知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

りんご病の感染力や感染経路、潜伏期間、治るまでの期間は?

      2017/01/11

1年間を通して色んな病気が流行していますが、りんご病もその1つです。

大人も感染しますが、主に子供が感染するとされていますので子を持つ親としては心配ですよね。

ここではりんご病の感染力や感染経路、治るまでの期間などりんご病についてまとめました。

スポンサーリンク

りんご病の感染力はどれぐらい?

りんご病はヒトパルボウイルスというによって引き起こされる病気です。

実はこのりんご病、感染力自体はそんなに強いものではないのです。

では感染力は強くないのに流行するのは何故?と思う方もいるでしょう。

りんご病の流行原因は感染力よりも、感染期間に秘密があります。

一番感染力が強い時期は、発熱や鼻水、咳などの風邪のような症状があり、りんご病ということがわかりづらいのが特徴です。

熱も高熱が出るわけでもなく38度代前後であることが多く、病院でも風邪と診断されるやすいのです。

とはいえ、インフルエンザやノロウイルスの様にとても強い感染力はないので爆発的に大流行することはあまりなく、一部の地域で短期間だけ流行して終息していくのも特徴です。

感染していることがわかったら速やかに通っている幼稚園や保育園、学校などに連絡をして感染している旨を伝えましょう。

ringo-byou-infection-1

大人もりんご病に要注意

子供の流行病のイメージが強いりんご病ですが、感染したことのない大人は注意しましょう(りんご病は1度かかったら抗体が出来るのでもうかかることはないと言われています)。

大人になってからりんご病にかかると症状が長引き、重症化しやすくなるので、りんご病のお子さんの看病をする際には充分に感染対策を取り、人混みを避けて生活するようにしましょう。

なお、妊娠している方は感染を特に注意してください。

感染してしまうとお腹の赤ちゃんに重大な影響があることもあります。

りんご病の感染経路は?

ringo-byou-infection-2

感染経路は接触感染や飛沫感染を主としています。

感染力がピークの時期の感染者が触ったものを共有すると感染の恐れがあります。

幼稚園や保育園、小学校などの集団生活の場所が一番感染しやすいでしょう。

マメな手洗い・うがいを徹底して最低限の自衛をするようにお子さんに伝えておきましょう。

また、咳やくしゃみなどでウイルスが拡散することもあります。

感染者と同じ空間にいるときはマスクをして予防しましょう。

既に感染している恐れがあるときは感染拡大を防ぐためにもマスクは大切です。

周囲での流行病の情報に常にアンテナを張り、りんご病の流行を早めに察知して出来る限りの対策を心掛けましょう。

りんご病の潜伏期間はどのぐらい?

りんご病の潜伏期間は非常に長く、およそ1週間から2週間ほどで、長い方は20日ということもあります。

同じ流行しやすいインフルエンザが1日から3日、ノロウイルスは1日から2日程度であり、りんご病の潜伏期間の長さがよくわかるでしょう。

最初の症状である風邪のような症状が出てから1週間から10日ほどしてから、頬っぺたの赤みや発疹などのりんご病だとわかる症状が現れます。

そしてりんご病の厄介なところが、この潜伏期間や風邪のような症状が出ている時期が一番感染力の高いときです。

こういったことから知らず知らずのうちに感染していたり、または感染を拡大させていたりすることがほとんどです。

潜伏期間とは?

よく潜伏期間と使っていますが、具体的にどの期間を示しているか曖昧(あいまい)な方も多いです。

潜伏期間とは、ウイルスなどに感染してから症状が現れるまでの期間を言います。

症状が出るまで多少の個人差などがありますが、病気によってだいたい期間は一定しています。

りんご病の治るまでの期間は?

ringo-byou-infection-3

りんご病の主だった症状が体に現れる頃には感染力もなくなり、順調な場合は発疹以外には極めて健康という方もいるでしょう。

発疹やかゆみなどの主症状が現れてからおよそ1週間前後でこれらが収まることがほとんどです。

全ての発疹が消え去ったら完治とします。

医師によっては、発疹が出ていても全体的に見て良好と判断したら通常の生活に戻ってもよいとする場合があります。

しかし発疹がある内は体力が完全に回復していない時期ではあるので、よほどの事がない限り無理はせず自宅で安静にすることが一番です。

無理をしたり、お風呂に浸かったり、外出して日光を浴びたりすると発疹が再発することがあります。

抵抗力も落ちているので別の病気をもらうこともあるので注意してください。

きちんと医師と相談してから登園や登校、出社の判断をするようにしましょう。

りんご病の感染力のまとめ

いかがだったでしょうか。

感染力が弱いとはいえ、潜伏期間や風邪と誤解している時が一番厄介なのがりんご病です。 

予防接種や特効薬がないので心配になりますよね。

りんご病の性質をちゃんと理解した上で、周囲で流行っているなと感じたら予防をするのが一番いいでしょう。

りんご病にかかったとしても、慌てずに病院を受診して医師の指示に従いましょう。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - リンゴ病