知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

らっきょうの驚くべき効果・効能!でも食べ方には注意が必要?

      2018/01/25

中国から薬用として伝わった「らっきょう」には、私たちの体にいい効果があります。
有名ならっきょうの効果・効能といえば、血液をサラサラにしてくれる効果ですが、他にはどんな効果・効能があるのでしょうか?

私はカレーのおともに必ずらっきょうを用意してます(^^)
独特の甘さと香りと歯ごたえもあり、普段からたくさん食べられている人も多いはずです。

おすすめのらっきょうレシピも気になるところですよね!
今回は読めば絶対食べたくなる、らっきょうの効果・効能についてご紹介します!

スポンサーリンク

らっきょうにはこんなにたくさんの効果・効能がある

らっきょうの効果・効能は大きく分けて3つです。

  1. 血液をサラサラにする効果
  2. 脂肪や老廃物をためこまない
  3. 美肌効果

それぞれをくわしく見ていきましょう。

1)血液をサラサラにする効果

現代人は

  • 食生活の乱れ
  • ストレス
  • 運動不足
  • 喫煙

などが原因で血液がドロドロになっています。
そんな血液の流れをきれいにしてくれる効果がらっきょうには期待できます。

血液がサラサラになると、

  • 冷え性防止
  • 動脈硬化を防ぐ
  • 高血圧の予防
  • 腎臓などの血液をたくさん使う器官の働きをあげる

などなど、たくさんのメリットがあります!

2)脂肪や老廃物をためこまない

らっきょうは上記でも紹介したように、体に脂質をためにくくしてくれます。
なので、ダイエットのサポートにもらっきょうは最適なのです!

その他にも老廃物ためこまないということは、こんな効果も期待できます。

  • 疲労回復
  • 抗ガン作用
  • 殺菌効果

などもありダイエットだけではなく、健康を気にしている方はぜひ日頃から食べたい食材ですね(^^)

3)美肌効果

らっきょうには「ケイ素」という成分がふくまれていて、このケイ素が美肌にはかかせない「コラーゲン」を強化してくれるはたらきがあります。
さらに、血液がサラサラになることで、お肌の新陳代謝をうながしてくれます。

なので、新しいキレイなお肌をキープすることができるんです(^^)

らっきょうの効果・効能を支える栄養素

らっきょうにはすばらしい効果・効能がありましたね。
では、その効果をささえてくれている、栄養素とはどんなものなのでしょうか?

1)アリシン(硫化アリル)

上記でらっきょうは「血液をサラサラにする効果」があるとご紹介しましたが、どうして血液がサラサラになるのでしょうか?
それはらっきょうにふくまれる特別な栄養素「アリシン(硫化アリル)」が関係しているからなんです。

アリシンには、血液の凝固をおさえる効果があり、血液をサラサラの状態にキープしてくれます。
なので、アリシンがたくさんふくまれているらっきょうは、血液サラサラ効果があるというわけなんです(^^)

また、アリシンには「血液内の脂質を減らす」効果もあります。
この効果のおかげで、体に脂質をためづらくしてくれるんです!

2)フルクタン

フルクタンってあまり聞いたことのない栄養素ですよね?
しかし、この珍しい栄養素が肥満の予防とダイエットに重要な役割をしています。

フルクタンとは水溶性食物繊維の一種です。
脂質の吸収をおさえる」はたらきがあり、ダイエット界で注目されている栄養素なんですよ!

フルクタンの効果はそれだけではなく

  • 血糖値の上昇をおさえてくれる
  • 便秘や下痢をおさえる
  • 整腸作用
  • ミネラルの吸収を助ける

などがあります。

らっきょうのすばらしい効果・効能は、こんな栄養素のおかげだったんですね!
これなら毎日たくさんらっきょうを食べたくなりますが、たくさん食べても効果ってあるのでしょうか?

効果・効能たっぷりのらっきょうの食べ方と注意点

効果・効能たっぷりのらっきょうですが、1つだけ注意点があります。
それは、「食べ過ぎないこと」です。

原因はらっきょうにふくまれるアリシンにありました。
アリシンの成分は刺激が強いため、食べ過ぎると胃腸を痛めてしまうことになりかねないとか…。

らっきょうは1日だいたい5粒前後で止めておきましょう。
また、らっきょうには食欲増進させる成分も入っているため気をつけてくださいね(^^;

らっきょうの効果的な食べ方とは?

らっきょうの一番効果的な食べ方は、生のらっきょうをアレンジすることです。
よくスーパーで見かけるらっきょうは、お酢につけられているものであまり料理に向いていません。
なので、生のらっきょうを調理することで、効率的にらっきょうを食べていくことができるんです。

生のらっきょうは、

  • きざんでサラダにくわえたり
  • 揚げてみたり

とアレンジは自由自在(^^)

加熱することによりらっきょうの甘味がさらに増して、甘漬けのらっきょうよりも効果的ですよ。
量も調節すればカロリーも自然とおさえられます。

らっきょうのおすすめ料理

らっきょうの天ぷら

おイモの天ぷらみたいにホクホクになります。
から揚げにしても美味しそうですね(^^)

らっきょうのタルタルソース

らっきょうをみじん切りにして軽く炒めたらタルタルソースと混ぜるだけ。
食感もプラスされてさらにおいしくなりますよ!

らっきょうと味噌野菜炒め

野菜炒めにらっきょうを入れるだけの簡単料理です!
味付けは味噌のみでとてもシンプルなのですが、そこがまたおいしさの秘密かもしれませんね。

らっきょうのホイル焼き

シャケやきのこのホイル焼きとやり方は同じです。
味付けはバター醤油と塩コショウで、ホイルの中に入れるだけなので、洗い物も少なくて経済的ですね(^^)

らっきょうとジャーマンポテト

ジャーマンポテトにらっきょうをプラスしてボリュームアップ!
お酒のおつまみにも合いますよ。

らっきょう和風ドレッシング

らっきょうをみじん切りにしてごま油と炒めたら、お好みの和風ドレッシングと混ぜてみてください。
私のおススメは「塩ドレッシング+きざみらっきょう」です。
チョレギサラダにかけると最高ですよ!

いろんな料理のアクセントにらっきょうをぜひ使ってみてくださいね(^^)

らっきょうの効果・効能のまとめ

らっきょうの効果・効能について、参考になりましたでしょうか?
最後に今回のまとめです。

  • らっきょうの主な効果・効能は3つ
    1) 血液をサラサラにする効果
    2) 脂肪や老廃物をためこまない
    3) 美肌効果
  • らっきょうのめずらしい栄養素はこちら
    1) アリシン(硫化アリル)
    2) フルクタン
  • らっきょうは食べ過ぎると胃腸をいためる
  • 1日5粒前後が適量
  • 生のらっきょうを使って、いろんな料理にくわえてみる

お薬にも使われていたらっきょうには、すばらしい効果がたくさんありましたね!
また、らっきょうの仲間「エシャロット」にも、アリシンフルクタンがふくまれています。

個人差がありますが、生で食べる際はこのエシャロットの方が食べやすいかもしれませんね(^^)
もちろんエシャロットも加熱しても大丈夫です。

お好みの食べ方でらっきょうの効果・効能を手に入れましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - 食べ物