知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

初節句の男の子、お祝いの金額はどれぐらい?喜ばれるプレゼントは?

      2017/09/07

子どもが生まれてから1年くらいの間は、いろいろなお祝いの行事がありますよね。
そのほとんどが、無事に成長したことを祝うものです。

なかでも初節句を大切に考える家庭は多いのではないでしょうか!

  • 男の子なら「端午の節句」
  • 女の子なら「桃の節句」

に子どもの成長と健康をお祝いします。

でも初節句のお祝いって、どのくらいの金額のものをおくったらいいんでしょうか?
また、何をあげたら喜ばれるのかも気になるところ…
お祝いなので失礼がないようにしたいですよね!

そこで今回は男の子の初節句について、

  • お祝いの金額の相場は?
  • お祝いで喜ばれるプレゼントは?

などの疑問にお答えします!
私がもらって困ってしまったプレゼントもお伝えしますね。

スポンサーリンク

初節句の男の子、お祝いの金額は?相場はある?

男の子の初節句にお祝いをおくるときに、どのくらいの金額がいいのかは悩みどころですよね…!
誕生日や出産祝いなどと違って、古いしきたりがありそうな感じもします。
お祝いということもあって、金額を間違うと失礼なことにもなりかねません。

調べてみたところ、立場によってその金額はかなり違うことがわかりました。

お祝いの相場

祖父母

3万円~30万円

兄弟・親戚

5千円~1万円

友人・知人

3千円~5千円

こうして金額だけ見ると、立場によって幅がすごいですね…!

祖父母の場合は昔からの習わしとして

  • こいのぼり
  • 五月人形

などをおくることが多いので、この金額になるのでしょうね。

兄弟や友人などでも、

  • 相場の金額を現金、+プレゼントを用意
  • 相場の金額の中で、現金とプレゼントを用意

などの場合があります。
特にお祝いの席に呼ばれたときなどは、その場でおもちゃなどのプレゼントを渡すとお子さんは絶対喜びますよ!

その家庭のやり方や考え方、立場によって少しずつ違ってきますが、相場の金額を大きくはずれなければ、失礼にはなりません。

では、初節句のお祝いのプレゼントは具体的にどのような物が喜ばれるのでしょうか?
自分の子どもが初節句のころ「どんなものがありがたかったっけ?」なんて、今となってはなかなか思い出せないものですね^^;

過ぎ去った記憶をたどりつつ、喜んでもらえるプレゼントをご提案します。

初節句の男の子へのプレゼントはどんなものが喜ばれる?

初節句のプレゼントを考えるとき、生まれた日からみてどのくらいの月齢になっているかということを気にすることが大事です。

というのも、「端午の節句」は5月5日
その家庭によっては、生まれたばかりの生後1~2ヶ月なら、その年ではなく次の年に初節句のお祝いをすることも多いからなのです。

そうなると、その子が初節句のお祝いをする時には1歳。
初節句だから小さい赤ちゃんだと思い込んで月齢を確認しないと、ちぐはぐなものをプレゼントしてしまうかもしれません。

私もそうでしたが、子どもがいない頃はその月齢に何が必要なのかっていうことがわからないんですよね。
お祝いに欲しいものがあるか確認できる間柄だったら、思いきって必要なものを聞いてみるのが一番よい方法です。

聞くことができないときは、次に紹介するプレゼントを参考にしてみてください。
サイトも合わせてご紹介しますね!

1.おもちゃ

おもちゃは、お子さんが一番喜ぶものだと思います。
でも、手持ちのものとかぶる場合もありますので、

  • 対象年齢が少し上のもの
  • 増えても困らない物

などを選ぶといいですよ!

1.知育玩具

最近は知育玩具といって、子どもの学習の助けになるようなおもちゃが人気です。
音が大きくないものや、コンパクトなサイズのものを選ぶといいと思います。

ミニボウリングセットがあれば、家族みんなで遊べそうですね。

お魚釣りで手を上手に使えるようになるかもしれないですね!

2.レゴブロック

レゴは買い足して遊べるブロックなので、数はあっても困ることはないと思います。
基本のものを持っていそうなら、ごっご遊びができるセットが喜ばれると思いますよ!

