知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

RSウイルスで気管支炎になったときの症状!入院する必要はある?

   

RSウイルスが重症化して気管支になってしまうと不安ですよね(TT)

RSウイルスでいちばん怖いのは熱や鼻水より、しつこい「」だったりするのです。
咳は気管支炎を引き起こすだけでなく、さらなる合併症につながることがあります(汗)

また、「もし入院になったら…」「治療法ってどんなものがあるのかな?」など、いろんな疑問もでてきますよね。

今回は、RSウイルスで気管支炎になって心配なアナタのために、RSウイルスで気管支炎になったときの

  • 症状
  • 入院の可能性
  • 重症化した場合
  • 治療法

についてお伝えします!

スポンサーリンク

RSウイルスで気管支炎になったときの症状、メインは「咳」!

RSウイルスで気管支炎になったときは、これらの症状がでます。

  • 激しい咳
  • 痰(たん)が出る
  • 発熱
  • 全身の倦怠感
  • 背中や胸の痛み
  • 下痢

特徴的なのはやはり「」で、とてもツラいです。
激しい咳によって背中や胸の痛みを感じることもあります。

また、気管支が炎症を起こしているので発熱があります。
それに伴って全身の倦怠感下痢などがあることも…
体が弱って抵抗力が落ちるので、いろんな症状があらわれてしまうのです。

とにかく咳が激しいので、幼い子どもはグッタリしてしまいます…(TT)
そんな姿を見て「入院なんてことにはならないかな…」と不安になることもあるかと思います。
次の章では、「RSウイルスで気管支炎になったら、入院になることはあるのか」についてお伝えしますね。

RSウイルスで気管支炎になると入院することも

子どもがRSウイルスで気管支炎になると、入院になることがあります。
特に、乳幼児などの年齢が低い子どもは重症化しやすいので、入院が必要な場合が多いです。

子どもが入院になると、ママは「そんなに我が子の病状は重たいの?」と不安になってしまうと思いますが、「何かあっても、24時間いつでも対応してもらえる」と考えると逆に安心することができますよ(^^)
夜中に病状が悪化すると、ママはただただパニックになってしまうと思いますが、病院ならすぐに診てもらえますよね☆

このように、入院の可能性があるRSウイルスの気管支炎。
気管支炎だけでも大変なのですが、こじらせるとさらに大変な事態になることもあるのです(汗)
次の章では、そのことについてお伝えしますね。

気管支炎は「肺炎」や「喘息」につながることもある

RSウイルスの気管支炎がさらに重症化すると、

  • 肺炎
  • ぜんそく

につながることがあります。

1)肺炎

気管支炎になってからおよそ1週間くらい症状が改善されない、または激しくなっている場合は「肺炎」を併発しているおそれがあります。

特に、

  • 乳幼児など年齢が低い子
  • 生まれつき呼吸器系が弱い

などは、気管支炎がきっかけで肺炎になってしまう可能性が高いです。

2)ぜんそく

気管支炎による咳や痰の症状を繰り返していると、そのまま「ぜんそく」に移行してしまう場合があります。
特に、生後6ヶ月くらいまでの乳児は気管支の発達が未熟なので、気管支炎からぜんそくを引き起こしやすいという傾向があります。

もし、RSウイルスにかかって気管支炎になり、呼吸が

  • ゼイゼイ
  • ヒューヒュー

のような「喘鳴(ぜんめい)」をともなってきたら気をつけてくださいね。

ただでさえ気管支炎になって心配なのに、肺炎やぜんそくを併発するのは避けたいところです (TT)
気管支炎を重症化させないためには、適切な治療をすることが大切です。
次の章では、「RSウイルスの気管支炎の治療法」についてお伝えしますね。

RSウイルスの気管支炎の治療法は、対症療法と安静!

RSウイルスの気管支炎は「薬で症状をやわらげながら安静にする」のが、何よりの治療法です。
RSウイルスの気管支炎には特効薬はなく自然治癒するのを待ちます。

気管支炎は痰や咳がしんどいので、

  • 痰を切って、外に出す薬
  • 咳を鎮める薬

などでやわらげます。
咳がおさえられたら回復しやすいですし、重症化するリスクを下げることもできます(^^)

そして何より「安静」にするのがいちばんです。
回復しだして少しラクになると、子どもははしゃいだり走り回ったりしますよね(^^;
ですが、気管支炎は治らないうちに走ったり大声を出したりすると悪化してしまうことがあります。

遊びたい気持ちはよくわかりますが、「治るまでは大人しくしてようね」とよーく言い聞かせてあげてくださいね!

RSウイルスで気管支炎のまとめ

いかがだったでしょうか?
RSウイルスの気管支炎についてお伝えしました。
最後に、今回のポイントをまとめます!

  • RSウイルスで気管支炎になったときは、このような症状がでます。
    ・激しい咳
    ・痰(たん)が出る
    ・発熱
    ・全身の倦怠感
    ・背中や胸の痛み
    ・下痢
  • 子どもがRSウイルスで気管支炎になると入院になることがあります。
    特に乳幼児などの年齢が低い子どもは重症化しやすいので入院になりやすいです。
  • RSウイルスの気管支炎がさらに重症化すると、
    ・肺炎
    ・ぜんそく
    につながることがあります。
  • RSウイルスの気管支炎には特効薬はなく、「薬で症状をやわらげながら安静にする」のが何よりの治療法です。

気管支炎にならないためにも、RSウイルスを悪化させないように気をつけたいですよね(TT)
もし気管支炎になったら、肺炎やぜんそくなどに悪化させないように安静にしましょうね☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - RSウイルス