知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

結婚式の招待状の返信でアレルギーを伝える時の書き方やマナーは?

      2016/11/20

結婚式といえば新たな人生の門出です。

親しい人の大事な門出に招待されるということはとても嬉しいことです。

披露宴では食事を楽しみながら幸せな一時を過ごすはずですが、人によっては気になるのが食べ物アレルギーでしょう。

ここでは結婚式の招待状の返信にアレルギーの旨を伝える書き方についてまとめます。

スポンサーリンク

結婚式の招待状の返信でアレルギーを伝える時の書き方は?

近年ではアレルギーの重大性が再確認され出しているので、招待状によってはアレルギーなどがあったら記入してください、といったような文言が入っていることもあります。

そういう時は遠慮せず、正直に書きましょう。

特にそういった文言がなくてもメッセージ欄にお祝いの言葉とは別に書き込むといいでしょう。

披露宴での料理にアレルギー食材が調味料として使われていたり、細かく刻まれて他の食材と混ざっていたりすると自力での除去は不可能ですし、アレルギー食材が入っていると分からず食べたら大変な事になります。

アレルギーは人によっては命に関わることもあります。

自分だけ違うメニューは迷惑になるから、と伝えなかったら当日式場で更なる迷惑をかけることになるのでしっかりと伝えましょう。

また、夫婦や家族で招待されており連名の場合は、「誰が」「何が」駄目なのかを分かりやすく、はっきりと明記しましょう。

新郎新婦は他のゲストとのやりとりもあるのに、自分のアレルギーで気を使わすのはやはり申し訳ない…と思っている方はお詫びではありませんが、招待状の返信を少し素敵なものにしてみませんか?

お祝いする気持ちとこの式を楽しみにしている気持ちを込めれば、新郎新婦は喜んでくれるでしょう。

結婚式の招待状の返信でアレルギーを伝える時のマナーは?

wedding-invitation-return-allergy-1

アレルギー欄がある場合はその食材を書くのですが、「卵」「小麦」といったような単語だけ書くのでは少しぶっきらぼうかもしれません。

「恐縮ですが、○○アレルギーがあるのでご配慮頂けると助かります」などと書くのがベターでしょう。

アレルギー欄がない場合は、メッセージ欄や空白部分にアレルギーについて書いておくといいでしょう。

欄がないのに書いたらからといってマナー違反にはなりません。

新郎新婦と親しい間柄であれば、事前に電話をして、お祝いの言葉と一緒にアレルギーの旨を先行して伝えておくのもいいでしょう。

また、アレルギーがない場合はアレルギー欄を空欄のままでも問題はありませんが「記入漏れ?遠慮して書いてないのでは?」などと新郎新婦に心配をかけるかもしれません。

アレルギーがなくても一言「特にアレルギーはございません お気遣いありがとうございます」など新郎新婦の配慮に感謝する姿勢があるととても好印象です。

結婚式の招待状の返信でアレルギーを伝える時の例文は?

wedding-invitation-return-allergy-2

ここではアレルギーがある場合、どのように伝えたらよいかの例文をいくつかご紹介します。

例1

「この度はおめでとうございます 恐れ入りますが卵アレルギーがあります ご迷惑をおかけしますがご配慮頂けると幸いです」

例2

「ご結婚おめでとうございます 大変恐縮ですが海老や蟹など甲殻類アレルギーがあります ご面倒をお掛けしますが宜しくお願い致します」

例3

「おめでとうございます 慶んで出席致します あと申し訳ないのですが小麦アレルギーがあります 大変お手数ですがご考慮頂けたら幸いです」

連名で招待されており、家族の誰かにアレルギーがある場合

例1

「ご結婚おめでとうございます 妻○○は蕎麦アレルギーがあります 大変ご迷惑をお掛け致しますがご考慮頂けると幸いです」

例2

「この度はお招きありがとうございます 私●●が小麦アレルギー、娘△△は牛乳アレルギーがあります 面倒な事を申し上げて大変恐縮です」

結婚式の招待状の返信でアレルギーを伝える時のまとめ

新郎新婦を囲み、他の参列者と幸せを分かち合いながら食事を楽しむのはとても素敵な事ですよね。

楽しい1日にするためにもしっかりとアレルギーを伝えて2人の門出をお祝いしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - 結婚・結婚式