男の子が好きな車もはいっています。

公園や町がテーマで、子どもにも身近です。

2.絵本

絵本はだいたい裏表紙などに「読んであげるなら○歳~」など対象年齢が書かれています。
少し先の年齢対象のものであれば、時期がきた時にいつでも読んであげられます。

すでに持っている絵本と同じものを選ばないように

  • できるだけ新刊
  • 対象年齢が少し上のもの
  • しかけ絵本、セット絵本など自分ではあまり買わないもの

などがおすすめです。

こちらはシリーズものです。

子どもの大好きな食べ物ばかり出てきますよ!

かがみのしかけにおどろきます!

小さいサイズなので持ち運びにも便利です。

3.図書カードやこども商品券などの金券

金額がわかってしまいますが品物同様に考えてもいいと思います。
すぐに使わなくても、好きな時に子どものために使ってもらえますし、好みのものを選べます。

品物を選ぶのに迷ったら金券も考えてみるといいですよ!

もらったら困るかも、というプレゼントも…

お祝いのプレゼントなのにもらって迷惑、というのも失礼な話だとは思いますが、やっぱり相手の負担になってはお祝いの意味もないというもの。

参考までに、私の周りで聞いた「初節句の困ったおくり物」をあげておきますね。

  • 趣味ではない洋服
    (ごめん、ちょっと着せづらいかも…)
  • 大きすぎるぬいぐるみやおもちゃ
    (置き場所がない…涙)
  • おさがりの服
    (お祝いにおさがりはちょっと…^^;)
  • 大量のお菓子やジュース
    (まだ食べられないんです…)
  • 初節句にちなんだ縁起もの
    (親からもらうし、処分するのも何だし…)

などなど、けっこうあります。

個人的には「おむつケーキ」が困りました。
子どもが「ある特定のメーカーの紙おむつ」でないとかぶれてしまうのです…^^;

いただいた違うメーカーのものは結局使えず、友達にお譲りしたことを思い出しました!
親御さんのこだわりがありそうなものは避けた方が無難ですね。

男の子の初節句のお祝い、マナーは?

お祝いごとには縁起をかつぎますので、プレゼントを用意してお祝いしたい気持ちがあっても、マナーを守っていなければ台無しです。

ここでは初節句のお祝いをおくるときのマナーについてご紹介していきます。

1.プレゼントにつけるのし紙

初節句のお祝いにはのし紙をつけます。
使用するのは「紅白蝶結び」です。

ほどいて何度でも結び直せるので、お祝いは何度あっても良いという意味でこれを使います。

表書きは

  • 「初節句御祝」
  • 「祝御初幟」(しゅくおんはつのぼり)
  • 「御祝」

と書きます。
「祝御初幟」は男の子節句のときに書く表書きです。

2.おくる時期

お祝いごとは遅れると縁起が悪いとされています。
過ぎてから渡すのはマナーを知らない人だと思われますので、前もって渡しましょう。

  • できれば大安の日をえらんで渡す
  • 1週間前までには渡す

お食事会など、祝いの席に呼ばれている場合は、当日でも大丈夫です。

そうしたセッティングもほとんどが縁起のいい日を選んでいるので、当日に直接渡すと喜ばれますね。
どうしても大安に渡せない場合は、「お日柄のいい日に開けてください」と伝えて渡すといいですよ!

初節句の男の子、お祝いの金額のまとめ

いかがでしたか?
今回は男の子の初節句のお祝いについてご紹介しました。
初節句は一生に1度しかないので、きちんとお祝いしてあげたいですよね!

お祝いの金額は立場によって違いました。

  • 祖父母 3~30万円
  • 兄弟・親戚 5千円~1万円
  • 友人・知人 3千円~5千円

が相場となっています。
迷ったときは相場に合わせると無難ですよ!

金額やプレゼントの内容も気にしなければいけませんが、一番大切なことは「新しく生まれてきた子どもの健康をみんなで願い、成長を見守っていく」という気持ちです。
そんな気持ちを込めた初節句のプレゼント、喜んでもらえるといいですね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - こどもの日・端午の節句