知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

七五三のお参りの時期はいつ?服装や時間はどうすればいい?

      2016/11/16

7歳、5歳、3歳をお祝いする七五三

七五三の日は11月15日と決まっています。

でも、平日で幼稚園や仕事が休みではない、家族が全員揃わないなど、その日に限定してお参りに行くのは実際のところ難しいですよね。

七五三のお参りの時期は11月15日限定ではなくてもいいって知っていましたか?

お参りの時期はいつがいいのか、お参りする時の服装や時間なども含めて調べてみました。

スポンサーリンク

七五三のお参りの時期はいつ頃がいい?

shichigosan-omairi-1

七五三は神社やお寺の正式な行事としては、11月15日となっています。

でも、その年によって11月15日が平日で子どもが学校や幼稚園がある、大人も仕事を休めないなど、大事にしたい行事ではあるものの、都合をつけるのが難しいのが現状ではないでしょうか。

現在は、一般的に10月中旬から11月後半の都合のいい日を選んでお参りする家庭が多いようです。

11月15日前後の1週間は神社やお寺も混み合いますので、それを避けてお参りに行く家庭もあれば、寒くなる心配がある東北や北海道などでは10月初めにお参りしてしまうという家庭もあります。

おじいちゃんおばあちゃんも一緒にということになったり、お食事会を予定したりとなると、家族全員がそろう日を調整するのはとても大変です。

七五三は子どもの成長をお祝いするのが目的ですから、日にちにこだわらずに各家庭の都合のいい日を選んでお祝いするといいでしょう。

また、よく「大安がいい」とか「仏滅は駄目だ」という話を聞くこともあると思います。

大安や仏滅とは六曜という暦上の吉凶を6つに分けたものですが、元々は中国から伝わった占いからきています。

神社仏閣とは何も関係がないので、たまたま都合のいい日が仏滅でも、気にしないでお参りし、七五三をお祝いしてくださいね。

七五三のお参り、子どもの服装はどうする?

七五三のお参りと言えばやはり着物がすぐに思い浮かびますよね?

テレビのニュースなどで取り上げられる映像からも、着物で参拝している姿を見ることが多い気がします。

では、七五三のお参りには必ず着物を着ていかなければならないものなのでしょうか。

七五三をお祝いするそもそもの意味を知ると、着物を着て参拝する人が多いことがわかります。

七五三の起源は室町時代とも言われ、世に広く広まったのは江戸時代と言われています。

今と違って、子どもが無事に成長することが少なかった時代には、3歳くらいまで現在で言うところの戸籍台帳に載せずにいたそうです。

無事に3歳まで成長して初めて記録され、それまでの成長と長寿を祝う意味があったようです。

年齢の節目で成長した証としての儀式が行われ、以下のような習慣がありました。

  • 3歳 ~ 男女ともそれまで剃っていた髪を伸ばし始める年「髪置(かみおき)」
  • 5歳 ~ 男の子が袴をつけ始める年「袴着(はかまぎ)」
  • 7歳 ~ 女の子の着物の帯を大人と同じにし始める年「帯解(おびとき)」

着物を成長とともに大人と同じものにして、ステップアップしていったということから、現在でも正式な七五三のお参りの服装としては、着物を着ていくという習慣が残っているのです。

でも、必ず着物でなければならないということではありません。

現在では、洋服でも正装であればよいとされています。

この動画では3歳の男の子に法被を着せる方法を解説しています。

七五三のお参りは、神様へ子どもの成長を報告し感謝するものですから、着物にこだわらなくても、普段着ではなく神様へ失礼のない服装であればいいのではないでしょうか。

七五三のお参り、親の服装はどうする?

shichigosan-omairi-2

子どもの服装は着物であれ洋服であれ正装させた方がいいことがわかりました。

では、一緒にお参りする親の服装はどのようなものがふさわしいのでしょうか。

親の服装選びで重要なポイントは、主役である子どもを引き立てるために親の服装の「格」を落とすという点です。

普段着でいいということではなく、子ども以上に華美にする必要がないということです。

その時に、両親の服装の「」は揃えます。

例えば、

  • 父がカジュアル、母がスーツ
  • 父がフォーマル、母がドレス

などは、七五三の親の服装としてはいかがなものでしょうか。

あまりにちぐはぐだと正式な場ではマナー違反になってしまいます。

写真に残す場合も服装にバラツキがあると違和感がありますよね。

一番無難なのは、

  • 父がカジュアルスーツ、母がワンピース
  • 父が和装またはスーツ、母が和装またはスーツ

といった感じでしょうか。

礼服という手もありますが、その場合も両親ともに礼服で揃えます。

母の和装は小紋などではなく、「色無地・訪問着・付け下げ」にするといいでしょう。

母が和装で父がスーツというのはよく見る光景ですが、父が和装で母がスーツというのはあまり見かけないような気がしますので、基本は母の服装に父の服装を合わせるといいかもしれません。

また、母のスーツはスカートが望ましいという意見もありますが、パンツスーツでも問題はありません。

スーツの色味も子どもを引き立てるために目立ち過ぎないようにすればよく、ダーク系が一番無難かもしれません。

正式な場で、親子でちぐはぐな服装にならないようにセレクトしてみてください。

七五三のお参り、時間はいつ頃がいいの?

shichigosan-omairi-3

七五三のお参りの時期を決め、服装も準備したところで、では、時間は何時ごろに行くのがいいのでしょうか。

昔からの慣習ですから、何か決まりごとがありそうな気もしますよね。

七五三のお参りは神社へ行く家庭が多いのではないかと思います。

よく言われるのが、神社は早朝が最も清らかな「気」で満たされているため七五三でなくても午前中にお参りするものだということです。

現在では午前も午後もこだわりなくお参りしていますが、もし、午前中の良い「気」をもらいたいという考えでしたら、ぜひ午前中のうちにお参りをしてみてはいかがでしょうか。

また、服装も着物を考えているのであれば、早々に着付けを済ませて午前中にお参りに行った方が、子どもも午後には着物から解放されますので負担が少ないのではないかと思います。

七五三のお参りまとめ

いかがでしたか?

七五三は、その昔子どもが病気などにより成長することが難しかった時代に始まったものです。

その意味を考えると、七五三のお参りの時期や服装の形式も大切ですが、子どもの健やかな成長を祝うという気持ちを一番大事にしたいものです。

家族そろって晴れ着を着て、思い出に残る七五三になるといいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - 七五三