知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

ローストビーフの賞味期限、手作りだと何日?過ぎても焼けばOK?

      2017/11/14

パーティー料理の定番の「ローストビーフ」は、中身が赤いレア状態だから、賞味期限はいつまでなんだろうと気になりますよね。
とくに手作りローストビーフとなると、市販のものよりも賞味期限が短いのでは?という気がします。
おいしく食べられて、衛生的に問題ない期限を知りたいですよね!

それに、手作りローストビーフは作るのがけっこう大変なので、なるべくまとめて作って、日持ちさせたいところです。
その場合、冷凍保存はできるのでしょうか?
また、賞味期限が切れてしまったローストビーフを加熱すればまた食べられるのかも気になります。

今回はそんな手作りローストビーフの賞味期限についてご紹介しましょう!

スポンサーリンク

手作りローストビーフの賞味期限はいつまで?

手作りローストビーフの賞味期限は

  1. 冷蔵庫で保存する場合
  2. 冷凍庫で保存する場合

で変わってきます。
それぞれのメリット・デメリットとともに、詳しく見ていきましょう!

1)冷蔵庫で保存する場合

手作りローストビーフを冷蔵庫で保存する場合の賞味期限は、切り分けていない状態で2~4日間です。
切り分けていない状態とは、できあがってから包丁を入れていない状態のことです。

ローストビーフは、包丁を入れてしまうと賞味期限がぐっと短くなってしまいます。
衛生面や味や風味などを考慮すると、切ったローストビーフの賞味期限はです。

メリット

  • 保存が簡単
  • すぐに食べられる

デメリット

  • 長期保存ができない
  • 切ってしまうと賞味期限がとても短くなる

2)冷凍庫で保存する場合

冷凍庫で保存する場合の賞味期限は1か月くらいです。
それ以上保存すると、ローストビーフを食べるときに「冷凍臭」がすることがあります。

冷凍する場合も切り分けると賞味期限は短くなり、長くても2週間くらいになります。

メリット

  • 長期保存ができる
  • 市販のものでも冷凍できる
  • 小分けにして保存も可能

デメリット

  • 解凍するのに手間がかかる
  • すぐに食べられない

(おまけ)チルド室で保存する場合

余談ですが、チルド機能つきの冷蔵庫であれば、普通の冷蔵庫より賞味期限が伸びます

普通の冷蔵庫の設定温度は3℃~5℃ぐらいですが、チルド室の温度は0℃前後を保っています。
なので、食材が凍らず腐らずに保存をすることができます。

チルド室に保存した場合のローストビーフの賞味期限は1週間ほどです。
1週間以内であれば、風味なども問題なくおいしく食べることができますよ!

こうしてみてみると、ローストビーフの賞味期限って思っていたよりも短いですよね。
切ってしまったときの賞味期限の短さには私も驚きました。

でも、切り分けたローストビーフを「うっかり放置しちゃった!」なんてこともありますよね(^^;
賞味期限がすぎてしまったローストビーフは、どれぐらいの状態ならセーフなのでしょうか?

次の章では、賞味期限をすぎてしまったローストビーフについてご紹介します!

賞味期限切れローストビーフの見極めかたとは?

賞味期限」とは「すべての品質が保持される期限」という意味なので、賞味期限が切れてしまったからといって、すぐ絶対に食べられなくなるというわけではありません。
食品の状態によっては、賞味期限が切れていても食べられるものはたくさんあります!

もちろん手作りローストビーフも例外ではありません。
賞味期限切れのローストビーフを食べる前に、確認しておきたいチェックポイントはこちらです。

  1. 肉の表面に変色カビなどがないか?
  2. 開けたときに、異臭はしないか?

それぞれを詳しくみていきましょう。

1)肉の表面に変色やカビなどが無いか?

肉の表面が少し変色している程度であれば、そのまま食べても問題ないと思います。
とくに肉料理は、空気にふれた時間が長いほど酸化しやすくなり、風味や見た目が変化してしまいます。

ただし、変色してきているということは、それだけ肉の酸化が進んでいることにまちがいないので、あくまでも自己責任のうえで食べてくださいね…!

どうしても変色が気になる場合は、変色した部分を切り落とすか、ローストビーフを焼いて別の料理に使ってしまいましょう。
焼きローストビーフのアレンジレシピについては、次の章でご紹介しますね(^^)

2)開けたときに、異臭はしないか?

臭い」とは、その食品の状態を見極める重要なポイントです。

腐ったローストビーフからは、なんともいえない「腐敗臭」がしてきます(汗)
少しでも「クサイ!」と思ったら、そのローストビーフは食べるのをあきらめた方がいいでしょう。

基本的に「臭いなし、変色なし」の状態であれば食べてしまっても大丈夫です!
冒頭でもお話しましたが、そもそも賞味期限とは「おいしく食べれる保証期間」のことなので、過ぎてしまったからといって食べられないわけではありません。
食品そのものの状態をしっかりみることが大切ですね(^^)

手作りローストビーフのアレンジレシピとは?

「賞味期限切れのローストビーフが変色しちゃった…!」
そんな時は、いっそのことローストビーフを焼いて、別の料理にしてしまうのも一つのアイデアですよ♪
焼いたローストビーフはどんな料理にアレンジできるのでしょうか?

ブロック肉はシチューやスープに

ブロック肉の状態で賞味期限が切れてしまったら、角切りにしてシチュースープの具材にしちゃいましょう!
軽くフライパンで焼き目をつけてあげると、よりおいしそうにみえますよ(^^)

クリームシチューや、ポトフのソーセージ替わりに入れてみてはいかがでしょうか?

スライスしてハムサンドに!

スライスしたローストビーフを、塩コショウで下味をつけてフライパンで焼きます。
軽く焼き色がついたら、パンにはさんじゃいましょう

レタスやトマトなどの野菜と、パンにはからしマヨネーズやバターをひいてあげるとよりおいしいですよ♪
ひと手間加えただけで、ちょっとリッチ(?)なハムサンドの完成です!

(おまけ)冷凍ローストビーフをきれいにカットする裏ワザ!

冷凍保存をして凍らせたローストビーフは、じつはカットするのが難しいんです。

きれいにカットして、見た目もおいしく盛り付けたい...。
そんなときにはこの裏ワザがおすすめです!

ローストビーフを「流水解凍」すると、半解凍のままでも包丁を入れることができます。

冷蔵庫で解凍するよりも早く、しかもきれいに盛り付けできるとっても便利なウラ技ですので、ぜひお家で試してみてくださいね(^^)

手作りローストビーフの賞味期限、まとめ

手作りローストビーフの賞味期限について、参考になりましたでしょうか?
最後に今回のまとめです。

  • 手作りローストビーフの賞味期限は
    1)冷蔵庫保存の場合、2~4日間
    2)冷凍庫保存の場合、半月~1か月間
  • カットしたローストビーフの賞味期限は1日間
  • 賞味期限が切れたローストビーフのチェックポイントは
    1)肉の表面に変色カビなどがないか?
    2)開けたときに、異臭はしないか?
  • 変色が気になる場合は、切り落とすか変色部分を焼く
  • 少しでも異臭がする場合、食べるのはやめたほうがいい
  • 焼いたローストビーフはシチューやスープなどにアレンジする

今回の内容は手作りローストビーフだけでなく、市販の真空パックのローストビーフでも応用できます。
お歳暮などでいただいたときなんかに試してみてくださいね(^^)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - 食中毒