知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

七五三のお祝いの食事、予算の相場は?誰が払う?どこでやる?

      2016/11/15

七五三はお子さんの成長を祝う行事です。

お参りの後に、おじいちゃんおばあちゃんもお誘いして、お祝いの食事会を予定するご家庭もあることでしょう。

でも、そのお祝いの食事をどのくらいの予算でどこでやるか、悩みの種ですよね?

お土産はどうするのかや、誰が払うのかなども気になるところです。

そこで、どんなところで食事会をすればいいのか予算なども含めて調べてみました。

スポンサーリンク

七五三のお祝いの食事、予算の相場は?

七五三のお祝いの食事会をするとして、どのくらいの予算で考えればいいのかわかりませんよね。

両家のご両親も呼んでとなると、いくらくらいを考えておけばいいのでしょうか。

食事会をする時間帯や場所、料理の内容によっても予算は変わってきそうです。

お昼の時間帯でしたら、一人あたり2500円~4000円くらい、夜の時間帯では4000円~5000円くらいが相場のようです。

その家庭や食事会をする場所によっては5000円~10000円ということもありますが、場所と料理のグレードによって予算に開きがでますので、事前にどのくらいの人数で食事会をするのか、いくらまでなら費用を出せるのかなど夫婦で話し合っておきましょう。

食事会をするお店が決まっているのであれば、お店の人に相談してみるといいかもしれません。

場所によっては、七五三にふさわしいお祝いのコースやプランがありますので、自分たちの希望を話しておくと金額や内容を一緒に考えてくれるところもあります。

七五三のお祝いの食事、誰が払う?

shichigosan-meal-1

食事会でかかった分を誰が支払うのか、お金のことですからなかなか人に聞けませんが、一般的他の家庭ではどういうふうにしているのか知りたいですよね。

家族だけであれば、当然自分たちで支払いをします。

自分たちで食事会の場所を決めておじいちゃんおばあちゃんを招待するのであれば、お祝いをいただくと思いますので、お返しとしてこれも当然費用は自分たちが支払うことになります。

では、食事会についての打診をおじいちゃんおばあちゃんたちからしてきた場合や、おじいちゃんおばあちゃんが食事会を開いてくれると言った場合はどうすればいいのでしょうか。

このような場合は、お話があった時の雰囲気で支払いをお願いできる可能性もあります

ただ、はっきりと支払いについて話がない場合は、自分たちで負担するつもりで考えていた方がいいでしょう。

きちんと、おじいちゃんおばあちゃんサイドから費用の負担を申し出てもらった場合は、孫のことですから甘えてしまってもいいですね。

また、その家庭や地域のやり方で、初めからお祝いを頂かないで、会費制の食事会にするという方法を取る場合もあるので、ご両親、義両親などに事前に確認をした方がいいでしょう。

七五三のお祝いの食事、どこでやる?

shichigosan-meal-2

1.家族だけの場合

家族だけであれば、子どもの食べたい物や行きたい場所で楽しく食事をするということでもいいかもしれませんね。

ファミリーレストランや回転ずしでもいいですし、夜だったら焼肉など子どもの意見を取り入れて特別感を感じられる食事会にするといいと思います。

2.家族以外に招待する場合

おじいちゃんおばあちゃん、親戚の人などある程度の人数が集まってお祝いをしてもらう場合は、出来れば個室で、一同そろって落ち着いて食事ができるようなホテルやレストランなどが無難です。

そのような場所ですと、七五三のお祝いにふさわしいメニューや七五三プランがある場合もありますので、食事会をしたい場所が決まったら問い合わせてみるといいでしょう。

また、人数が多いと自分たちが場を取り仕切ることは難しいので、きちんと給仕をしてくれるような場所の方が安心です。

七五三のお祝いの食事、手土産はどうする?

食事会のあと、手土産を渡した方がいいのかどうかも気になります。

七五三の食事会で、手土産が必要かどうかは各家庭のやり方や地域の慣習によっても考え方が変わってきそうです

大体は、おじいちゃんおばあちゃんからお祝いをいただくのではないかと思いますが、本来はお祝いへのお返しとして食事会を催すという形になるので、手土産は必要ないという考え方が一般的です。

特に両家のおじいちゃんおばあちゃんだけを招待するのであれば、あまり気をつかわなくてもいいかもしれません。

他にも親族が集まるとか、やはりきちんとしておきたいというのであれば、和菓子や赤飯などお祝い向けのものを用意するといいでしょう。

会食の一人当たりの予算に組み込んでもいいですね。

食事会を催す場所によってはそういうコースもあるようです。

また、当日はお返しを渡さなくても、後日食事会の時に撮った写真の焼き増しをちょっとしたお菓子とともに贈るなどでもいいかもしれません。

いずれにしても手土産については夫婦で事前に相談しておきましょう。

七五三のお祝いの食事まとめ

七五三のお祝いをおじいちゃんおばあちゃんなどと一緒に食事会という形でするのも、子どもは喜びそうですよね。

でも、おじいちゃんおばあちゃんを招待するとなると、いろいろと段取りを考えなければいけないので大変です。

七五三の主役は子どもですから、子どもが一番喜ぶ食事会をセッティングするようにしてみるといいかもしれません。

七五三のお参りの後、みんなで気持ちよく過ごせるような食事会になるといいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

あなたにおすすめの記事

 - 七五三