知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

らっきょうの驚くべき効果・効能!意外な効能と食べ方

      2017/01/08

中国から薬用として伝わったネギの仲間のらっきょう。

日本で野菜として広まったのは江戸時代ごろからで、今では一般的な野菜としてスーパーなどで並んでいます。

独特の甘さと香りと歯ごたえもあり、普段から食べられている方も多い筈。

そんならっきょうの魅力をご紹介していきます。

スポンサーリンク

らっきょうにはこんなにたくさんの効果・効能がある

shallot-efficacy-1

らっきょうの効果でよく知られているのは「血液をサラサラにする効果

アリシンまたは硫化アリルと呼ばれる成分がらっきょうの中に沢山含まれており、この成分のおかげで血液をサラサラにしてくれるのです。

また、このアリシンは血液内の脂質を減らす効果もあるそうです。

ダイエット中の方も積極的にらっきょうを取り入れている方も多くいらっしゃいます。

その他にも疲労回復や抗ガン作用、殺菌効果もらっきょにはあり、ダイエットだけでは無く、健康を気にされている方には是非食べていただきたい食材ですね。

らっきょうの効果・効能を支える栄養素

shallot-efficacy-2

上記でアリシンについて書きましたが、実はらっきょうにはもっと素晴らしい栄養素が隠されていたのです。

それが「フルクタン」です。

あまり聞いたことのない栄養素ですが、この珍しい栄養素が肥満の予防とダイエットに重要な役割を果たしています。

フルクタンとは水溶性食物繊維の一種で、脂質の吸収を抑える働きがあると注目されている栄養素です。

それだけでは無く、血糖値の上昇を抑えてくれる・便秘や下痢を抑える整腸作用・ミネラルの吸収を助ける等々、身体にとって様々な効果・効能があります。

効果・効能たっぷりのらっきょうの食べ方と注意点

らっきょうには食欲増進させる成分も入っているため気を付けていただきたい事があります。

それは食べ過ぎないこと。

らっきょうに含まれるアリシンが刺激が強いため、食べ過ぎると胃腸を痛めてしまう事になりかねないとか…。

らっきょうは1日だいたい5粒前後で止めておきましょう。

一番効果的な食べ方は、生のらっきょうを刻んだりして加熱調理することです。

加熱することによりらっきょうの甘味がさらに増して、甘漬けのらっきょうよりも効果的です。

量も調節すればカロリーも自然と抑えられます。

生のらっきょうを使った料理をいくつかご紹介します。

らっきょうの天ぷら

おイモの天ぷらみたいにホクホクになるそうです。

から揚げにしても美味しそうですね。

らっきょうのタルタルソース

らっきょうをみじん切りにして軽く炒めたらタルタルソースと混ぜるだけ。

食感も増して美味しいですよ。

らっきょうと味噌野菜炒め

野菜炒めにらっきょうを入れるだけ。

味付けはお味噌だけでも十分。

らっきょうのホイル焼き

バター醤油と塩コショウで味付けして食べると美味しいです!

シンプルだけど癖になる味です。

らっきょうとジャーマンポテト

ジャーマンポテトにらっきょうをプラスしてボリュームアップ!

お酒のおつまみにも合いますよ。

らっきょう和風ドレッシング

みじん切りにしてごま油と炒めたらっきょうをお好みの和風ドレッシングと混ぜてみてください。

おススメは塩ドレッシングでチョレギサラダにすると最高です。

いろんな料理のアクセントにらっきょうを是非入れていみてください。

らっきょうの効果・効能のまとめ

お薬に使われていたらっきょうには素晴らしい効果が沢山ありましたね。

また、らっきょうの仲間エシャロットにもアリシンやフルクタンが含まれています。

生で食べる際はこのエシャロットの方が食べやすいかもしれません。

もちろんエシャロットも加熱しても大丈夫です。

お好みの食べ方でらっきょうのフルクタン・アリシンを上手に摂取してください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - 食べ物