子どもは、胎児の時ほどではないのですが細胞分裂が活発です。ただ、子どもは味覚が敏感なので牡蠣料理に抵抗があるかもしれません。牡蠣が苦手な子どもには違う食材で適量の亜鉛を摂取させてあげましょう。

さらにこちらの動画では、パーソナルトレーナーが教える、亜鉛の摂取による身体的効果を説明しています。日頃からトレーニングをされている方は、ぜひ参考にしてください。

亜鉛が不足するとどうなる?

亜鉛欠乏症という病気が実際に存在します。この欠乏症が確認されたのは例があります。
中東に住む当時20歳の男性が、亜鉛不足により細胞分裂がうまく行われず、10歳程度の子どもの様な身体にまでしか成長しなかったそうです。

日本では上記の様な例はほとんどありませんが、軽度の亜鉛欠不足や潜在的な亜鉛欠乏症が起こっている方もいます。その亜鉛不足の初期症状に「味覚障害」が現れます。主に成人の方に起こりやすい味覚障害ですが、なんと約20万人の方が亜鉛不足からくる味覚障害に悩まされているそうです。

その他にも以下の症状が現れます。

  • 肌トラブル
  • 薄毛や脱毛
  • インポテンツ
  • 胎児の成長不足等

こちらの動画では、亜鉛不足による病気の可能性を簡単に説明しています。ぜひご覧になってください。

牡蠣の亜鉛のまとめ

牡蠣は亜鉛不足に悩む方におススメの食材です。レモン等のビタミンCと一緒に食べると、ビタミンCが亜鉛の吸収を助けてくれます。

とくに、年を重ねるごとに人間の身体は亜鉛を吸収する力が弱まっていきます。牡蠣を食べる時のワンポイントに、レモン等の柑橘類をアクセントにしてみてください。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - 牡蠣