知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

文化祭の髪型、ロングならこれがオススメ!定番とアレンジ例6選!

      2017/10/07

1年に1度の文化祭
せっかくならいつもと違った雰囲気の髪型で、かわいくオシャレにきめたいですよね!

ロングヘアーの方なら、髪が長い分いろんなバリエーションが楽しめますよ^^

そこで今回はロングヘアのの方に向けて、文化祭でおしゃれに決める髪型やアレンジをご紹介します。
わかりやすいように動画をたくさん載せてますので、ぜひ参考にしてくださいね♪

スポンサーリンク

文化祭の髪型、ロングでオススメの定番3つ!

まずは簡単にできるオススメの定番を3つご紹介します!
いつもと少しポイント変えるだけでも、雰囲気が変わりますよ^^

1.ポニーテール

ロングの髪型の人にとっては定番ですよね!
でも、いつものポニーテールより、高い位置で結んだり、逆に低い位置で結んだりと高さを変えてみるだけでも結構雰囲気が変わりますよ。

この動画のようにふわっとさせるのもオシャレですよね!

2.ツインテール

ポニーテールと同じく、定番の結び方ですが、これも高さを変えたり毛先をカールさせるたりするだけで印象が違ってみえてきます^^
分け目をジグザグにしてもかわいいですね。

やり方はこちらの動画を参考にしてみて下さい!

3.ギブソンタック

ギブソンタックとは、後ろの低い位置で髪を折りこんでまとめるアップヘアです。

海外で人気のアレンジで、ロングだときれいにまとめやすいですし、三つ編みにして折り込んだり、リボンをつけたり、とさらにアレンジが拡がります。
大人っぽい感じに仕上がるので、イメージチェンジにいいですよ!

文化祭の髪型、ロングヘアのおすすめアレンジ3つ!

ロングは髪の量と長さがあるので、いろんなアレンジが楽しめます。
次はオススメのアレンジ例を3つご紹介しますね!

1.たまねぎヘア

簡単なのにすごくかわいくて、凝った印象になります^^

ロングならではのアレンジですよね!
リボンつきのゴムを使うと、さらにかわいい感じになりますよ。

2.リボンヘア

髪の毛を使ってリボンをつくるリボンヘア。

これも意外に簡単にできるんです!
これもロングでないとできない髪型ですよね^^

3.くるりんぱ

「くるりんぱ」とは、結んだ髪を二つにわけて、上から分け目に毛先をくぐらせて1回転させるアレンジです。
同じように、下方向からくぐらせるのを「ぎゃくりんぱ」といいます。

ロングなら、2段重ね、3段重ねの「くるりんぱ」も出来ますし、「くるりんぱ」一つでいろいろアレンジを楽しめますよ!

文化祭の髪型、ロングのコツとポイント

school-festival-hairstyle-long-2

ロングヘアでアレンジする時のポイントは2つです。

1. 下準備をしておく

どの長さでも当てはまりますが、ロングは特に毛先が痛みがちです。
パサパサの状態ではセットしづらく、きれいに仕上がらないので、やりたい髪型が決まったらまず先にベース作りから始めましょう。

髪をゆるくコテで巻いておきます。
巻き終わったら髪の毛の量に合わせて、ワックスをつけたり、ミルクタイプのスタイリング剤をつけたりしてボリュームを調整します。

少ない量の人は、スプレーを使ってクシュっとさせておくといいかもしれません。
ゆる巻きのコツはこちらの動画でどうぞ!

2. バランスを考える

ロングは髪の長さがある分、まとめたり結んだりした時にボリュームが出すぎて、重くみえることがあります。
あまりキッチリまとめすぎても堅苦しい印象ですし、ゆるさ加減をまちがうとだらしなく見えてしまいます。

きめすぎず、ゆるすぎない、ちょうどいいバランスを見つけ出しましょう。
コツは、きちんと結んだりまとめたりしたところから、ちょっとずつ崩していくことです。

他にもヘアアレンジがいっぱい見れるのはここ!

ここで紹介したもの以外でも、たくさんのヘアアレンジが写真や動画で見れるアプリがあります。

【無料】myreco up(マイリコ アップ)|50万人が利用するヘアスタイルカタログアプリ!

このアプリがうれしいのは、動画が充実しているところ!
やっぱり実際の動きが見えると分かりやすさが全然ちがいますよね♪

他にも人気のヘアスタイルまとめがあったり、髪の長さ別に検索できたりもするので、とっても便利です!

自分でやるのはやっぱり自信がない…という人にも!

「練習してみたけど、思ったようになかなかうまくいかない…」
「髪の毛が中途半端で、キレイにカットしてからやりたい!」
という人は美容師さんにお願いするというのも手です^^

マイリコなら気になるヘアアレンジを見つけたら、そこからすぐにその美容師さんを予約することもできちゃいます!

これなら普段使いのときにもかなり役に立つアプリですね(^^)
無料で使えるので、とりあえず入れておいても損はないと思いますよ♪

【無料】myreco up(マイリコ アップ)|50万人が利用するヘアスタイルカタログアプリ!

文化祭の髪型、ロングのまとめ

ロングのヘアアレンジ、いかがだったでしょうか?
今回ご紹介したものはこちらです。

  • ポニーテール
  • ツインテール
  • ギブソンタック
  • たまねぎヘア
  • リボンヘア
  • くるりんぱ

ロングヘアは毛先が痛みがちなので、セットをする前にしっかりケアをしておくようにしましょう。
アレンジをする前にはゆる巻きをしてフワッとさせておくと、オシャレに仕上がります。

また、長さがある分、ボリュームが出すぎて重く見えることもあります。
まとめすぎず、ゆるすぎずのちょうどいいバランスをうまく調整してくださいね!

ロングはアレンジの幅が広く、凝った髪型にチャレンジできますよね^^
いろいろなアレンジ方法の中から、自分に似合う髪型を見つけてくださいね!

文化祭の髪型についての記事は他にもありますので、こちらも参考にしてみてください。

文化祭の髪型、ショートの定番とアレンジ例!オススメを紹介

文化祭の髪型、ミディアムなら知っておくべき定番とアレンジ例7つ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - 文化祭