知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

タペストリーのシワ取りにアイロンは使える?お風呂の湯気はどう?

   

大切なタペストリー、保管していたらシワがついてしまってガッカリ…。
なんてこと、ありますよね。
買ってきたばかりのものでも、シワや巻きグセがついているなんてこともあります。

何とかしてこのシワをキレイにしたいところですが、アイロンシワ取りスプレーを使っても大丈夫なのでしょうか?
もし失敗して大切なタペストリーを傷めることになればさらにガッカリ…です(涙)

そこで今回は

  • シワ取りに効果的な3つの方法
  • 実践するときの注意点

などについてご紹介します!
カンタンにできるものばかりですので、シワをあきらめる前にぜひやってみてくださいね(^^)

スポンサーリンク

タペストリーのシワ取りにアイロンは使える?

シワ取りといえばやっぱりアイロン
ですが、タペストリーにアイロンをかけるとなんだか縮んだり生地を傷めたりしてしまいそう…(汗)

ポリエステル系の素材であれば、一概にダメというわけではありませんが、いくつか気をつけることがあります。
ここでは、アイロンを使ってタペストリーのシワ取りをするときのポイントをご紹介します!

1)アイロンの温度

アイロンの温度を高く設定しすぎると、生地が傷んでしまったり、変色してしまったりする危険があります。
最適な温度は「110℃~150℃」くらいで、温度の表記がない場合は「」くらいがちょうどいいです。

もし、「あんまりシワが取れないな」と感じたら、生地の状態を見ながらすこーしずつ温度を上げてくださいね。

2)アイロンのかけ方

必ずあて布をして、その上からかけていきます。
家庭にあるタオルハンカチでOKです。

インクのにじみや変色を防ぐため、裏側からかけていくと安心ですよ!
よりデリケートな素材であれば、はじっこのほうで試してみてからかけてみてくださいね。

3)アイロンがけの時の注意点

塩化ビニルの素材のものは、アイロンをかけると溶けてしまうことがあります!
この素材であれば、アイロンは避けた別の方法をおすすめします。
(次の章で別の方法をご紹介しますので参考にしてくださいね)

同じ場所で長い時間かけ続けていると、生地が変色してしまいます。
一度できれいにしようとするのではなく、素早く何度もかけて、少しずつシワを取っていくようにします。

スチームをかけると、シワ伸ばしには効果的です。
でも、かけすぎるとたるみの原因になってしまいますので、生地の状態を確認しながらおこなってくださいね(^^)

アイロンを使ったシワ取りの動画もありますので、こちらも参考にどうぞ!

しっかりあて布をして、同じ場所を何回か往復しているのがよくわかりますね♪

そうはいってもやっぱりアイロンは心配・・・。
そんな方は、次に紹介するシワ伸ばしスプレーを試してみてください!

シワ伸ばしスプレーでシワ伸ばし!

この生地だとアイロンは危険な気がするな・・・そんなときには「シワ伸ばしスプレー」を試してみてください!

シワ伸ばしスプレーは、一般的にはワイシャツなどのシワのついてしまったに使います。
これをタペストリーに使用すると、服と同じようにシワ伸ばしの効果が期待できます。

使い方は簡単、壁に吊り下げて上からシュッシュッとスプレーするだけ
こちらもインクのにじみや変色を防ぐため、からスプレーするとより安心ですね(^^)

この方法だと生地のいたみはあまり心配ないのですが、くっきりとついてしまったシワは取り切れないことがあります。
香りつきのものもありますが、タペストリーに使用するときには無香料のものがおすすめですよ!

シワ伸ばしスプレーはこんな商品です。

でもシワ伸ばしスプレーを買うのが面倒だし、家にあるもので代用できないかな…と思った人はいませんか?
そんな方のために、次はお風呂の湯気を利用するシワ伸ばし法をご紹介しますね!

お風呂の湯気でシワ伸ばし!

お風呂の湯気でしわを伸ばすという方法もあります(^^)

やり方は、いつも通りお風呂に入ったあと、浴室の中にタペストリーをつるしておくだけです。
この時、壁にひっつかないようにつるしてあげてくださいね♪

お風呂から出る湯気が、シワを伸ばしてくれるんです!
湯気を使ってシワ伸ばしをするので、お湯は入れたままで、フタも外しておきます。

アイロンやシワ伸ばしスプレーに比べて効果が出にくいのですが、より生地を傷めにくい方法です。
一度で直らなければ何日かに分けて何度もすることで、少しずつだんだんとシワが目立たなくなっていきますよ(^^)

生地を傷めにくい度合いとしては、「お風呂>シワ伸ばしスプレー>アイロン」なので、お風呂から順番に試してみるのもいいと思います!

タペストリーのシワ取りまとめ

タペストリーのシワ取りについてまとめてみましたが、いかがでしたか?
最後に大事なポイントをおさらいしておきますね。

  • タペストリーのシワ取りの方法は主に3つ
    1)アイロン
    2)シワ伸ばしスプレー
    3)お風呂の湯気
  • アイロンをかける時の注意点
    塩化ビニル系の素材のものにはアイロンを使わない
    ・温度は「110℃~150℃」もしくは「
    あて布をする
    裏側からかける
    インクのにじみや変色、生地の痛みがおこりやすい方法なので、状態をみながら少しずつやってみてくださいね。
  • シワ取りスプレーの注意点
    無香料がおすすめ
    ・シワが完全には取れないこともある
    かんたんで時間もかからず、生地へのダメージもあまりないため、気軽に試すことができる方法です。
    同じところにスプレーしすぎないように気をつけてくださいね!
  • お風呂の湯気の注意点
    ・浴室の壁につかないようにつるす
    ・一度では取り切れないことが多いので、何日かに分けてシワ取りする必要あり
    ・頑固なシワは取れない
    壁につかないようにつるすなど、少しだけ手間はかかってしまいますが、生地にはやさしい方法です。
    大切なものであれば、まずはこの方法を試してみるといいですよ(^^)

ひと手間くわえると、シワもスッキリ、きれいなタペストリーを飾ることができます。
ぜひ試してみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - 生活