知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

大雪山の紅葉2016の時期や見頃はいつ?銀泉台に行くには?

      2016/11/26

大雪山(たいせつざん・だいせつざん)とは、北海道の中央部に位置する火山群の名称です。

面積はなんと神奈川県とほぼ同じ広さで、国の特別天然記念物(天然保護区域)に指定されている素晴らしい日本の名所です。

そこで今回は大雪山の紅葉の時期や見頃についてご紹介します。

スポンサーリンク

大雪山の紅葉の時期はいつ?

taisetsuzan-kouyou-1

大雪山の紅葉は、日本で一番早いと言われています。

その大雪山の紅葉の時期は、全体的に9月いっぱいです。

10月に入ってしまうと少し遅く、11月は完全に時期を外してしまいます。

大雪山系の紅葉を見に行かれるのであれば、9月に予定を組むようにしましょう。

大雪山の紅葉、一番の見頃は?

9月中旬が大雪山の紅葉の一番の見頃です。

また、大雪山系の山々の中でも旭岳が一番に紅葉のシーズンを迎えます。

旭岳は北海道最高峰の大雪山系で、標高は2,291mとなります。

旭岳は早い年だと8月下旬頃から山の木々に色が付き始め、9月上旬から中旬に最高の見頃を迎えます。

この時期を狙って大雪山に訪れてみるのもいいでしょう。

少し見頃の時期からズレてしまいますが、2016年は9月19日(月)が敬老の日なので、17日(土)18日(日)と三連休になります。

大雪山の紅葉を見に行くのにちょうどいい連休です。

家族で行かれるのであれば、この三連休がおススメです。

大雪山の紅葉、もっとも美しい場所は銀泉台

大雪山系の紅葉で最も美しいと言われているスポットがあります、それは赤岳・銀泉台です。

まずは銀泉台の基本情報をご紹介します。

場所

北海道上川郡上川町 大雪山国立公園層雲峡

問い合わせ先

電話番号:01658-2-4058

FAX:01658-2-1220

メール:kankou@town.hokkaido-kamikawa.lg.jp

参考サイト

北海道上川町| 紅葉情報

駐車場

無料

銀泉台の例年の色づき始めが9月上旬で、例年の見頃が9月中旬から下旬になります。

ツアーを組まれていたり、ロープウェイが乗れたり、シャトルバスが出ていたり。

初めて大雪山の紅葉に行かれる方は、ぜひこの銀泉台に行ってみてください。

下記のサイトでは、赤岳の登山口からの紅葉レポートを掲載しています。

見頃を過ぎてしまってから山を登ったようなのですが、それでも山にはまだまだ赤やオレンジ色の木々が見えます。

ぜひご覧になってみてください。

銀泉台(大雪山赤岳)観光レポート

大雪山の紅葉、銀泉台へのアクセスやマイカー規制は?

銀泉台の駐車場へは「旭川紋別自動車道上川層雲峡IC」から約49kmで着きます。

登山口にも近くておススメです。

林道が続くので運転にはくれぐれもご注意下さい。

紅葉の名所・銀泉台ですが、自然保護や渋滞と交通事故の防止の為にマイカー規制と呼ばれるものがあります。

銀泉台周辺の一部区間で交通規制がかけられます。

期間は2016年9月12日(月)~9月25日(日)までです。

交通規制がかけられる線の詳しい開始時間をご紹介します。

道道・銀泉台線

9月12日(月)19:00 ~ 9月23日(金)17:00

町道・高原温泉線

9月16日(金)19:00 ~ 9月25日(日)17:00

区間は以下の地図をご覧ください。

車両交通規制周辺地図

交通規制がかけられる間はシャトルバスが運行されます。

運行カレンダーはこちらをご覧下さい。

シャトルバス運行日

料金時刻表はこちらです。

シャトルバス時刻表・料金

公共交通機関をご利用の方はJR石北本線上川駅が最寄り駅となります。

そこからシャトルバスに乗り換えとなります。

大雪山の紅葉まとめ

今回ご紹介します動画は、銀泉台の紅葉を収めた映像です。

北海道の絶景として2015年に撮影されたものです。

秋の行楽シーズンにおススメの大雪山の紅葉にぜひ遊びに行ってみてください!

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - 紅葉