知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

大学芋の由来は?なんでこの名前になったの?カリカリなのはなぜ?

      2017/02/12

お芋のおいしい季節となってきました。

焼き芋、天ぷらなど色々な食べ方がありますが、おやつにもなる大学芋も捨てがたいですよね?

ところで、なぜあの揚げて蜜をまぶしたお芋を大学芋というのでしょう。

おいしく食べていても、大学芋の名前の由来などはあまりよく知らない方も多いのではないでしょうか。

大学芋という名前がどうしてついたのかカリカリなのは何故なのかを調べてみました。

スポンサーリンク

大学芋の由来は?

daigakuimo-origin-1

普段何気なく食べている大学芋ですが、そう言えば「大学芋」という名前はどうしてついたのか、よく知りませんでした。

名前からして大学が関係していそうですが、どんな由来があるのでしょうか。

有力な説が4つあるようなので、ご紹介します。

1.大学生が売っていた

昭和の初め、日本が昭和恐慌により不況だった頃、生活に困っていた東大生が学費を稼ぐために、すでに中国から伝わっていたらしい現在の大学芋のような食べ物(ミーチエンホンシュー)を真似て作り、売ったところ、当時の大学生の間でとても人気がでて、その後それが大学芋と呼ばれるようになったという説。

2.大学生に人気だった

大正から昭和にかけて、東京の神田付近の学生街で売られていて、学生が好んで食べていたことから大学芋と呼ばれるようになったという説。

3.東大生に人気だった

大正初期に、帝国大学(現東京大学)の赤門の前に三河屋というふかし芋屋が蜜をかけた芋を売りはじめ、それが帝国大学の学生の間での人気になり、大学芋と言われるようになった説。

この説には、早稲田大学がある高田馬場周辺が発祥だというものもあります。

4.商品名に「大学」とつけるのが流行った

大正から昭和にかけて、「大学ノート」「大学目薬」といった、商品名に「大学」とつけるのが流行っていて、芋の飴がけにも「大学」とつけたという説。

明治45年に書かれた「実用家庭支那料理法」という本にミーチエンホンシューという中国から伝わった芋をラードで素揚げにしたものに飴をかけたものが紹介されてあり、甘藷(かんしょ)の砂糖蜜がけとあることから、大学芋のもともとのルーツは中国からではないかと言われています。

当時すでに伝わっていた、そのミーチエンホンシューが、日本風に大学芋となり、安くておいしくてお腹いっぱいになるので、大学生に人気が出たのかもしれません。

大学芋という名前は日本でつけられた名前ですが、いずれの説にしても学生から発信されたもののようですね。

大学芋がカリカリなのはなんで?

大学芋を想像した時、どのようなものが思い浮かぶでしょうか。

ごまは振りかけてありますか?

きつね色に揚げてありますか?

食べた時の食感はどうでしょう。

大学芋と言えば、ごまが振りかかっていて、少しきつね色で、かじった時にカリカリした食感というイメージではないですか?

実は、厳密に言うと本来大学芋はカリカリしていないのです。

日本における大学芋とは、乱切りにしたサツマイモを白っぽくなる程度まで素揚げにしたものに、砂糖と水を煮詰めて作った少し粘り気のある蜜をからませ、最後に黒ゴマをふりかけたものを言います。

かけているのがいわゆる水飴ですから、冷めても蜜がカリカリに固まることがなく、時間がたつと蜜が器の底にたれてしまうことが多いのです。

対して、カリカリに仕上がっているものは近畿地方でよく食べられている「中華ポテト(芋の飴炊き)」というもので、サツマイモを素揚げにするという点は一緒ですが、大学芋と違いきつね色になるまで揚げます。

芋をコーティングしているカリカリしたものは、大学芋と同じく砂糖と水を使って作りますが、水分の少ないカラメルで、出来たカラメルの中に揚げた芋を入れてからめたら1個ずつ離してトレーなどに置き冷ますことで芋同士くっつかずにカリカリに仕上がります。

ごまは振りかけません。

もともと中国から伝わった素揚げ下さつま芋の飴がけが、この中華ポテトと似ているようです。

水飴の水分は約70%、カラメルの水分は約3%となっていますから、カラメルの方が冷めた時に飴のように固まってカリカリな食感になるというわけです。

ですから大学芋がカリカリだと思われた方、実は中華ポテトの可能性もあるのです。

実際に、大学芋と中華ポテトが融合したようなものや、中華ポテトに大学芋と名がついたものも売られていますから、基本的な違いを知って、自分好みのいいとこ取りの大学芋(あえてこう呼びますが)を探したり作ったりしてみてもいいですね。

大学芋の由来まとめ

大学芋の由来、いかがだったでしょうか。

諸説ありましたが、名前通り大学が関係していましたね。

そして、実はカリカリの大学芋が本当は大学芋ではなかったという、ちょっとびっくりするような事実も知ることが出来ました。

でも、大学芋でも中華ポテトでも、おいしくいただくのが一番ですよね。

大学芋の簡単な作り方はこちらの動画をご覧ください。

https://youtu.be/7_MaTVrU6_k

お芋の季節がやってきました。

是非、今年は自分好みの大学芋を作ってみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - いも