知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

ローストビーフ丼のカロリーは高い?糖質や脂質の量はどれぐらい?

      2017/11/14

お肉のうま味がギュッとつまったローストビーフ丼
肉好きにはたまらない料理ですよね!
でも、ローストビーフ丼のカロリーって、意外と高いこと知っていました?

お肉料理の中でもローストビーフはカロリーが低い方の料理なのですが、丼物になるとカロリーがグッと高くなってしまうんです!
でも「高カロリーだとしても、ローストビーフ丼がどうしても食べたいんだ!」なんて方もいると思います(^^;
となるとローストビーフ丼のカロリーをおさえる方法があるのかも気になりますよね。

今回はローストビーフ丼のカロリーについて詳しくご紹介します!
ダイエット中の方も、ぜひ参考にしてみてくださいね(^^)

スポンサーリンク

ローストビーフ丼のカロリーはどれぐらい?

お肉たっぷりのローストビーフ丼。
カロリーは、どれぐらいあるのでしょうか?

ローストビーフ丼は何キロカロリー?

ローストビーフ丼のカロリーは「821kcal」ほどあります。
これを他の料理に置き換えると、こちらのようになります。

  • マグロのお寿司:約10皿分
  • きつねうどん:約2人前分
  • どら焼き:約6個分
  • ご飯お茶碗:約3杯分

ちなみに一般的な牛丼の並盛が650~700kcalなので、ローストビーフ丼のほうがちょっと高カロリーですね。

ですが、ローストビーフだけのカロリーはなんと「200kcal」だけなんです。
なぜになるだけでカロリーが上がってしまうのでしょうか?

ローストビーフ丼のカロリーが高い理由!

ローストビーフ丼の三大栄養素をグラフで見てみましょう!
これを見ればわかるのですが、カロリーが高い脂質にバランスがかたよっているのがわかりますよね。

ですが、ローストビーフには脂肪分が少ない「牛モモ肉」が使われることが多いので、お肉自体の脂質はそれほど多くはありません。
では、なぜローストビーフ丼の栄養が脂質にかたよってしまうのか?

その答えはローストビーフ丼の「タレ」にありました!
タレには

  • マヨネーズ
  • オリーブオイル
  • ごま油

などが使われることが多いため、脂質が多くなりやすかったのです(汗)

また、タレのレシピによっては

  • 砂糖
  • はちみつ
  • メープルシロップ
  • お酢

などを使うこともあるので、糖質も上がりやすくなっています。
さらに、ご飯も糖質が高い食べ物です。

結果、ローストビーフ丼は

  • おいしいタレ
  • ホカホカのご飯

が原因で、高カロリーな料理になってしまった、ということだったのです!

ダイエット中にローストビーフ丼は食べてもいい?

前章でローストビーフ丼並盛1杯のカロリーが821kcalだとお伝えしましたよね。
これは1日に必要な摂取カロリーの、なんと3分の1以上に匹敵するカロリーなんですよ(^^;

正直ダイエット中の方は、ローストビーフ丼はひかえた方がいいでしょう。
とくに

  • 低糖質ダイエット
  • 炭水化物ぬきダイエット
  • リーディングダイエット

などの「食事」に関するダイエットをされている方は要注意です!

ですが、どうしてもローストビーフ丼が食べたいとき、「すこしでもカロリーをおさえることができたら...。」なんて思ったことありませんか?

カロリーが低いローストビーフ丼であれば、自分で作ってみるのはいかがでしょうか?
次の章では、私が考えたカロリーをおさえたローストビーフ丼のレシピをご紹介します!

手作りローストビーフ丼の低カロリーレシピ

「カロリーが高いのであれば、自分で低カロリーのローストビーフ丼を作っちゃおう!」
ということで、さっそくカロリーをおさえたローストビーフ丼のレシピをご紹介しますね。

メインになるローストビーフの作り方は、こちらの動画を参考にしてください。
電子レンジを使ったローストビーフ丼の簡単な作り方を紹介しています!

お肉に下味をつけて500wで4分と3分、両面に火が通るようにレンジにかけるだけなんて、とても画期的なレシピだと思いませんか?
これならフライパンやお鍋を使わず、洗い物が少なくてとっても便利ですよね(^^)

タレについては、動画の最後でヨーグルトソースをかけていましたが、ダイエット中の方やカロリーをおさえたい方は、漬けダレのアレンジソースのみにしましょう。
卵は栄養価が高いのですが、その分カロリーも上がってしまうので、今回はなしにします。

逆にお肉は多めでもいいので、気持ち多めに盛り付けてくださいね♪
ただし、ごはんの量はほどほどにして、レタスキャベツなどで少しかさましをしてあげるとなおいいです!

こちらのレシピで

  • ローストビーフ:200g
  • ごはん:80g
  • かさまし用レタス:10g

でカロリーを計算したところ、1食あたり781kcalとなりました!

タレを醤油ポン酢だれなどシンプルなものにしたり、お肉の量をもう少しおさえたりすれば、1食500kcalにもできそうです(^^)
ぜひ電子レンジでひかえめカロリーのローストビーフ丼をぜひ作ってみてください!

ローストビーフの他の栄養素は?

ローストビーフはタレの量や内容に気をつければ

  • 高タンパク質
  • 低脂質

の料理なのをご存知でしょうか?

ローストビーフの栄養素の中で、私がとくに気になったものはこちらです。

  • ナイアシン
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • 亜鉛

「ナイアシン」とは水溶性ビタミンの1種で、皮膚を正常に保つ効果があります。
「ビタミンB6」とはニンニクに多くふくまれる水溶性のビタミンで、摂取したタンパク質を素早くエネルギーに変えるはたらきがあります。

「ビタミンB12」とは魚介類に多くふくまれるビタミンで、脊髄から赤血球を作るためのサポートをしてくれます。
「亜鉛」は新陳代謝をうながして、新しい細胞を作り出す手助けをしてくれる栄養素です。
余談ですが、亜鉛には「育毛効果」があるので、薄毛に悩む男性に向けたサプリメントにも利用されています。

お肉なのでカロリーが低いとまではいきませんが、筋トレ中の方などにおすすめしたい「脂質をおさえてタンパク質を取れる」料理なんですよ!
以上が、ローストビーフの中にある、隠れたすばらしい栄養素でした(^^)

ローストビーフ自体のカロリーについてはこちらで詳しく解説しています。

ローストビーフのカロリーは高くない!?実はダイエット向きだった!

ローストビーフ丼のカロリーについて、まとめ

ローストビーフ丼のカロリーについて、参考になりましたでしょうか?
最後に今回のまとめです。

  • ローストビーフ丼のカロリーは約821kcal
  • タレやご飯によって、脂質糖質が高めになる
  • ダイエット中はひかえた方がいい
  • カロリーをおさえるには、ご飯を少な目にしてかさまし用の野菜を足す
  • お肉の量は多少であれば多くてもいい

カロリーをおさえるには、やっぱり手作りが一番です!
お家でカロリーひかえめの、おいしいローストビーフ丼をぜひ作ってみてくださいね(^^)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - カロリー