知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

結婚式の余興ムービーの作り方は?企画段階から使用ソフトまで解説!

      2017/05/29

最近の傾向では、余興ムービーを上映する結婚式が約7割で、その多くはPCによる自作ムービーだといわれています。

では、みなさんどのように余興ムービーを作っているのでしょうか

その流れを調べてみました。

初心者でも扱えるムービー編集ソフトもご紹介するので、自作ムービーの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

結婚式の余興ムービーの作り方:企画

wedding-movie-make-1

結婚式の余興ムービーは大きく分けて2種類あります。

1.新郎新婦によるプロフィールムービー

ひとつは新郎新婦によるプロフィールムービーです。

新郎新婦の生い立ちから結婚式を迎えるまでの写真をスライドショーでつなげていくものが主流で、新郎新婦が主体となって作成します。

2.新郎新婦の友人によるお祝いメッセージ

もうひとつは新郎新婦の友人が取りまとめて作成し、新郎新婦のゆかりのある人々が次々と出演し、お祝いメッセージを伝えるものです。

企画の段階では、このような動画をベースに、新郎新婦の趣味や流行などでディテールを決めていきましょう。

動画サイトにはカップルの結婚式余興ムービーが数多く投稿されています。

たくさんの動画を見て、どんな内容にしたいかイメージを固めるといいですね。

結婚式の余興ムービーの作り方:スケジュール

wedding-movie-make-2

出演者が多い場合、事前にアポを取ったり、撮影の日時を決めるなど撮影以外の作業があるので、企画が終わった段階ですぐに取り掛かれるといいですね。

また、編集には相当の時間がかかることを覚えておいてください。

編集ソフトは多少のノウハウが必要になってくるので、事前に慣れておきましょう。

土日しか作業ができない場合はタイムリミットの1ヶ月前には編集作業に取り掛かれるようにしましょう。

全体のスケジュールは、

  • 写真編集が中心のムービーは約2ヶ月
  • 撮影した動画を編集する場合は3ヶ月

ほどのゆとりを持つことをおすすめします。

私が作成した時には、2週間前ぐらいのかなりギリギリから作業を始めてしまったのですが、最後の1週間は文字通り毎日徹夜でした…汗

動画制作にはものすごく時間がかかり、しかも作業しながら「こうしよう、ああしよう」と、どんどんアイデアや修正点が出てくるので、当初の予定よりも一瞬で作業ボリュームが膨らみます

2ヶ月、3ヶ月前からというのは大げさなスケジュールではなく、本当に現実的にそれぐらいから始めたほうがよいです。

結婚式の余興ムービーの作り方:作業

作業は素材集めから始まり、編集になります。

手順は以下の通りです。

プロフィールビデオ

 

  1. 写真集め
    新郎新婦のお互いの生い立ちから現在までの写真データを集めます。
    デジカメで撮ったデータが残っていればそのまま使えますが、プリントされた写真しかない場合はスキャンしてデータ化しておきます。
    スキャナーがない場合はコンビニのコピー機でも可能ですよ。
  2. BGM選び
    好きなBGMを選びます。
    新郎の生い立ち、新婦の生い立ち、出会いから現在の3ブロックで曲を変えるなどの方法があります。
  3. 編集
    ムービー編集ソフトを使って写真を編集しましょう。
    それぞれの写真には思い出やあたたかいメッセージを添えます。

 祝福ムービー

ここではスケッチブックリレーを例に作業の進め方をご紹介します。

  1. 構成
    新郎新婦ゆかりの出演者をリサーチし、リレーの順番を決めます。
    BGMも決めておくといいですね。
  2. アポ取り
    出演者にアポを取って、ムービーの趣旨を伝えるとともに撮影の日程を決めます。
  3. 撮影
    いよいよ撮影ですが、機材はいつも使っているデジカメ、スマホで大丈夫。
    編集を考慮して、撮影開始と終了の前後に数秒間の余裕を持たせると編集時に作業がスムーズです。
    前後のつながりは、そのつど確認を。

    それと別に、それぞれがカメラに向かって手を振っている場面を撮っておくと、エンディングなどに使えるので便利ですよ。

    遠方の方や撮影時にこられない方には自身で撮ってもらい、メールで送ってもらえば時間と交通費を節約できます。
    「こういう動画にしてほしい」と参考動画を添えて細かく説明しておくと、イメージ通りの動画が撮れます。

  4. 編集
    ムービー編集ソフトを使って写真を編集していきます。

結婚式の余興ムービーの作り方:注意点

余興ムービーを作る際の注意点として基本的なことですが、スマホのカメラを縦向きで撮影すると、編集の際に画面のサイズと合わず、小さく表示されてしまいます。必ず横向きで撮影しましょう。

三脚を使うと見やすさに差がつくので、ぜひ使ってください。

また、上映する結婚式場のフォーマットを確認しておく必要があります。

せっかく作ったのに規格が合わず、苦労が水の泡なんてことは避けたいですね。

また、ビデオカメラを使えばより動画のクオリティがあがります。

でも意外とビデオカメラを持っている人って少ないですよね。

周りにもなかなかいなかったりします。

ですのでそんなときはレンタルをしてしまうのも手です!

▶ DMMいろいろレンタル|ビデオやカメラを手軽にレンタル!

必要なときだけ使って返却も簡単なので、ぜひ参考にしてみてください。

結婚式の余興ムービーの作り方:使用ソフト

wedding-movie-make-5

余興ムービーの編集にはフリーソフトが便利で経済的です。

すでにWindowsならムービーメーカーMacにはiMovieという編集ソフトが搭載されているので、一度開いて操作を確認してみてください。

使い方などは動画を参考にしたり、オンラインで調べることができるので便利です。

・ムービーメーカー解説

・iMovie解説

その他初心者におすすめソフトは、

などがあり、使いやすいと評判です。

自分にあったソフトで始めてみましょう。

結婚式の余興ムービーの作り方まとめ

結婚式の余興ムービーの作り方はこのように、決して楽な作業ではありません。

プロに依頼すれば苦労せずに素敵な映像ができますが、思い出に残るムービーだからこそ、自分たちなりのこだわりを持ちたいものですね。

手作りのあたたかい感動的なムービーで、結婚式を盛り上げましょう。

ちなみにネタのアイデアについてはこちらで解説しているので、あわせて読んでみてくださいね!

結婚式の余興ムービー、鉄板ネタアイデア4選!感動させるポイントも

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - 結婚・結婚式