知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

結婚式の招待状の宛名を手書きするときのコツ!知っておきたいマナー

      2018/07/31

結婚式にはいろんなマナーがありますけど、手書きの招待状にもマナーがあるって知っていましたか?
とくに招待状の宛名は、送られた側が真っ先にみるところですよね。
注意しておかないと、大切なお客様に失礼な招待状を送ってしまうことも…!

手書きの招待状は結婚する二人の優しさや思いやりがみえるので、できるならぜひ手書きの招待状を作りたいものです。
そこで今回は、結婚式の招待状の宛名を書くときのコツやマナー、注意点をご紹介します。

スポンサーリンク

結婚式の招待状、宛名を手書きするときの書き方

宛名は送る相手の

  • 人数
  • 家族構成
  • 新郎新婦の関係

によって書き方が変わってきます。
手書きの場合どんな風に書くのがいいのか、くわしく見ていきましょう。

1)個人・友人宛

新郎新婦どちらかのお友達に送る場合は、その人の名前だけで問題ありません。
例えば、友達の田中くんだけ招待する場合は、「田中 一郎 様」と、フルネームで書くだけでOKです。

田中一郎様

2)本人とその家族宛

知人の家族も一緒に招待する場合は、ご主人の名前と、

  • 縦書きの場合は左側
  • 横書きの場合は下側

に「御家族様」と入れましょう。
とくに家族が多いご家庭なら、このひと言で家族全員招待するという意味になります。

  • 子どもの少ない家庭
  • 親族

は、家族全員の名前を書いてあげるとより親切ですね。

田中一郎様
御家族様

3)夫婦宛

ご主人のお名前にそえて、

  • 御奥様
  • 令夫人

と書きます。
奥様の名前を書く場合もありますが、それは新郎新婦に親しい人たちに限ります

ちなみに、奥様の名前を書くときは

  • 縦書きの場合はご主人の名前の左側
  • 横書きの場合は下側

に書くのがマナーになるので、気をつけてくださいね。

田中一郎様
御奥様

4)職場の上司宛

手書きの宛名で最もむずかしい「職場の上司」への招待状の宛名の書き方です。
縦書きの場合は

  • 会社名
  • 部署名
  • 所属先

などを右上に書きます。

そして、上司の名前の上

  • 役職
  • 肩書き

を書きます。
役職などは書き忘れやすいので気をつけてくださいね。

横書きの場合は左上に会社名と部署を、役職と肩書きは名前の頭に書きます。

  • 社長様
  • 部長様

とならないように注意してくださいね。

◯◯株式会社
部長 田中一郎様

5)恩師宛

お世話になった先生へ招待状を送る場合は、宛名の敬称に「先生」を入れても問題ありません

  • 校長先生
  • 教頭先生

など、役職がある場合はそちらも記入しましょう。
その場合は「校長○○○○先生」と書きます。

同じく、

  • 先生様
  • 校長先生様

とならないように注意してください。

校長 田中一郎 先生

結婚式の招待状、宛名を手書きするときのコツ

結婚式の招待状を手書きするときは、結婚式の担当プランナーにも相談してみてください。

招待状の文章はもちろんですが、

  • 同封する付箋の内容
  • 切手の料金

などの情報もくわしく教えてくれます。

絶対に失敗したくない!という人は、ぜひ一度プランナーさんとご相談してみると、いいプランを教えてもらえると思いますよ(^^)

結婚式の招待状、宛名を手書きするときの注意点

手書きの招待状で、最も気をつけていただきたいのが「キレイな字で書くこと」です。
一生懸命手書きで書いても、字が汚いと本末転倒になりかねません。

上手でなくてもかまわないですが、キレイに書くことが大切です。
キレイに書ける自信がない人は、無理せず印刷することをおすすめします。

また、手書きで宛名を書く場合は「毛筆」で書くのが正式とされています。
通常は「筆ペン」で書くことになると思うので、習字のように書かなければなりません。

筆ペンで書くのが苦手な人は「筆耕代行業者」へ依頼するという方法もあるので、そちらを使ってみてはいかがでしょうか?

逆に手書きよりも印刷の方がいいパターン

手書きの招待状を受け取ると「忙しい中わざわざ手書きで書いてくれて嬉しい」と思う人が多いです。
しかし、例外がいくつかあります。

手書きで招待状を書く場合、ほとんどは招待人数が少なく相手や両親の承諾を得ている方です。
招待客が多い場合は、手書きだと時間がかかってしまい、書き損じる可能性がぐんと上がります。

また、目上の人や会社の上司を招待する場合は、手書きだと逆に無礼と思われる事もありますので、会社や上司の雰囲気も考慮してくださいね。

(おまけ)横書きの招待状の書き方

縦書きと横書きとでは、筆の持ち方などがイマイチわかりづらかったりしますよね?
こちらの動画では、横書きの招待状の宛名の書き方をご紹介しています。

毛筆では

  • とめ
  • はね

などをキレイに書けると、全体的に文章がしまります
そのあたりを意識して書いてみてください(^^)

結婚式の招待状、宛名を手書きのまとめ

結婚式の招待状の宛名の書き方は参考になりましたでしょうか?
最後に今回のまとめです。

  • 友人や個人の宛名は、招待する人の名前だけでOKです。
  • 家族で招待する場合は、ご主人の名前と「御家族様」と書きます。
  • 夫婦を招待する場合は、ご主人の名前に「御奥様」とそえます。
  • 職場の上司を招待するときは、「会社名」と「役職」を忘れずに書きます。
  • 恩師を招待するとき、役職があるのなら名前の頭に書きます。
  • 「先生様」や「社長様」などの二重敬語に注意してください。
  • 絶対失敗したくない人は、結婚式の担当プランナーにも相談してみてください。
  • 手書きの招待状を出すときに一番気をつけるポイントは「字がキレイ」であることです。
  • 手書きの宛名を書く場合は「毛筆」で書くのが正式です。

手書きの招待状のいいところといえば「新婚夫婦のやさしさが見える」ところだと私は思います。
ステキな招待状をお客様に届けてくださいね(^^)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - 結婚・結婚式