知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

豚汁は冷凍保存できる?食感や栄養は失われない?保存のコツも!

      2017/09/28

ついつい作りすぎてしまった豚汁をみて、「冷凍保存ってできるかな?」と考えたことありませんか?

豚汁は簡単につくれるので、お鍋いっぱいに作ることがおおいですよね!
大きい鍋で作ったほうが野菜の出汁がしっかりでて、おいしくなる気もします(笑)

でも早く食べないと傷んでしまうし、1〜2日では食べきれないこともありますよね…。
そんなときに試してほしいのが今回ご紹介する豚汁の冷凍保存の方法です!
これで次からは豚汁を作りすぎてしまっても大丈夫ですよ(^^)

スポンサーリンク

豚汁は冷凍保存できる?

tonjiru-freezing-1

「豚汁って汁ものだけど、冷凍保存なんてできるの?」と疑問に思う方もいると思います。
わたしも最初はそう思いました。

でも意外にも、豚汁の冷凍保存は簡単にできるんですよ!
冷凍に向かない具材」だけを取り除いて、あとは豚汁を保存容器にうつしてお家の冷凍庫に入れるだけです。
(「冷凍に向かない具材」についてはこのあとの章で解説しますね。)

食べたい時は、

  • レンジで温める
  • お鍋でもう一度温めなおす

だけです。

でも、冷凍すると食感、それから栄養面は失われないのでしょうか?
それについては次の章で解説します(^^)

豚汁を冷凍した時に食感や栄養は失われない?

tonjiru-freezing-2

冷凍豚汁の

  • 食感
  • 栄養

の3つについてご紹介します。

1)食感

冷凍することで食感が変わる具材があります。
たとえば里芋などのいも類は、加熱してから冷凍すると食感が悪くなります
里芋ならまだましですが、豚汁にじゃがいもを使っている場合は、冷凍する時には取り除いた方がいいです。

また、こんにゃくは冷凍するとガムのような食感になり、食べられる代物ではなくなってしまいます(汗)
大根も水分が多いので、冷凍には不向きな具材です。

冷凍する時はこれらの具材を除いてから、保存容器に移すようにしましょう!

2)栄養

豚汁を含む汁ものやスープは冷凍しても栄養は大きく変わりません
食材の栄養が変わるのは加熱した時がほとんどです。

例えばビタミンCは熱に弱く水溶性なため、熱でなくなってしまうか、残っていてもスープに流れてしまいます。
ですので、冷凍したからといって豚汁の栄養が全部壊れたりすることはないと思って大丈夫です(^^)

3)味

冷凍した豚汁は、できたてと比べるとやはり味は少し劣ります
先ほどの食感と重複する内容ですが、冷凍することによって具材が固くなってしまったりするので、できたての豚汁のような味は、あまり期待しない方がいいでしょう。

しかし、保存期間は最長1か月とかなり長持ちです!
たくさん作った豚汁を残さず食べきることができると考えれば、冷凍保存はアリだと思いますよ(^^)

豚汁を冷凍保存する方法は?コツは氷水にあり!

豚汁を冷凍保存する時は、以下の手順でやってみてください。

  1. 一度豚汁を火にかけます。
  2. 鍋が軽くひたるぐらいの氷水を用意しておきます。
  3. 沸騰したら火を止めて、鍋ごと氷水に入れて豚汁を冷まします。
  4. 熱が取れたら、豚汁を保存容器に移します。
  5. 他の冷凍物が痛まないように、しっかり冷ましてから冷凍庫に入れて完成です。

ここで、「なぜ氷水で冷やすのか」と疑問に思った方もいると思います。

氷水で豚汁を急速に冷やすことで、食中毒菌が繁殖しやすい最適温度を速やかに通過させることができます。
食中毒菌やその他の菌を少なくすることで、豚汁の保存をより安全にすることができるんです(^^)

冷蔵・冷凍問わずこの方法はとても有効で、実際に大手飲食店でも使われているんですよ!

ただし、上記の方法を使っても、豚汁のおいしさを損ねてしまう具材があります。
先ほども紹介しましたが、豚汁を冷凍保存する場合は、以下の具材は省いてから上記の手順を試してくださいね。

  • こんにゃく
  • 大根
  • 里芋(こちらはお好みで)
  • じゃがいも

これらの具材は冷凍豚汁に適していませんが、何も捨てなくても大丈夫です。

こんにゃくは水と一緒にタッパーへ入れて、冷蔵庫で1週間は持ちます。
別の汁ものへ入れて使ってもいいですし、炒めものに入れて食感を増すのにも使えます。

大根は煮物に使うことができます。
その日のうちに煮物にしてしまうか、別皿に移して冷蔵庫で1日以内に消費してしまいましょう。

里芋とじゃがいもも大根と同様に、その日のうちに煮物にするか、冷蔵庫で保存して1日以内に食べきってしまうのがいいでしょう。

保存容器は、電子レンジ対応のタッパーがベストです。
小分けするのも簡単ですし、何よりも食べたい時にレンジでチンできるのが魅力です。

しかもタッパーなら、温めた冷凍豚汁をおわんに移さずそのまま食べることもできるので、時間短縮にも洗い物の節約にもなりますよ♪
100円ショップなら3つまとめて購入することができるので、ぜひ使ってみてくださいね!

豚汁の冷凍についてのまとめ

いかがだったでしょうか?
最後に今回の内容のポイントをまとめておきます。

豚汁を冷凍保存するときは「冷凍に向かない食材」を取り除いたあと、保存容器に入れて冷凍庫に入れます。

食べる時は

  • レンジで温める
  • お鍋でもう一度温めなおす

だけです。

冷凍することで食感が変わる、冷凍に向かない具材があります。

  • こんにゃく
  • 大根
  • 里芋
  • じゃがいも

は冷凍する前に取り除いておいた方がいいですよ。

栄養面は冷凍することで大きく変わることはありません

冷凍保存する前に、豚汁を冷やすときには「氷水」を使いましょう。
氷水で豚汁を急速に冷やすことで、食中毒菌が繁殖しやすい最適温度を速やかに通過させることができます。

保存するときには電子レンジ対応のタッパーを使うと、解凍する時に手間が省けて便利ですよ!

最後におまけで、豚汁を使ったアレンジレシピの動画をご紹介します。

一度豚汁の冷凍保存の方法を覚えてしまえば、料理を無駄にすることがないので便利ですよ♪
ぜひ試してみてくださいね(^^)

ちなみに豚汁のカロリーが気になる!という方はこちらの記事も参考にしてみてください。

▶ 豚汁のカロリーに要注意!ダイエット中でもOKな食べ方とは!?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - 保存