知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

年越しそばはいつ食べるのが正しい?時間について徹底調査!

      2016/11/29

1年のしめくくりに食べるものといえば、年越しそばですよね。
大みそかが近づいてくると、スーパーでも年越しそばのコーナーが設けられ、年末の風物詩となっています。

子どものころには「年越しそばを食べないと年越しが出来ない」とよくいわれました。
でも、考えてみれば年越しそばはいつ食べるのが正しいのでしょうか?

年越しというくらいですから大みそかに食べるということは大前提ですが、時間帯のことまではあまり語られないものです。
意外と他の人に聞くこともないので、なんとなく決めているという人が多いと思います。

でも、正しい時間があるのであれば、知りたいと思いませんか?
今回は年越しそばをいつ食べるのが正解なのか、詳しく調べてみましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

年越しそばを食べるならいつが正解?

toshikoshi-soba-when-2

年越しそばが習慣として根付いたのは、江戸時代からと言われています。

これについては別の記事で詳しく紹介していますが、一説によると江戸中期に商家で月末にそばを食べる
「三十日そば(みそかそば)」
という習慣が次第に庶民に広まっていって、大みそかに食べる
「年越しそば」
に変わっていったようです。

【詳しくはこちらの記事で→】年越しそばの由来や意味は?大みそかに食べる習慣はそば屋の陰謀!?

では、大みそかに食べると言っても、時間帯はいつがいいのでしょうか。
朝から食べてもいいものなのか、昼食や夕食としてなのか、夜食としてか、それとも年越しというくらいなので年を越す間際なのか…。

これについては、年越しそばの由来のひとつに、

そばは「切れやすい」ので、それにあやかって「今年の苦労や厄、借金」などを切り捨てて新しい年をむかえられるように、という願いを込めて食べた

というものがあります。

このことから、年越しそばは年内に残さず食べ切ることが出来ないと「新年に厄災を持ち越してしまう」と考えられ、大変縁起が悪いことになってしまいます。
ですので、年を越す間際に食べるのはよくないです。

また、旧暦では「日没から新しい日が始まる」とされていました。
そのため、江戸時代には大みそかの日没までに食べる習わしもあったようです。
現在でもそのような風習が残っているのかを調べてみましたが、今では特にそのような決まりはありませんでした。

それ以外では特に「決まった作法」や「しきたり」はありませんでしたので、
年をまたがないようにさえすれば、どの時間に食べてもよい
ということになります。

個人的には年が明けて寝る前にはそばが消化されていて欲しいので、
ベストタイミングは夜の9時~10時頃
ではないかと思います。
その頃であれば「1年が終わるなぁ」という気分も盛り上がってきますし、区切りの意味でもちょうどいい感じがします。

まとめると、年越しそばを食べるタイミングとしては、

  • 年内に残さず食べ切らないと縁起が悪いので、年を越す間際は避ける
  • 大みそかのうちならいつでもいい

この2点に気をつければ、そんなに堅苦しく考えなくても大丈夫です。

ちなみに、年越しそばは大みそかに食べるものと思っていたら、もともとは違う日だったという話もあります。

もともとは節分に食べられていた?

節分そば」という言葉を聞いたことはありませんか?
節分と言えば「恵方巻」や「豆まき」「いわし」などが思い浮かびますが、節分にそばを食べる風習が昔あったのです。

実は昔はそれが年越しそばと呼ばれていました。

節分がなぜ年越しになるのかというと、昔は立春からが新年と考えられていて、その前日の節分が大みそかにあたるからなのです。
そしてその日にそばを食べていたのでそれが年越しそばというわけです。

少なくとも江戸時代後期までは節分に食べるそばのことを指していたらしく、今のように12月の最後の日に食べるようになったのは、暦が変わって1年を1月から12月と定めた明治の中頃あたりからだったのです。

現在のように12月31日に食べる年越しそばも、「節分そば」も新たな気持ちで新年を迎えようという考えの現れです。
なんとなく年を越すよりも、こうした区切りの習慣がある方が前向きになれそうな気がしますよね。

地域によって食べるタイミングは違うの?

toshikoshi-soba-when-1

年越しそばは昔からある風習ですので地域によって差がありそうですが、食べる時間帯や作法にはさほど大きな差はありませんでした。
ですが、以下の地域では例外的に「食べる日」が少し異なっています。

  • 福島県の会津地方では、大みそかではなく元旦にそばを食べます。年越しそばではなく「年明けそば」ですね。
  • 新潟県の小千谷地域では、年明けの1月14日の小正月の前日にそばを食べる風習があり「十四日そば」と言われています。

また、最近は「年明けうどん」なるものも登場してきたようです。

「さぬきうどん振興協議会」が、うどんを食べる機会をもっと増やそうと考え出した企画が「年明けうどん」です。

この振興協議会が提唱した「年明けうどん」の定義があります。

  • 期間は1月1日から1月15日まで
  • 真っ白なうどんにめでたい紅の食材(かまぼこや梅干しなど)をそえること

うどんは太くて長いことから長寿を祈願し、また純白のうどんを年明けに食べることで幸せを祈るという縁起のいいものとして普及活動をしています。

年明けにそばを食べる習慣や、新たな食習慣として普及させようとしている「年明けうどん」など、食べるタイミングや麺の種類は違っても、やはりそこはおめでたい新年ということで縁起を担いでいますね。

お正月はおせちを2日くらい続けて食べることもありますから、飽きがこないように年越しそばを年末に食べて、3日あたりに年明けうどんもいいかもしれませんね。
2重に縁起もいいですし、今度の年末年始に試してみようかなと思います。

ちなみに地方による年越しそばの違いはこちらの記事で詳しくまとめています。
【関連記事】年越しそばの具は地方によってこんなに違う!変わった具やそばは!?

年越しそばを食べる時間のまとめ

年越しそばを食べるタイミングについては、

  • 時間はいつでもいい
  • 大みそかのうちに食べきる

というこの2点を覚えておけば大丈夫です。
その土地の風習や、家庭の都合のよいタイミングでいいということですね。

各家庭によって食べる時間はさまざまですが、このような日本らしい風習が孫の世代、さらにその先の世代まで続いていくと素敵です。

もし、大みそかに年越しそばを食べ損ねた時は、気を取り直して節分に食べてもいいのではないでしょうか。
もしくは年明けうどんもあります。

いずれにしても、縁起の悪い食べ方にならないように気をつけて、新しい年を気持ちよくむかえてください!

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - 年越しそば