知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

お中元を贈る時期はいつからいつまで?守るべきマナーは?

      2017/03/30

お中元とはお世話になっている方へのご挨拶として贈るのが一般的です。

でも、お中元を贈る時期って具体的にいつなのでしょう?

知っておきたいお中元の時期とそのマナーをご紹介します。

スポンサーリンク

お中元を贈る時期はいつからいつまで?

summergift_manner_1

お中元を贈る時期は関東圏関西圏で違いが出てきます。

関東圏は7月1~15日くらいまでで、東北・北陸方面もこれぐらいの時期になります。

一方、四国等を含む関西圏では7月15日~8月15日ぐらいまでと期間が長くなります。

つまり、全国的には7月15日ごろにお中元を贈ると失礼には当たらないというわけです。

最近では宅配サービスを利用して、お中元を6月中頃から届ける方も増えてきており、年々早めにお中元を送る傾向にあるようです。

時期を過ぎてからお中元として渡すよりも少し早めに贈った方が失礼にはならないという事なのでしょうね。

お中元を贈る時期|地域別

地方別にお中元の時期を調べてみました。

お送りする方の地域の参考にしてみてください。

  • 北海道を含む東北地方:7月の下旬~8月15日
  • 関東地方:7月1日~7月15日
  • 東海地方:7月15日~8月15日
  • 北陸地方:こちらは地方の方はお住いの地域によって違うので無難な7月15日に届くようにするといいでしょう。
  • 近畿・中国・四国地方:7月15日~8月15日
  • 九州地方:8月1日~8月15日

九州地方だけ他の地方と比べるとかなり遅めの時期になります。

ですので、九州地方の方へお送りする際は少し気にかけてあげると良いでしょう。

動画も参考にしてみてください。

お中元を贈る時のマナーや気をつけることは?

summergift_manner_2

基本はお中元をお贈りする相手のお宅へ直接ご挨拶に伺うのが礼儀だそうです。

今は宅配サービスなどでお世話になった方に感謝の気持ちを送ると言うのが一般的になっています。

「贈ってはいけない人」はというのは特にありませんが、学校の先生会社の上司へお中元を送るのを禁止している場合がありますのでよく確認をして下さい。

持参する場合は午前10時~11時など食事時を外して伺う方が良いでしょう。

早朝や遅い時間もやめた方がいいです。

また、持参する前に相手方に連絡をしておくとなお良いでしょう。

連絡無しでうかがう場合は玄関先でご挨拶してからお中元をお渡し、すぐに帰る方が失礼にはなりません。

宅配でお中元を送る場合は、送り状を先に先方へ送っておきましょう。

送り状とは、お中元を送る相手へ日頃の感謝とお中元を送るという事を書いた簡単な挨拶状です。

一方で、お中元で贈ってはいけない物があります。

靴下やスリッパなどの身に付けるものは特に目上の方に贈ると失礼になります。

ハサミや刃物類も縁を切ると言うイメージが付くのでダメです。

お花を贈る方も中にはいらっしゃると思いますが、その場合は花言葉などに注意してください。

金券・食事券などは金額が分かってしまう上に「恵(めぐ)んであげる」と言った意味を含みかねないのでやめた方がいいです。

お中元の相場はどれぐらい?

みなさん気になるのがお中元の相場です。

一体どれぐらいの価格でお中元を購入されているのでしょう?

ずばり、お中元の平均金額は3,500円前後、と無難な値段ですね。

翌年が安くなったりしないようにこの辺りの値段設定が妥当なのでしょう。

贈る相手によっても値段は変動してくる場合があります。

例えば、習い事の先生や親戚等には2,000円~3,000円前後、仕事でお世話になった先輩や(送っても大丈夫な)上司の方には、5,000円前後と言った具合です。

お中元の時期とマナーまとめ

意外と知らないお中元のマナーでしたが参考になりましたでしょうか?

お世話になった方への感謝の気持ちを表すのにもマナーが分かっていないと伝わらなかったり、誤解が生まれたり。

相手が不快な気持ちにならないように最低限のマナーを知っておきましょう。

お中元のお礼状についてはこちらの記事をご確認ください。

お中元のお礼状、メールはOK?知っておきたいマナーや例文!

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - お中元