知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

年越しそばの具は地方によってこんなに違う!変わった具やそばは!?

      2016/11/29

1年最後の日の大みそかに家族そろって食べる年越しそば
ほっとする味というのか、師走のあわただしい気持ちを落ち着かせてくれる不思議な食べ物ですよね。

我が家はえび天とかまぼことネギをのせますが、それぞれのご家庭で作る場合は好みがあるので、のっている具が違うのではないでしょうか。
実は年越しそばの具は、個々の家庭だけでなく地方によっても違います

日本は小さな島国ですが、地方によってとれる食材も異なるので、年越しそばの具もその土地の特色が見られます
今年の年末はいつもの年越しそばをちょっとお休みして、これからご紹介する地方色豊かな年越しそばを試してみませんか?

年越しそばに入れる具の定番ってあるの?

toshikoshi-soba-region-1

年越しそばと聞いて、思い浮かぶのはどんな具がのっているものですか?
各家庭や地方によって異なるとはいっても、「この具はだいたいどの年越しそばにものっているのではないか」というものもありますよね!

個人的に思い浮かぶイメージとしては、

  • えび天
  • たまご
  • 油揚げ
  • ネギ
  • かまぼこ

こんなところでしょうか。

「お昼にちょっとそばでも」と食べるときのそばの具と同じですね…笑
安心感があるので、いつも食べなれているそばをその年の最後に食べたくなるのかもしれません。

なんとなくのイメージで思い浮かぶ具材はありますが、定番はあるのでしょうか?
これについては調べてみたところ、全国的に共通した具というものは明確にはないようです。
各家庭の好みで何をのせてもいいのだとか。

「年越しそば」という決まった料理があるのではなく、大みそかに食べるそばを総称して全部「年越しそば」というようです。
もちろん、温かいそばでも冷たいそばでもOKです。

ただ、縁起のいい具材というがあるのでのせる具として参考になると思います。
これは後半の章で紹介しますね!

年越しそばの具は地方によって変わる?

年越しそばの具は全国的には共通していませんが、逆に地方ごとには定番の具やそばがあります

そばは大きく分類すると、まず関東風と関西風とで傾向の違いがあります。

関東風

  • 出汁はかつお節
  • 濃い口醤油
  • 具の主流は天ぷら(なんの天ぷらでもいい)

関西風

  • 出汁は昆布
  • 薄口醤油
  • 具の主流はにしんの甘露煮

これでいうと、えびの天ぷらをのせる我が家は関東風ということになりますね。

出汁や醤油の種類が違うのは食文化が異なるからです。
その食文化の違いが年越しそばにも見られるのです。

では、年越しそばにのせる具で特色のあるものをご紹介していきます!

