知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

かぼちゃランタンの作り方と保存方法!飾り方はこうしよう!

      2016/11/17

ハロウィンといえば、かぼちゃをかたどったものが街に溢れます。

ハロウィン気分を味わいたい方はかぼちゃランタンを作って飾ってみてはいかがでしょうか?

ここではかぼちゃランタンの作り方や保存方法などをご紹介します。

スポンサーリンク

かぼちゃランタンの作り方

かぼちゃランタンの作り方はとても簡単でお子さんと一緒に作ることが出来ます。

ハロウィンの気分を親子で味わうためにかぼちゃランタンの作り方をここではご紹介します。

ランタン用のかぼちゃを手に入れよう

かぼちゃランタンを作るにはまずかぼちゃを入手しなければいけません。

スーパーに置いている普通のかぼちゃでも出来ますが、サイズも小さいし、食用ですので何だかもったいない…

そんな時のためにハロウィン用のカボチャがちゃんとあって、そのかぼちゃはハロウィンシーズンになるとホームセンターや花屋などに置いています。

ネットでも購入が可能なので、事前に調べておくといいでしょう。

pumpkin-lantern-1

かぼちゃランタンの作り方

必要な材料

  • ハロウィン用のかぼちゃ
  • マジックペン
  • ナイフ
  • スプーンや小さいスコップ

作り方

  1. まずは用意したハロウィン用のかぼちゃにマジックペンでお好みの顔を描きます。
  2. 顔を描き終えたら、かぼちゃの上の部分に中身をくり抜くための穴を開けます。
    お好みで下から開けるのもいいでしょう。
    くり抜いた後は蓋をするのできれいに穴を切るようにしましょう。
  3. 穴を開けたら中身をくり抜きます。
    スプーンやスコップを使ってジャンジャン中身をくり抜いていきます。
    勢い余ってかぼちゃを割らないように気を付けましょう。
  4. 中身をくり抜いたら1で描いたマジックペンに添って顔のパーツをナイフでくり抜いていきます。
    中身がなくなったことでかなり作業はやり易くなっています。
    ナイフを使うのでお子さんとやるときは傍でよく見ていてあげましょう。
  5. 顔のパーツをくり抜いたら、風通しのよい、日の当たる場所で半日ほど乾かしたら出来上がりです。
    中にキャンドルを入れてハロウィンを楽しみましょう。

かぼちゃランタンをアレンジ!

シンプルなかぼちゃランタンも素敵ですが、出来上がったかぼちゃランタンの顔にポスターカラーなどでメイクしたり、シールを貼ったりしてオリジナル感溢れるかぼちゃランタンを作るのも楽しいですね。

また、大きいサイズだけでなく小さいかぼちゃランタンも可愛らしくて飾りやすいです。

動画を参考にチャレンジしてみてはいかがですか?

かぼちゃランタンの保存方法は?

いくらハロウィンのランタン用のかぼちゃとはいえかぼちゃは生物(なまもの)なので手を加えてしまうと長持ちはしません。

ランタンを作るのはハロウィンのギリギリまで待って、入手したかぼちゃは日の当たらない涼しい場所で保管しましょう。

ランタンにしたかぼちゃはもって3~5日程度なので楽しんだ後は速やかに処理しましょう。

pumpkin-lantern-2

かぼちゃランタンを長持ちさせるコツ

コツとしては、かぼちゃの中身をくり抜く際に、中身をしっかりと出すことです。

繊維や種はもちろん、皮のギリギリまでかぼちゃの中身を出すことによって劣化の速度を遅くすることが出来ます。

かぼちゃランタンの飾り方は?

せっかく作ったかぼちゃランタン、何処に飾るか悩むところですよね。

ガーデニングの一部としてお庭に添えるもよし、玄関の前で待ち受けるように飾るもよし、おうちの中でハロウィンパーティーを盛り上げるために飾るのもいいでしょう。

ランタンとして使うにしても火気が気になる方は、キャンドルの形をしたLEDライトなどを入れるといいでしょう。

また、ライトの色味を変えることによって幻想的な雰囲気にもなります。

かぼちゃランタンはなぜハロウィンに飾るの?

かぼちゃランタンは「ジャック・オー・ランタン」というアイルランドの伝説から由来しています。

アイルランドにジャックというとても大酒飲みで自分勝手な乱暴者がおり、日頃の行いが悪いみんなの嫌われ者がいました。

人だけでなく悪魔をも騙すとんでもない男で、死んでも天国には行けないどころか地獄にも行けませんでした。

それによって死んでも行き着く場所がなく、あの世とこの世を繋ぐ暗い道をずっとさまよう事になります。

耐えかねたジャックは悪魔に懇願して地獄の火のかけらをもらい、それをカブで作ったランタン灯して、この暗い道をさまよい続けたのです。

…という伝説なのですが、なんとランタンかぼちゃではなくカブだったのです。

この伝説がアメリカに伝わることでカブは入手のしやすいかぼちゃになったと言われています。

これに一緒にハロウィンの起源について知っておくとよりハロウィンを楽しむことができます。

ハロウィンの起源についてはこちらの記事を参考にしてください。

【関連記事】ハロウィン2016はいつ?なぜ最近日本でこんなに流行ってるの?

かぼちゃランタンまとめ

かぼちゃランタンについて色々お分かり頂けたでしょうか?

今年のハロウィンは、雰囲気を盛り上げるアイテムとしてかぼちゃランタンをお子さんと一緒に作ってみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - ハロウィン