知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

RSウイルスで熱は期間はどのぐらい続く?下がらない時の注意点!

   

子どもがRSウイルスにかかって発熱すると「熱の期間ってどれくらいなのかな…」と心配になりますよね(TT)

RSウイルスは、風邪によく似た症状があらわれます。
しかし、ただの風邪よりも症状が重いことが多いので、発熱の期間がどれぐらいなのか気になるところです。
また、RSウイルスによる熱には解熱剤座薬を使ってもいいのか気になりますよね。

今回は、子どもがRSウイルスで熱が出て心配なアナタのために、

  • 熱が出る期間
  • 熱が下がらないときの対処法
  • 解熱剤や座薬を使ってもいいのか
  • RSウイルスの「型」

についてまとめました!

スポンサーリンク

RSウイルスで熱が出るのは3日ほど!

RSウイルスにかかって熱が出る期間は「発症から3日ほど」です。

RSウイルスは鼻の症状から始まることが多く、気がつくと発熱などの症状があらわれます。
そこから

  • 3日ほどで熱が下がる
  • 1週間から2週間ほどで鼻の症状や咳がおさまる(完治)

などの経過をたどります。

完治までを見ると「長引くなぁ」と思いますが、熱が出ている期間は短いのです。
鼻の症状や咳もツラいですが、発熱による頭痛や全身のダルさが短くて済むのはまだ救いですよね。

また、RSウイルスは一般的には38度くらいの熱が出ることが多いですが、人によっては

  • 発熱しないまま完治したり
  • 39度を超える高熱が出たり

と、ばらつきがあります。

発熱しないのはともかく、高熱が出ると親としては不安ですよね…
でも、小さな子どもは短期間でガッと高熱が出て、次の朝にはスッと下がっていることなんてよくあります。
高熱が出ても、それが続かなければあまり心配することはありません。(注意して様子を見る必要はあります)

ただし、ダラダラと熱が続く場合は心配になりますよね…
次の章では、「RSウイルスの熱が下がらないときの対処法」についてお伝えします!

RSウイルスの熱が下がらないときは再受診を!熱による脱水に注意

RSウイルスの熱が3日以上さがらないときは、かかりつけの病院を再度受診することを強くおすすめします。
特に小さい子どもの場合は、
「熱は続いてるけど元気そうだから…」
「まだ3日だし、もう少し様子を見てみよう」
などと思わずに病院に連れていってくださいね。

また、高熱が続くときは「肺炎」を併発している可能性も考えられます。
高熱以外の症状もよく様子を見て、すぐに病院を受診するようにしてください。

熱が続くと

  • 脱水しやすくなる
  • 体力を消耗し、回復が遅れる

などの心配があります。
食欲がないのであれば無理に食事をすることはありませんが、水分だけはしっかりととって安静にするようにしてください。

しかし、熱のせいでロクに水分がとれなかったり、よく眠れなかったりすることがありますよね…
そんなとき「解熱剤を使って熱を下げたい!」と思うと同時に、「RSウイルスの熱に解熱剤や座薬を使ってもいいのかな?」という不安もあると思います。

次の章では、「熱が下がらないときは解熱剤や座薬を使ってもいいのか?」についてお伝えします!

熱が下がらないときは解熱剤や座薬を使ってもOK!

RSウイルスの熱が下がらずに子どもがツラそうにしているときは、解熱剤や座薬を使っても問題ありません

ですが、熱が高いにも関わらず

  • 機嫌がよく、それなりに元気にしている
  • 水分休息がとれている

などの場合は解熱剤などを使わなくても大丈夫ですよ。
子どもの様子を見ながら、解熱剤を使うかどうかをしっかりと判断してくださいね。

それにしても、個人差はあるとはいえ、

  • 解熱剤が必要なほどの高熱が出たり
  • まったく熱が出なかったり

など、症状に差があると「インフルエンザのように、RSウイルスにも型とかあるのかな?」と疑問に思いますよね。
次の章では、そんな気になる「RSウイルスの型」についてお伝えしますね。

RSウイルスの型は大きく分けて2つある

RSウイルスには、大きく分けて「A型」と「B型」に分類されていおり、一般的には「A型」のほうが「B型」よりも症状が重いと言われています。
ですが、どちらの型でも治療方針に変わりはなく、対症療法をとって自然治癒を目指すことになります。

ただの風邪だと思ったまま完治するものもあれば、症状が重くて大変な思いをするものもあるRSウイルス。
どちらの「型」でもなりたくはないものですよね(TT)

RSウイルスの熱の期間のまとめ

いかがだったでしょうか?
最後に、今回のおさえておきたいポイントをまとめますね(^^)

  • RSウイルスにかかって熱が出るのは「発症から3日ほど」です。
  • RSウイルスの熱が3日以上下がらないときは、かかりつけの病院を再度受診することを強くおすすめします。
  • 高熱が続くときは「肺炎」を併発している可能性も考えられます。
  • 熱が続くと
    脱水しやすくなる
    ・体力が消耗し、回復が遅れる
    などの心配があるので、水分だけはしっかりととって安静にするようにしてください。
  • RSウイルスの熱が下がらずに子どもがツラそうにしているときは、解熱剤を使っても問題ありません。
  • RSウイルスには、大きく分けて「A型」と「B型」があり、一般的には「A型」のほうが症状が重いと言われています。

RSウイルスにかかって熱が出ると親としてはとても心配ですよね(TT)
熱があるうちは目を離さず、よく様子を見ててあげてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - RSウイルス