知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

七五三、3歳は被布を着るのはなぜ?意味は?単品レンタルはある?

      2017/05/12

3歳の子どもが、七五三の晴れ着の上からきているベストのようなものを「被布(ひふ)」といいます。

なぜ被布を着るのか、ご存知ですか?

今回は七五三の3歳のお祝いを迎えるママのために、被布について調べてみました。

着物は持っているけど、被布はどうすればいい?

単品レンタルはあるの?

そんなお悩みに、ぜひお役立てくださいね。

スポンサーリンク

七五三、3歳は被布を着るのはどんな意味があるの?

そもそも七五三の始まりはどんなものだったのでしょうか?

その歴史は平安時代や室町時代などの説があります。

当時は今と比べると乳幼児の死亡率が高かったため、こどもが7歳になるまでの通過儀礼として段階的に成長を祝っていました。

数え年で、

  • 3歳は男女共、生まれてからずっと剃り続けていた髪を伸ばしはじめる「髪置(かみおき)」
  • 5歳は男の子が初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」
  • 7歳は女の子がそれまで着ていた紐付きの着物に代わって、本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをする「帯解(おびとき)」

という儀式を行ったのが七五三の由来だと言われています。

つまり女の子の衣装は7歳から大人と同じような帯を締めますが、3歳では帯を結ばなくていいということです。

そこで正式な帯を結ぶ代わりに、被布を着せるようになってきました

また、帯を結ぶよりも簡単で短時間で着付けできるのも、被布の便利な点です。

普通の着物に比べて着付けは簡単とはいえ、3歳の幼い子どもにとって、じっと我慢して着付けられるのは難しいもの。

慣れない帯の締め付けや重さでご機嫌が悪くなったら、楽しくお祝いできませんよね。

被布はもともと防寒着とされていたので、着なければいけないというルールはありません。

ですが、七五三の3歳の子どもには、お祝いを華やかに彩る衣装であり、合理的な衣装という点で、被布を着るのが主流となっているようです。

7歳になると帯を結ぶため被布を着ることはないかと思います。

子どもらしいコロンとしたシルエットが可愛い被布姿は、3歳の特権とも言えますよ。

shichigosan-happi-1

ちなみに上で書いたように被布は防寒着の役割もあります。

被布には中綿が入っているものもあるので、神社や会食などで室内にいる時は暑くて脱ぐことがあると思います。

その時に、腰紐で結んだだけというわけにはいかないので、外出する場合は兵児帯(へこおび)を結びます。

浴衣を着る時のクシュっとした帯なので、結び方は簡単。

写真スタジオで着物をレンタルする場合、兵児帯が入っていないことがあるので、外出予定がある人は確認しておきましょう。

帯の結び方が丁寧に説明されてる動画です。

本格的な着付けが紹介されているので、勉強になりますよ。

七五三用の被布は単品で買える?レンタルは?

七五三の3歳のお祝い着は、お宮参りの時の初着をお直しして着せる方が多いようです。

フルセットでレンタルするのでなければ、被布は単品で用意しないといけませんよね。

被布は七五三に限らず、お正月や桃の節句などでも着られるので、何度か使うことを思えば、この機会に揃えておくといいですね。

通販やオークションでも買うことができるので、準備されている着物の色柄に合わせてお好きな被布を選びましょう。

これからあまり和装の機会がないなら、レンタルがオススメです。

大手のDMM.comが運営する「DMMいろいろレンタル」なら被布を含めた七五三用のセットをレンタルしています。

▶ DMMいろいろレンタル|七五三の衣装を手軽にレンタル!

私は前に浴衣をレンタルしたことがあるのですが、ポチッと選んで注文するだけで届いて、返却のときには届いたボックスに入れて返すだけだったので、とっても簡単でした!

ぜひこういう便利なサービスも使ってみてください。 

七五三用の被布はどんなものを選べばいい?

七五三の被布は着物との相性を考えて選びましょう。

ポイントをいくつかご紹介します。

柄×無地

花や縁起物などの柄ものの着物と合わせるなら、白や同系色または反対色の無地を選ぶとバランス良くまとまります。

逆に着物が柄の少ない無地に近いものなら、賑やかな柄の被布をチョイスしましょう。

赤×ピンク

女の子が大好きな色の組み合わせは、元気な3歳の女の子にぴったりですね。 

オールマイティな白

白地の落ち着いた被布はいろんな色柄の着物に合うので、迷ったら白と覚えておくといいですね。

男の子にはシックなモノトーン

3歳の男の子を祝う場合も、上に書いた理由により袴は5歳で着るものとされているので、初着に被布を身につけるようです。

華やかな女の子に比べ、男の子の被布はぐっとシックな印象の黒やグレーが人気だそうですよ。

七五三の被布のまとめ

七五三で着る被布は、正式なルールがあるものではないようですが、子どもやママにとってメリットが大きいので、ぜひ着せてあげましょう。

可愛い晴れ着姿で、素敵な七五三を迎えてくださいね。 

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - 七五三