知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

多摩川花火大会2018の穴場スポットは?必見のハナビリュージョン!

      2018/05/11

神奈川県川崎市で行われるのが「多摩川花火大会」、東京都世田谷区で行われるのが「たまがわ花火大会」で、多摩川を挟んで同時に開催される花火大会です。

同じ名前で困惑されるかと思いますが、どちらも同じ日に行われる花火大会です。

川崎市から観るか世田谷区で観るか程の違いなのですが、今回は川崎市の多摩川花火大会についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

多摩川花火大会2018の開催日時は?

tamagawa-hanabi-anaba-1

神奈川県では1位2位を争う程、大人気の花火大会です。

開催日時を調べましたので参考にしてください。

開催日

2018年10月13日(土)

時間

打上時間 18:00~19:00

会場

川崎会場・上野毛会場

公式サイトはこちらです。

世田谷区たまがわ花火大会

荒天の場合、花火大会は中止になります。

翌日に延期などはありません。

多摩川花火大会2018のオススメの穴場スポットは?

おススメの穴場スポットはズバリ「河川敷」です。

多摩川の河川敷は広いので、河川敷沿いだと案外どこからでも花火を観る事ができます。

その中でもおススメの穴場スポットをご紹介します。 

宇奈根キャンプ場周辺の河川敷

多摩川花火大会打ち上げ場所から少し離れますが、世田谷区側から上がる花火の打ち上げ場所から近いので両方を楽しむ事ができる穴場スポットです。

また、混雑が予想される二子玉川駅を避けた久地駅が最寄り駅なので、帰りも楽になります。

外から多摩川花火大会を観るならぜひこちらを使ってみてください。

第三京浜道路下流河川敷

東名高速道路の下をくぐった先の河川敷です。

上流の方は有料席となっているのですが、下流でも花火は十分に楽しむことが出来ます。 

今回ご紹介した穴場スポットはどちらも河川敷なので、虫よけ対策を怠らないように気をつけましょう。

他にも河川敷に持っていくと役立つのが「ビニールシート」「ゴミ袋」「雨具」「虫よけスプレー」です。

コンビニやスーパーでお菓子やジュースなどを買って持っていくといいです。

前日からの場所取りは運営側から撤去される恐れがあります。

多摩川花火大会2018の打ち上げ場所はどこ?

tamagawa-hanabi-anaba-2

神奈川県側にある「多摩川花火大会川崎会場」から花火が打ち上げられます。

この川崎会場では多摩川花火を間近で見れる有料席が設けられています。

次はこの有料席についてご紹介します。

多摩川花火大会2018の有料席の入手方法は?

有料席のチケットはこちらのサイトから購入する事ができます。

47CLUB(よんななくらぶ)

川崎会場の有料席のチケットを購入することが出来ます。

価格は以下の通りです。

  • 1人用パイプいす:5,000円
  • 2人用ペアシート:13,000円
  • ファミリーシート(4人用):20,000円

嬉しい事にどのチケットにもお菓子とドリンクが付いてきます。

チケットぴあ

有名なチケット販売サイトです。

こちらからも多摩川花火大会のチケットを購入することができます。

川崎会場では限定でご当地アイドルのステージショーも予定されています。

もう一つの花火会場である上野毛会場の場所は以下の地図を参考にしてください。

世田谷区側にある二子玉川公園の中に会場はあります。

多摩川花火大会2018のチケット情報まとめ

ハナビリュージョンと呼ばれる音楽と花火のコラボレーションが多摩川花火大会の魅力です。

ナイアガラと呼ばれる花火の滝は迫力満点です。

スターマインと呼ばれる連続して打ち上げられる花火もすごいです。

ぜひ多摩川花火大会へ足を運んでみてください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - 花火大会