知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

夏風邪で高熱が大人でも出た時の対処法や治し方!注意点も

      2018/07/02

大人になってからの夏風邪ってけっこうツライですよね…。
場合によっては40度近くの高熱がでることもあります。
そんなとき、どうすれば早く治すことができるのでしょうか?

私も夏風邪で高熱がでた経験があるのですが、そんなときにかぎって家に誰もいなくて大変な目にあいました(^^;
なんとか熱をさげる方法はないかと一生懸命探したものです。

しかし残念ながら夏風邪には特効薬になるものがありません
それどころか、まちがった風邪薬の飲み方をしてしまうと、逆に夏風邪を長引かせてしまうことも…!

今回は、夏風邪で高熱がでたときの対処法についてご紹介します!

スポンサーリンク

夏風邪で大人でも高熱がでたときの対処法や治し方は?

夏風邪を治すには免疫力を高めて、対症療法をしながら自然に回復するのをまつことになります。
薬を飲まなくても治るのですが、正しい対処法によって早く熱をさげることができるんです。

早く夏風邪を治すための対処法はこの4つです。

  1. 十分な睡眠をとる
  2. 水分をしっかりとる
  3. 体を暖める
  4. 消化にいい食事をとる

1)十分な睡眠をとる

睡眠は夏風邪を治すのに一番効果的な方法です。
高熱で寝苦しいときは、首回りアイスノンなどで冷やしてみたり、冷感まくらを使ってみて下さい。

冷えピタなどで直接頭部を冷やすよりも、首回りを冷やすと脳へ送られる血液をさますことができます。

2)水分をしっかりとる

高熱がでているときは、体の熱を下げようとして普段よりたくさん汗をかくため、「脱水症状」になることがあります。
脱水症状については次の章でくわしくご紹介しますが、夏風邪と一緒に脱水症状にまでなってしまうと大変です。
夏風邪で高熱がでたときは、こまめに水分補給をしてください。

また、汗をかくと水分だけでなく、

  • ナトリウム
  • カリウム

などのミネラル類も失われます。
水分補給にはミネラル類も一緒に補給できる

  • ポカリスエット
  • アクエリアス
  • DAKARA

などのスポーツドリンクがおすすめです。

余談ですが、スポーツドリンクは「糖分」がふくまれているので、飲んだあと口内がねばつくことがあります。
そんなときは、スポーツドリンクをうすめて飲むと、ねばつきがやわらぎますよ(^^)
粉末タイプなら濃さを自由に調整できますね。

3)体を暖める

高熱がでるということは、体がウイルスと戦っている証拠です。
なので、発熱しているときは体を冷やしすぎず、なるべく暖めるようにしてください。
体を冷やしすぎると高熱が長引くことがあります。

あまりにも高熱の場合は、上記で紹介したように首回りを冷やしてあげてください。
どうしてもツライときは「解熱剤」を使うのもひとつの方法なのですが、解熱剤を飲むときは注意が必要です。
くわしくは次の章をご確認ください。

4)消化にいい食事をとる

夏風邪で高熱がでると、消化器官の働きが弱くなります。
消化の悪い固形の食べ物だと、お腹を壊してしまうかもしれません。

エネルギー補給には消化のいい

  • おかゆ
  • うどん
  • ヨーグルト

などを食べてください。

夏風邪で大人でも高熱がでたときの注意点やポイントは?

高熱がでたときの注意点・ポイントをまとめてみました。

  1. 脱水症状に注意
  2. 解熱剤はなるべく飲まないこと
  3. 寝汗をかいたら、こまめに着替える

1)脱水症状に注意

高熱が原因で脱水症状になることがあり、脱水症状になると夏風邪とはちがう症状がでてきます。

  • 倦怠感
  • 立ちくらみ
  • ノドのかわき
  • 肌や唇の乾燥
  • 頭痛
  • 悪心や吐き気

眠っている間は特に水分がなくなりやすくなっています。
起きたときは必ず水分補給をするようにしてくださいね。

2)解熱剤はなるべく飲まないこと

基本的に夏風邪になったときは解熱剤を飲まない方がいいです。
解熱剤は免疫力の働きをおさえてしまうからです。

熱がツライからといって解熱剤を毎回飲んでいると、夏風邪が長引いてしまいます。
ですので、解熱剤を飲むときは、

  • 熱が高すぎて眠れない
  • 熱のせいで体が痛む

など、どうしてもツライときだけ飲むようにしてください。

3)寝汗をかいたら、こまめに着替える

高熱のときにこまめに着替えをするのは少し面倒ですよね。
ですが、夏風邪のウイルスは湿気を好むものが多いので、汗でぬれたパジャマのままだとよくありません。

少しでも着替える手間をはぶくために、シーツの上にバスタオルをひいておくのもいいですよ!

夏風邪で大人でも高熱がでてしまう原因は?

夏風邪をひいてしまう原因はウイルスにあります。
夏のウイルスの代表的なものは、

  • エンテロウイルス
  • アデノウイルス
  • ライノウイルス

などです。

大人は「ライノウイルス」というウイルスによって、夏風邪を引いてしまうことが多いです。
ライノウイルスの症状は、

  • セキや痰(たん)はあまりでない
  • 鼻水がでる
  • 高熱がでる

という特徴があります。
大人でも高熱がでてしまうのは、このウイルスが原因だったんです。

このウイルスは寒さに弱く、冬よりも高温多湿な夏に活発化し、気温が上昇してくる6~8月がピークになります。
暑さで免疫力がおちやすい時期でもあるので、日頃の体調管理に気をつけてくださいね。

夏風邪で大人でも高熱がでたときのまとめ

夏風邪で高熱がでたときの対処法について、参考になりましたでしょうか?
最後に今回のまとめです。

  • 夏風邪で高熱がでたときの対処法は4つです。
    1)十分な睡眠をとる
    2)水分をしっかりとる
    3)体を暖める
    4)消化にいい食事をとる
  • 夏風邪で高熱がでたときの注意点とポイントはこの3つです。
    1)脱水症状に注意
    2)解熱剤はなるべく飲まないこと
    3)寝汗をかいたら、こまめに着替える
  • 大人の夏風邪は「ライノウイルス」が原因の場合が多いです。
  • ライノウイルスは高熱がでる特徴があります。
  • ライノウイルスは6~8月が活発になります。

大人もかかる夏風邪ですが、安静にしているのが一番です。
快適にすごせる状態でゆっくり休み、1日も早く回復させてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - 夏風邪