知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

七五三のお祝いのお返しは何がいい?金額の相場は?NGなものは?

      2016/11/15

七五三は、子供の成長と長寿を祈願する大切なお祝です。

親戚やおじいちゃんおばあちゃんから、お祝いをいただくことも考えられますよね。

その昔、七五三の子どものいる家庭では、母方の親で子どもの祖父母にあたる側が七五三の着物を一式用意する習わしでした。

今もその習慣が残っている地域もあるようです。

ですが現在では、写真スタジオのサービスなどで子どもの着物を格安でレンタル出来るようになり、1度か2度しか着ない着物を購入することが少なくなりました。

着物を贈る代わりに、七五三のお祝いとして金品を包むのが一般的になったようです。

基本的に七五三のお祝いにはお返しをしなくてもいいと聞きますが、身内からのお祝いといってもお返しをしないのは何となく気になります。

そこで、他の家庭ではお返しについてどうしているのか、金額の相場はいくらくらいなのかなどを調べてみました。

スポンサーリンク

七五三のお祝いのお返しの金額の相場はどれぐらい?

shichigosan-oiwai-okaeshi-1

基本的には子どもの七五三のお祝いにお返しは必要ないとされているものの、お返しをまったくしないのも気持ちが落ち着きません。

お参りのあとで食事会をしない場合や、地域・家庭のやり方がある場合にはお返しとして「内祝い」の品を贈っているようです。

一口に「内祝い」と言っても、どのくらいの物をお返しすればいいのか迷います。

お返しの金額の相場は、お祝いにいただいた金額の3分の1から2分の1程度と言われています。

お祝い以上にお返しをしないのはもちろんですが、おじいちゃんおばあちゃんからのお祝いだと、孫に使って欲しいという気持ちがあると思いますので、あまり高額な品をお返しするのも考えものですね。

それまでのお付き合いの雰囲気と金額の相場を照らし合わせて、贈る品物を決めるといいでしょう。

七五三のお祝いのお返しにはどんなものがいい?

お返しの金額の相場もそうですが、お返しとして何を贈ると喜ばれるのかも考えなければなりません。

昔から一般的な七五三お祝い返しとして定番なのは、千歳あめ赤飯菓子折りなどです。

千歳あめについては、子どもの成長が祈願されているので、ご利益のおすそ分けという意味で昔からお返しとして使われてきました。

七五三のお返しということがすぐにわかるものでもあります。

自分の子どもに贈るものとは別に、お返し用としてのし袋入りの物も販売されています。

また、お礼状も必ずつけます。

年齢によりますが、子どもに書かせるのもいいですね。

1.おじいちゃんおばあちゃんへのお返し

出来るようでしたら、お返しとして七五三のお祝いの食事会をもうけるのが一番喜びそうです。

一番近い親族ですので、あまり形式にこだわってお返しを贈られるのも他人行儀と思われるかもしれません。

遠方に住んでいて食事会などが難しい場合は、菓子折りなどに七五三の記念写真と孫からの手紙を添えて贈るといいのではないでしょうか。

2.親戚へのお返し

親戚からのお祝いであれば、高級和菓子の菓子折りブランドタオル洗剤などの日用品がいいでしょう。

消えものの方が相手にとっても負担がないと思います。

ごく近い親戚でしたら七五三のお参りの時のスナップ写真を添えるのもいいですね。

3.近所の方や友人へのお返し

お祝いをいただいた方との関係性や金額にもよりますが、いただいたお祝いの額が少額であれば千歳あめ赤飯などで十分だと思います。

お祝いの額がきちんとお返ししなければ気が済まないような額であれば、日用品や高級和菓子の菓子折りなどを贈るといいでしょう。

こちらの動画でも神社がたくさんの千歳飴を準備していますね。

七五三のお祝いのお返しにしたらNGなのものは?マナーや注意点

shichigosan-oiwai-okaeshi-2

七五三のお祝いのお返しの品物は「内祝い」として贈ります。

お祝い事ですから縁起をかつぐ意味でもマナーや注意する点があります。

子どものお祝い事に水を差さないためにも、お返しの仕方にも配慮しましょう。

1.お返しの時期

お祝いをいただいてからお返しをするまでの目安は、1週間から遅くとも2週間以内です。

出来るだけ早くお返しをするのがマナーですが、どうしてもすぐにお返しができない場合は、出来れば先に電話でお礼を伝えて、お祝いをいただいてから1ヶ月以内にはお返しするようにしましょう。

2.贈り物のタブー

お祝い事ですから、お返しとして贈る品物にもタブーがあります。

次のような品物は縁起が悪いので避けます。

  • 陶器やガラスなど割れたり壊れたりしやすいもの
  • はさみや包丁、ナイフなど切る道具は縁が切れると言われマナー違反 

3.のしの種類と書き方 

  • のし紙 ~ 紅白の水引で蝶結びのもの
  • 表書き ~ 上段に「七五三内祝」または「内祝」、下段に子どもの名前

4.お礼状をつける

お礼状も必ずつけます。

年齢によりますが、子どもに書かせるのもいいですね。

七五三のお祝いのお返しまとめ

いかがでしたか?

お返しを考える上でのポイントは3つです。

  • 基本的にお返しはしなくてもいい
  • 気になる場合は負担にならない物を贈る
  • いただいた金額の3分の1から2分の1程度にする

七五三のお祝いは基本的にはお返しは不要だということがわかりましたが、いただきっぱなしも何となく気が引けますよね?

基本的には不要ということなので、あまり悩み過ぎずに感謝の気持ちが伝わる品物をお返ししましょう。

気持ちよく、子どもの七五三をお祝いしたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - 七五三