知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

ちょっと待った!便秘解消にキャベツを食べる時はココに注意!

      2017/01/08

約6割の女性が便秘に悩んでいるということをご存知ですか?

便秘は放置すると、重大な病気につながる恐れがあります。

便秘を解消するにはよく食物繊維がいいと言われますが、実はキャベツが便秘に効くようなのです。

食物繊維が豊富なキャベツですが、効果的な食べ方をしなければ便秘解消にはつながりません。

そこで、キャベツを食べて便秘を解消するために注意しなければならないことを調べてみました。

スポンサーリンク

キャベツは便秘解消にいい!?

cabbage-constipation-1

腸内環境のバランスが崩れることで起こる便秘。

ストレスや運動不足、ダイエットなども便秘を引き起こすことがあります。

また、日本人は女性も男性も普段の食事において食物繊維の摂取量が足りていないと言われています。

便秘を解消するには食物繊維が大事なのですが、キャベツにはこの食物繊維がとても豊富に含まれています。

キャベツを食べると便秘が解消されるのは食物繊維の影響ばかりではなく、ビタミンなどの効果があるのもわかりました。

キャベツがどうして便秘に効果があるかご紹介します。

1.豊富な食物繊維

キャベツには100gあたりに約1.8gの食物繊維が含まれています。

割合は約1.4gの不溶性食物繊維と0.4gの水溶性食物繊維になりますが、それぞれの役割が違います。

  • 不溶性食物繊維…便を固く大きく形成する
  • 水溶性食物繊維…便を柔らかくして滑りをよくし、出しやすくする

便秘解消にはどちらの食物繊維も必要で、ベストな割合は不溶性食物繊維1に対し水溶性食物繊維2と言われています。

キャベツは水溶性食物繊維の割合が少ないので、出来れば水溶性食物繊維を含んだ食べ物を補うともっと効果が上がると思いますが、キャベツはどちらの食物繊維も持ち合わせているため便秘解消に効果があると言えるのではないでしょうか。

またキャベツの食物繊維が体内でコレステロールや老廃物を絡めとって排出してくれるので、糖尿病や高血圧予防にもなります。

2.ビタミンU

キャベツにはビタミンUという、あまり馴染みのないビタミンが含まれています。

キャベツから発見されたビタミンで「キャベジン」とも呼ばれていて、他の野菜にはあまり含まれていないものです。

ビタミンUは、胃の粘膜を保護してくれる働きがあります。

胃酸による胃へのダメージをこのビタミンUが防ぐことで、胃での消化と腸での栄養吸収をスムーズに行え、結果として良い便が作られることになります。

それで、便秘に効果を発揮するというわけです。

ビタミンUはキャベツの芯の部分より葉の部分に多く含まれています。

また、熱に弱いため加熱しないで生のまま食べると効果を発揮します。

3.ビタミンC

キャベツにはビタミンCも豊富に含まれています。

キャベツ100gあたり約41gも含まれていて、なんと1日に必要なビタミンCの半分近くを摂取できます。

ビタミンCには新陳代謝を向上させる効果があるため、同時に腸内の老廃物を排出する機能をも向上させると言われています。

そのため、腸のぜん動運動が活発になりやすいので、便秘の解消にもつながるというわけです。

ここに注意しないと逆に便秘になる!?

cabbage-constipation-2

キャベツが食物繊維豊富で便秘解消に効果のあるビタミンも含んでいることがわかりました。

特に、食物繊維が固く大きい便を形成して腸を刺激することで、腸の動きが鈍くなって起こる「弛緩性便秘」にはとても効果を発揮します。

でも、すでに便秘になってしまっている状態にはキャベツをいくら摂取してもあまり意味がないので、便秘を起こさないための予防としてキャベツを食べるといいのではないでしょうか。

ただし、効果があるからといって、大量にキャベツを食べ過ぎてしまうと、逆に便秘になるリスクがあります

これも実は食物繊維の特性が関係しています。

食物繊維は、体内の水分と油分を吸収する働きがあります。

その働きが体内の老廃物を絡めとるものでもあるのですが、キャベツを食べ過ぎると便をスムーズに排出させるために必要な水分と油分も吸収してしまい、便が固くなってなかなか排出されない、つまり便秘になってしまうことがあるのです。

ですから、便秘解消のためにキャベツを食べる場合は、過剰に摂取せず、生のキャベツと一緒に水分と油分も摂るようにしましょう

便秘解消にいいキャベツのレシピは?

便秘解消にいいキャベツの食べ方はわかりました。

では、どんな調理法で食べると効果的なのでしょうか?

水分と油分をしっかりと摂りつつ、ビタミンを壊すことなく、さらにおいしくキャベツをいただける簡単レシピをご紹介します。

塩キャベツ

キャベツをよく洗って生のまま適当な大きさにちぎり、塩とゴマ油で和えるだけです。

お好みで白ごまを振りかける、塩ではなく塩こぶで和えるなどもおいしいです。

とても簡単ですが、キャベツを加熱しないのでビタミンを壊さず、ゴマ油で油分も摂れますので、あとは味噌汁などを足すことで、便秘に効果的なキャベツの摂り方ができます。

キャベツで便秘解消のまとめ

キャベツには便秘解消によい食物繊維やビタミンが豊富に含まれていることがわかりました。

また、注意して食べないと逆に便秘になることもわかりましたね。

まずは普段から食生活や運動などに気を付けて便秘を予防することが大切です。

それでも便秘がなかなか解消しないと悩んでいる方は、効果的と思われるキャベツのレシピをいろいろ試してみるのをおすすめします。

こちらの動画では「キャベツのごま油塩昆布和え」の作り方を解説しています。

ぜひ毎日の食事に取り入れてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - 食べ物