知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

京都の紅葉の穴場スポットはどこ?地元の人しか知らないオススメ

      2016/11/21

秋になると木々は紅葉で色づき、春や夏とは違う顔を見せます。

桜の開花とはまた違う美しい雰囲気に惹かれて、紅葉を楽しもうと足を運ぶ方も多いのではないでしょうか。

ここでは紅葉の名所と言える京都の穴場スポットをご紹介します。

スポンサーリンク

京都の紅葉、穴場スポットはどこ?

kyoto-kouyou-anaba-2

紅葉の季節になると多くの観光客で賑わう京都

せっかくの紅葉狩りも人ばかりだとゆっくり楽しめない…そんな方のために京都の紅葉穴場スポットを一部ご紹介します。

白龍園(京都市左京区鞍馬)

子供服メーカーの青野株式会社が運営管理を行う白龍園

2012年の秋より、1日限定100人限定で一般公開を行うようになりました。

この白龍園での見せ場は「苔(こけ)」の美しさが一役買っているでしょう。

美しく管理された敷地内の至るところに苔がナチュラルな状態で繁っているのです。

あまりにも美しい苔なので、人に踏みにじられたりしないようにと苔の保護のために入場制限がかかっているのです。

もちろん秋の紅葉も美しく、庭園は素晴らしい光景です。

人混みで紅葉を楽しむよりも、ゆったりと静かに秋を愛でたい方は是非白龍園がおすすめです。

紅葉の見頃は例年では11月中旬から下旬です。

ちなみに観覧チケットは白龍園では販売されておらず、叡山電鉄の出町柳駅のみで入手することができます。

事前に予約しておくことも出来ず、当日販売を並んで買うことになります。

観覧チケットは白龍園特別観覧券(1,300円)白龍園特別観覧きっぷ(2,000円)のものがあります。

後者の特別観覧きっぷは、叡山電鉄の1日乗車券がついており、観光をして回る予定の方にはとってもお得なチケットでしょう。

住所

京都府京都市左京区鞍馬二ノ瀬町106

アクセス

  • 叡山電鉄「二ノ瀬」駅から徒歩でおよそ10分
  • 京都方面からはおよそ1時間
    JR京都駅→JR東福寺駅から京阪電鉄を経由→京阪出町柳駅から叡山電鉄に乗り換え
  • 大阪方面からはおよそ1時間半
    JR大阪駅→JR京橋駅から京阪電鉄を経由→京阪出町柳駅から叡山電鉄に乗り換え

kyoto-kouyou-anaba-1

清閑寺(京都市東区)

都会からやや離れた場所にひっそりと存在する清閑寺

観光名所の清水寺から徒歩で10分ほどの場所にあります。

大抵の方は清水寺に行くので、知る人ぞ知る、または地元民が紅葉を愛でています。

境内にはたくさんの「清閑寺もみじ」で溢れ、見る人を圧倒します。

高台にあるので京都の街が見渡せるのもポイントが高いでしょう。

なお、紅葉の見頃は例年では11月中旬から下旬です。

また、清閑寺には「平家物語」の悲恋のストーリー(動画参照)が関係していますので歴史好きな方は是非訪れてみてはいかがでしょうか。

住所

京都府京都市東山区清閑寺山ノ内町 京都府京都市東山区清閑寺山ノ内町11−1

アクセス

  • 京阪電鉄「清水五条」駅から徒歩でおよそ30分
    (バスあり。京阪バス「清閑寺山ノ内町」下車で徒歩5分)
  • 京都方面からはおよそ10分
    JR京都駅→JR東福寺駅から京阪電鉄を経由
  • 大阪方面からはおよそ50分
    JR大阪駅→JR京都駅で乗り換え→JR東福寺駅から京阪電鉄を経由

赤山禅院(京都市左京区)

「赤山さん」や「もみじ寺」の愛称で紅葉好きから親しまれている赤山禅院

敷地内には紅葉で溢れており、参道の紅葉の通り道が境内へと参拝客を誘います。

また、拝殿の屋根に置いてある猿の置物は厄払いをすると言われています。

しかしこのお猿さん、夜になるとイタズラをするので金網に入れられてしまっています。

紅葉と併せてこのお猿さんを見に行ってみてはいかがでしょうか。

紅葉の見頃は、例年では11月中旬頃です。 

住所

京都府京都市左京区修学院開根坊町18

アクセス

  • 叡山電鉄「修学院」駅から徒歩でおよそ20分
  • 京都方面からはおよそ50分
    京都地下鉄京都駅→三条駅から京阪電鉄を経由→京阪出町柳駅から叡山電鉄に乗り換え
  • 大阪方面からはおよそ1時間半
    JR大阪駅→JR京橋駅から京阪電鉄を経由→京阪出町柳駅から叡山電鉄に乗り換え


京都の紅葉、穴場スポットまとめ

いかがだったでしょうか。

わいわいと賑わう名所で紅葉を楽しむのもいいですが、静かな場所でそっと秋を感じるのも風情がありますよね。

この秋は是非、京都へ紅葉を楽しみに行ってみましょう。

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - 紅葉