知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

ひな祭りにちらし寿司を食べるのはなぜ?由来や意味を解説!

      2017/01/31

1年1度の女の子の節句、ひな祭り
華やかなひな人形やおいしいお料理、女の子がいるご家庭では楽しみな日ですね!

ひな祭りといえば欠かせないのが「ちらし寿司」です。
でも、いつからちらし寿司が定番になったのでしょうか。
私が子どもの頃も食べていたので、ずいぶん前からだということだと思います。

確かに、彩りもきれいでひな祭りらしさを感じるごちそうです。
ひな祭りは古くからある行事なので、ちらし寿司も古い歴史があるのかと思っていたら、実はそうでもありませんでした。
ちょっと驚きですね。
でも、きちんと意味のあるごちそうでしたよ。

今回は、いまやひな祭りの定番となった「ちらし寿司」について、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

ひな祭りでちらし寿司を食べる理由とは?由来はあるの?

ひな祭り自体が古い歴史を持っている行事なので、用意するごちそうにも由来があるのではないかと思いますよね。
特に「ちらし寿司」はメインですから特別な意味を持っていそうだと私も思っていました。

が!
実はひな祭りで「ちらし寿司」を食べるのには、これといったいわれはないのです。

ひな祭りといえば「ちらし寿司」というくらい定着しているごちそうなのに、これはちょっと意外です^^;
ただ、諸説ある中で「ここからきているのでは?」と思われるものはあります。
ご紹介していきますね。

1.お祝い事では「寿司」を食べていた

「寿」を「司る」と書くように、「寿司」は縁起のいいものと考えられていました。
そのため、平安時代のむかしから何かお祝い事がある時には「寿司」を食べていました。

当時の寿司は「なれ寿司」という魚介類とご飯を一緒に発酵させたもので、お祝いの膳として食べられていました。

2.華やかな「ちらし寿司」が定番に

ただ「なれ寿司」は見た目があまり美しいとはいえません…
ひな祭りは女の子の華やかな行事ですから、彩り美しいごちそうを好むようになりました。
そこで登場「ちらし寿司」!
というわけです。

具材によって、とても美しく豪華に見える「ちらし寿司」が女の子のお祝いにふさわしいと考えられて、しだいに定着していきました。

ひな祭りに「ちらし寿司」を食べるようになったはっきりとした由来はないものの、お祝い事で「寿司」を食べる習慣があったので、時代とともに食べる「寿司」の種類が変わっていったのですね。

ひな祭りに食べるごちそうの定番といえば「はまぐりのお吸い物」もありますよね。
そちらについてはこちらで解説していますので、あわせて読んでみてくださいね!

ひな祭りにはまぐりを食べる由来や意味は?女の子ならではの理由が!

ちらし寿司の具の意味とは?

一般的な「ちらし寿司」は、彩りが華やかで見た目にもとてもおいしそうですよね!
「ちらし寿司」を食べる由来がはっきりしないと言っても、縁起もののごちそうですから、彩りだけを考えた具材だけではありません。

代表的な具材には、きちんと意味がこめられていますのでご紹介していきます。

1.えび

えびは、赤い色が縁起がいいのと、「腰が曲がるまで」という意味で長生き」を意味するものです。
また、脱皮を繰り返すことから成長」を祈願しています。

2.れんこん

れんこんは穴があいているため、先の見通しがきく」という意味を持っています。

3.まめ

「健康でいつまでもマメに働けるように」という願いがこめられています。

各家庭によって

  • 蒸し大豆
  • 枝豆
  • 黒豆
  • 絹さや

など多少の違いがあります。
うちは彩りのためか絹さやでした。

ちらし寿司の作り方については、こちらの動画が見やすく分かりやすかったので紹介します。

また、春らしさを取り入れて、

  • 菜の花

を具材に使う場合や、

  • 錦糸卵
  • 桜でんぶ
  • にんじん

など、見た目が豪華になるような具材が使われていて、華やかなひな祭りにぴったりのごちそうとなっています。

ちなみにこのちらし寿司、いろいろな具材を乗せることができるので、いかにも地域差がありそうですよね?
次の章ではそこら辺についてご紹介します。

ひな祭りのちらし寿司、地域によって違う?

ひな祭りには、全国的に「ちらし寿司」を食べます。
でも、ひと口に「ちらし寿司」といっても、実は地域によって少しずつ違っているのです。

1.関東圏

関東で「ちらし寿司」と言えば、酢飯の上に寿司ネタをちらしたものをさします。
「ちらし」は「散らし」で、酢飯に具材を混ぜ込まないもののことです。

一方で、ひな祭りで食べられる「ちらし寿司」は、関東では「五目ちらし寿司」と呼ばれていて、いろいろな具材が混ぜ込まれている寿司をさします。

2.関西圏

関西では、「ばら寿司」という呼び名で、具材を酢飯に混ぜ込んだものが「ちらし寿司」と同じものとされています。
つまり関東での「五目ちらし寿司」と一緒で、呼び名が違うんですね。

握りずしとの区別のために、酢飯がバラバラになっていることから「ばら寿司」と呼ぶようです。

3.岡山県

江戸時代、岡山藩主が倹約のために出した「一汁一菜令」を守っていた人々ですが、お祝いなどには豪華なものを食べたいと思い考え出されたのが、岡山の「ちらし寿司」です。

これはごはんの上に魚や野菜を乗せて食べます。
魚介や野菜などをご飯と一緒にすれば「一菜」となるという、人々の知恵からうまれたのです。
これが「ちらし寿司」の原型と言われています。

4.福岡県(筑豊地方)

福岡県の筑豊地方では、かしわ(鶏肉)が入っているものが一般的です。
他の具材とともに醤油で煮て、酢飯に混ぜ込みます。

5.徳島県

徳島県の「ちらし寿司」には、甘く煮た金時豆が入ります。
山側では山菜、海側ではひじきなど、具材を甘めに煮るようです。

地域によって、収穫されるものが違うので少しずつ「ちらし寿司」に入る具も違っていますね。

私の実家では、れんこんや絹さやなども飾りつけされていましたが、基本的に生の魚介をつかっていました。
関東風の「ちらし寿司」です。

「ちらし寿司」の素などの発売以来、3月3日に食べるひな祭りの「ちらし寿司」といえば、一般的なレンコンやえびがのった、いわゆる「五目ちらし寿司」が思い出されます。
(そして「ちらし寿司」といえばCMの北島三郎のイメージがいまだにあります…古いですね(笑))

地域によって呼び名が違ったり具材が違ったりですが、「寿司」そのものがお祝いの時に食べる縁起物のごちそうですから、家庭では子どもの好きな具材でもいいかもしれませんね!

ひな祭りのちらし寿司、意味や由来のまとめ

ひな祭りに食べるのが当たり前と思われていたちらし寿司。
明確な由来はなかったですが、意味はきちんとありましたね!
ちらし寿司は、たくさんの具がのっていておいしいだけではなく、女の子の幸せを願う親の思いが込められていました。

それに、寿司おけにたっぷりと入っている「ちらし寿司」を家族みんなでわけて食べるというのは、とても幸せな時間ですよね(^^)

昔からのお祝いの行事であるひな祭り、縁起のいいごちそうを食べて女の子の将来の幸せをみんなで願いながら、楽しく過ごせるといいですね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - ひな祭り・桃の節句