1.関東「おかめそば」

「おかめそば」とは、

  • ゆば
  • かまぼこ
  • しいたけ
  • 卵焼き
  • ほうれん草

など、さまざまな具をのせておかめの顔のように見立てているものをいいます。

「おかめ」は「お多福」とも呼ばれるので、とても縁起のいいそばとされています。

2.新潟県「へぎそば」

toshikoshi-soba-region-2

布海苔(ふのり)という海草をつなぎに使ったそばを、「へぎ(片木)」と呼ばれるうつわに盛ったものを「へぎそば」といいます。

へぎそばは冷たいそばで、つなぎに布海苔を使っていればへぎに盛られていなくても、へぎそばという場合があります。

3.福井県「越前そば」

toshikoshi-soba-region-3

大根おろしをのせたそばに出汁をかけたり、濃いつゆと大根おろしを混ぜて、そばと鰹節とネギをたっぷり盛ったものにかけたりして食べるそばです。

冷たいそばで、大根おろしをのせることから「越前おろしそば」ともいいます。

4.沖縄県「沖縄そば」

toshikoshi-soba-region-4

沖縄でそばといえば沖縄そばです。

年越しそばとしても、3枚肉ののった沖縄そばを食べるのが一般的です。
家庭によってはソーキをのせることもあります。

5.岩手県「わんこそば」

toshikoshi-soba-region-5

「わんこそば」とは温かい出汁にくぐらせたそばを小分けにしたものです。

花巻・盛岡では年越しに、年の数だけわんこそばを食べる習慣がありました
現在は、年の数にこだわらずさまざまな具材をトッピングして食べられています。

具材は、

  • ネギ
  • 海苔

といった薬味から、

  • とろろ
  • まぐろ
  • 塩辛
  • 天ぷら

など海の幸山の幸まで多彩です。

6.北海道と京都府「にしんそば」

toshikoshi-soba-region-6

北海道と京都ではにしんの甘露煮をのせたにしんそばを食べます。
なぜ北海道と京都が同じものを?」と思いましたが、それはこんな理由からのようです。

にしん漁が盛んだった北海道では、保存のために干して身欠きにしんを作りました。
それが、北前船によって京へ運ばれ、柔らかく煮たものを食べるようになり、そこからそばにものせるようになりました。

各地方でいろいろな年越しそばがありますね。
冷たいものも温かいものも、とてもおいしそうです。
その地方の人にとってなじみのあるそばを、年越しにも食べるということがわかりますね。

縁起をかついだ年越しそばの具!

具の決まりはない年越しそばですが、縁起のいい具材というのがあるので、こちらを参考に乗せるものを決めてみてはいかがでしょうか?

にしん

語呂あわせで「二親(にしん)」とかけて、たくさんの子宝に恵まれるようにという意味を持っています。

えび天

えびは腰が曲がっているように見えるので、腰が曲がるぐらいまで長生きするという長寿の意味を込めて入れます。

油揚げ

toshikoshi-soba-region-7

商売繁盛の神様であるお稲荷さまに関連付けて、いなり揚げを入れることで金運や仕事運のご利益を期待したものです。
色も金色で、あげ(上げ)という語呂も縁起がいいですね。

ネギ

toshikoshi-soba-region-8

ネギは1年の疲れや苦労を「ねぎらう」という言葉にかけています。
そばにはつきもののネギですが、年越しそばの具としてもきちんと縁起をかついでいますね。

たまご・伊達巻

toshikoshi-soba-region-9

たまごの黄身を金色に見立てて、金運がよくなるようにという意味が込められています。
伊達巻は巻かれていることから、反物を連想させ、着るものに困らないようにということからきています。

とろろ昆布

toshikoshi-soba-region-10

語呂から「よろこぶ」にかけて縁起をかついでいます。

年越しそばの具のまとめ

いろいろなそばや具を総称しての「年越しそば」のようなので、家庭や地方によって食べるそばはそれぞれ違いましたね。

大きな分類としては

  • 関東風
  • 関西風

の2つに分かれています。

にしん漁が盛んな北海道と、遠く離れた京都で同じにしんそばを年越しに食べるというのも不思議ですが、食文化の歴史を見てみれば納得がいきますね。

のせる具材は地方によって違いがみられますが、1年の締めくくりに食べる年越しそばが、結局普段食べなれているそばだというところでは共通しています。
「今年も、いつも食べているそばを年越しに食べることが出来た」
そういう普段と変わらない、いつも通りということこそ、大事にしなければならないと昔の人は考えていたのかもしれません。

食文化の違いは大事に残しつつ、今はお取り寄せが出来る時代ですから、たまにはセットになって販売されている地方色豊かな年越しそばを取り寄せてみるのもいいかもしれませんね!

また、年越しそばの意味や食べる時間についてはこちらの記事で解説していますので、参考にしてみてください。

【関連記事】年越しそばの由来や意味は?大みそかに食べる習慣はそば屋の陰謀!?

【関連記事】年越しそばはいつ食べるのが正しい?時間について徹底調査!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - 年越しそば