知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

梅で夏バテ解消!その秘密はクエン酸に!夏バテ予防レシピもご紹介

      2017/08/30

夏は楽しいイベントが盛りだくさんですよね。

海水浴、夏祭り、花火、プールなどなど。

学生の方は夏休みと考えただけ楽しくなってくるばず。

しかし、気を付けなければいけないのが「夏バテ」です。

毎年この夏バテに悩まされている方もいらっしゃると思います。

そもそも、どうして夏バテは起きてしまうのでしょうか

スポンサーリンク

夏バテの原因とは?

plum_and_summer_heat_1

元々は、まだ冷房などの空調設備が今ほど無い時代、暑い日が続く事によって身体の中に熱が留まり、体力が低下したり食欲不振に陥ったりする症状を指していました。

ですが、ここ最近の夏バテは少し違います

現代では、空調設備が整ったことで、室内と外との寒暖の差や湿度の差の激しくなり、自律神経のバランスが乱れることによって夏バテが引きおこされるようになりました。

それによって、いつまでも疲労感や倦怠感が抜けなかったり、ひどい方は頭痛やめまいなどの症状が出ることもあるようです。

夏バテは何も真夏だけに起こりうる症状ではなく、早い方は梅雨や初夏の段階でも夏バテになってしまうとか。

しかし、そんな夏バテを解消してくれる素晴らしい味方がいます!

それが「」です。

一体どうしてこの梅が夏バテ解消につながるのか?

梅が持つパワー どうして夏バテに梅が効く?

plum_and_summer_heat_2

夏バテには梅が良いと聞いたことがある方もいると思いますが、何故梅が夏バテに良いのでしょう?

それは梅に含まれる酸っぱい成分、クエン酸が関わっているからです。

クエン酸には疲労の原因である乳酸を尿として排出します。

また、血流を良くし、夏になると失われがちなミネラルの吸収を助けてくれます。

いわゆるキレート作用と呼ばれるものですね。

このクエン酸が梅には沢山含まれているのです。

さらに、夏場は汗を沢山かきますので塩分も失われていきます。

そこで梅干しの登場です。

梅干しは塩漬けして作るものがほとんどですので、塩分を含んでいます。

梅干しを食べる事によって失われた塩分も、同時に補給できるというワケです。

梅のすっぱさが苦手!という人は、甘い「はちみつ梅」はどうでしょうか?
作り方はこちらで解説していますので、参考にしてみてくださいね!

はちみつ梅の作り方はカンタン!必要な道具やポイント解説

梅を使った夏バテ予防レシピ

お家で梅を食べようと思ったら、やっぱり梅干しが一番手軽に食べる事ができますよね。

ごはんに乗せるだけでもよし、お茶漬けにするもよし、ねり梅をほうれん草の和え物に入れてもおいしいです。

ちょっとしたお料理のアクセントに、梅干しやねり梅は最適ですね。

そんな梅をアクセントにした簡単なレシピをご紹介します。

おつまみに最適な梅ザーサイ

材料

  • ザーサイ(コンビニなどで売られている簡単な物で良いです) 
  • 梅干し
  • 薬味ネギ

作り方

  1. ザーサイはお好みで食べやすい大きさに切っておくと、混ぜやすく食べやすいです。
  2. 梅干しを細かく切ります。
  3. この二つを混ぜるだけ。
  4. お好みでチューブタイプのねり梅を混ぜてもおいしいですよ。
  5. 薬味ネギをかけて完成です。

梅の酸味とザーサイの辛さがマッチして最高です!

切って混ぜるだけなので、火を使わずあっと言う間にできるのでおススメです。

梅納豆と冷や奴

材料

  • ねり梅
  • 納豆
  • 絹ごし豆腐
  • めんつゆ

作り方

  1. 納豆とねり梅を混ぜておきます。
  2. 豆腐は大きいのであれば食べやすい大きさに切っておくといいでしょう。
  3. お皿に豆腐を乗せて、上からねり梅を混ぜた納豆をかけます。
  4. めんつゆをスプーン一杯分ほどかけて完成です。

これだけでも十分おいしいですが、お好みで薬味ネギやおろし生姜などをつけてもおいしいです。

納豆は沢山混ぜてあげるとアミノ酸が増えていくので頑張ってたっぷり混ぜてみてください!

梅だけじゃない、クエン酸を多く含む食材

plum_and_summer_heat_3

しかし、梅が食べれない方もいらっしゃると思います。

そんな方は他の食材でクエン酸を摂取しましょう。

梅以外にもクエン酸を沢山含む食材はあります。

  • レモン・グレープフルーツなどの柑橘類
  • ローズヒップやハイビスカスなどのハーブ類

などなど。

また、クエン酸は酸味の強い成分なのでそれが苦手な方は、イチゴやキウイなどの少し甘めの果物でも大丈夫です。

梅で夏バテ解消 まとめ

梅本来が持つクエン酸と、塩漬けする事で塩分補給ができる梅干しがとても理に適っていると言うのが良く分かりますね。

梅が苦手な人も果物やハーブからも夏バテ対策ができるので、今年は夏バテ知らずで夏を楽しみたいですね!

「梅ジュース」や「梅酒」などの飲み物なら梅のクエン酸をもっと手軽にとることができます!
こちらの記事も参考にしてみてくださいね^^

梅ジュースの驚きの効果!夏に万能、美容にも夏バテにも熱中症にも!

梅酒のおいしい割り方!定番からちょっと変わったものまで!

梅酒の作り方解説!仕込む時期、飲み頃の時期はいつぐらい?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 -