知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

夏風邪で喉がおかしい時の治し方は?期間はどれぐらい?

      2017/07/27

夏風邪にかかった人のほとんどにみられる症状が喉の痛みです。

夏風邪は特効薬がなくてなかなか治しづらいために、喉の痛みも長引いてしまいますよね…。
冬の風邪のように、温めて湿度をあげればよいというものでもないので逆に厄介です(汗)

今回はそんな厄介な夏風邪で

  • 喉がやられてしまったときの治し方
  • 喉がやられてしまう原因
  • 治るまでの期間や注意点

などについて説明します!

スポンサーリンク

夏風邪で喉がおかしい時はどうやって治す?

喉を潤す

summer-cold-throat-2

喉がおかしい時の治し方として、最も簡単なのがのど飴です。

あめをなめることで唾液が分泌されて、喉にうるおいをあたえます。
さらに、唾液には殺菌作用もあるため喉の痛みが和らぎます。

「はちみつ」や「しょうが」が含まれているものだとなおいいですよ!

喉を温める

summer-cold-throat-4

喉を温めることで菌の繁殖を防いで、炎症を和らげてくれます。
熱いお湯や緑茶には殺菌作用があり、ただ飲むだけでも痛みが軽減が期待できます。

暑い夏ですが喉を痛めているときは「ネックウォーマー」や「タオル」を巻いたりして、喉を冷やしすぎないようにしましょう。

夏風邪で喉がやられてしまう原因は?

summer-cold-throat-1

夏風邪の原因はウイルスです。
よくみなさんが聞いたことがあるのは、

  • エンテロウイルス
  • アデノウイルス

あたりではないでしょうか。

このウイルスは喉に症状が出るウイルスの代表的なものです。

そもそも夏風邪に限らず、風邪をひいた時やひき始めに喉が痛くなることが多いと思いませんか?
それは乾燥した空気を吸うことで喉の粘膜が乾き、そこにウイルスや菌がくっついて炎症を起こすことが原因です。

夏はエアコンを1日中つけていたり、つけたまま寝ている人もいるのではないでしょうか?
夏風邪で喉がやられてしまう大きな原因の一つが、このエアコンです。

特に寝ている間もエアコンをつけたままの人は、除湿された冷たい空気をずっと吸い込んでいることになります。

昼間と違い水分をとることができないため、口の中がカラカラの状態で朝をむかることになります。
そうするとその乾いた粘膜にウイルスや菌がくっついてしまうのです。

夏風邪で喉がおかしい時はどれぐらいで治る?

summer-cold-throat-5

夏風邪は、なかなか治らなくて長引く印象がありますよね。

その理由は室内と室外の気温差・温度差にあります。
それによって自律神経が乱れたり、免疫力が低下したりするからです。

また前述のウイルスは、高温・多湿で活発化するということも要因になっています。

ですので「治りかけてもまた症状が悪化する」ということを繰り返してしまいやすいのです。

  • 熱は下がったが、喉の痛みが続いている
  • 咳だけが残る

といった一部の症状が続くことも多いです。
やっかいですよね…(涙)

私も夏風邪になると、だいたい1週間ぐらいはいつも安静にしています。
長い人では2〜3週間ぐらい症状が続く人もいるそうです。

夏風邪で喉がおかしい時の注意点は?

summer-cold-throat-6

基本中の基本ですが、外から帰ったら手洗い・うがいが大切です。

これは冬場だけではなく、夏場もしっかりとやりましょうね。

  • 喉にくっついているウイルスや菌を洗い流す
  • 喉を潤す

という効果があります。

喉の乾燥を防ぐために寝るときだけでもマスクをしたり、エアコンはタイマーにするなどして工夫しましょう。
扇風機をうまく使うことも一つの方法です。

夏風邪のときのマスクや、扇風機の上手な使い方についてはこちらの記事も参考にしてくださいね!

夏風邪でマスクをするのは効果あるの?暑いし変に思われない?

扇風機に保冷剤で簡易クーラー!ハッカ油をプラスでさらに涼しい!

夏風邪で喉がおかしい時のまとめ

いかがだったでしょうか?
もう一度ポイントをまとめておきますね。

夏はエアコンで乾燥した空気を一日中吸い込むため、喉の粘膜が渇きウイルスや菌がくっつきやすくなっています。

喉がおかしい時に治す方法は、

  • のど飴で喉を潤す
  • 熱い緑茶で殺菌&喉を温めて菌の増殖を防ぐ
  • ネックウォーマーやタオルで喉を冷やさないようにする

などがあります。

エアコンで室内と室外の気温差が激しいと、自律神経が乱れたり、免疫力が低下したりしてしまいます。
夏風邪になるとだいたい1週間から、長い人で2〜3週間症状が続く場合があります。

予防する方法は、手洗い・うがいです。
寝る時にマスクをしたり、エアコンはタイマーにしたりして工夫しましょう。
扇風機をうまく使うのも1つの方法です。

症状が出る前に日頃から予防につとめるようにしてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - 夏風邪