知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

知育玩具で子供の創造力は高まるのか?実際に使ってみた感想!

   

世の中にはいろんな知育玩具がありますよね。

我が家には絵本やパズルなどの知育玩具がありますが、子どもはちょっと飽き気味
特に知育系の絵本は年齢が上がると見向きもしなくなってしまいました(TT)

そんなときに出会ったのがNew Island「警察車両シリーズ」ブロック
我が家にはブロック系のおもちゃが少ないので、子どもは大興奮で遊びました。

今回は、遊びながら学べるNew Islandの「警察車両シリーズ」のブロックについて、うちの娘の使用体験をまじえてご紹介します!

スポンサーリンク

New Islandの「警察車両シリーズ」のブロックってどんなもの?

New Islandの「警察車両シリーズ」ブロックは、子どもが大好きな「はたらく乗り物」シリーズをテーマとしたブロックです。

平面のパズルとちがい立体なので、「どんな形になるかなぁ」という子どもの好奇心をビリビリと刺激しますよ(^^)
また、「指先を動かしながら考える」という2つの動作をいっしょに行うので脳の発達につながります。

完成するものは乗り物と決まってきますが、

  • 説明書を参考にしがら、自分でゴールをめざす
  • 頭の中で、どうやればできあがるかを考えながら作る

など、自分の好きなように遊ぶことができます。

ときには「子どもの発想ってスゴい!」と驚かされることも!

自分でアレコレ考えた末に完成させることによって、

  • 達成感が自信につながる
  • 作るよろこびを味わうことができる

のも、このブロックのいいところです(^^)

次の章では、実際に私の娘がこのブロックで遊んでみたので、その様子や感想をお伝えします☆

New Islandの「警察車両シリーズ」のブロック、実際に遊んでみた!

最初にお話したとおり、我が家には知育玩具がいくつかあります。
しかしブロック系のものはなかったので、今回のNew Islandの「警察車両シリーズ」のブロックは母子ともに楽しみに待っていました(^^)

そして待ち焦がれた末に届いたものがコチラ!

警察車両シリーズ!
子どもってはたらく車が好きですよね(^^)
この箱だけで娘はドキドキです☆

箱を開けると…さらに4つの箱が。

  • ヘリコプターとパトカー

  • 白バイとパトロール船

  • パトロールカーとパトロール艇

  • 指揮車と犯人の護送車

それぞれの小箱に2種類つづ乗り物が入っていました。

ちゃんと説明書もついています!
ブロック遊び慣れしていない私には必須アイテムです。

この説明書、ビローンと横に長い!(裏面もびっしりです)

「こりゃ説明書がないとできないな…」
と思いながら目をとおしていると、娘が箱の中身をいっせいに開けようしているので全力阻止!!
全ブロックが混ざったらソコで試合終了です(汗)

はやる娘をなだめながら、小箱を1つずつあけることに。
まずはヘリコプター&パトカーペアから作成開始!

なるほど、乗り物や人物ごとに袋でまとめられているのですね、助かります。

興奮が臨界状態だった娘に1袋ずつ開封を許可。
そーっと出さないとブロックが飛び散りそうです。
何か器を用意しときゃよかったと今では後悔しています(汗)

そんなこんなで袋の中身を出しきりました!

ブロック、小さっっ!
というのが正直な感想でした。
娘にこれができるのだろうか…とちょっと不安に。

娘は、
「わぁ~!面白そう!!」
とワクワク。
母の不安も知らずに…(笑)

「で、どうやって作るの?」
と質問する娘に、
「どうやって作るのいいと思う?」
と聞くと「うーん、うーん」とうなってしまいました(^^;

説明書を見ると、1工程ごとに必要なパーツが書かれているので、
「まずは、この部品をそれぞれのチームごとに集めてみたら?」
と提案。
するとサクサクとパーツを工程ごとにわけて行きました。

娘のようにブロック遊びに慣れていない子には、ちょっとアドバイスをしてあげないといけないなぁと感じます。

ブロックの分別が終わったら、次は組み立て開始
娘に、
「思うようにやってごらん(^^)」
と言ってしばし放置タイム。

すると、説明書を見ずにでブロックを組み立てる娘。
「おいおい、それじゃいつまで経ってもできあがらんよ…」
と手を出したくて仕方ありませんでしたが、ここはグッとガマンです。

5分くらいしたとき、娘が
「お母さん~、私はおっちゃん(人形)作るからお母さんは乗り物作ってぇ!」
と言い出しました(汗)

(おっちゃんはあとでいいから、とりあえず乗り物をがんばろうよ~!)
娘、早くもちょっとめげています。

仕方がないので、ヒントとして説明書の作り方を見るように伝えました。
「あ~!そういうことかぁ!」
と言っていましたが、さっきのパーツ分けで説明書を見ていたときにピンときてほしかった^^;
このように、序盤でいろいろつまずきましたが、そこからはスムーズに作っていきました。

おっちゃん(人形)もちゃんと忘れずに組み立てます!
手がとても小さいので意外と苦戦していました。

そしてたまに、

  • ブロックが小さい
  • 娘のパワー加減が下手くそ

などの理由が重なり、ブロックをしっかりとはめ込もうとすると、せっかく組み立てたブロックが崩壊することも…

思うようにあつかえなくてイライラした様子もありましたが、

  • あわてず、1つずつていねいに組み立てる
  • ブロックがうまくはまらないのには理由がある
  • 力で強引にはめるのではなく、コツをつかむ

ということを学んだようです。 

そして3箱目にとりかかるころには、

  • 先にタイヤを作る
  • 細かい部品は先に組んでおく

など、効率を考えはじめた模様です。

  • 完成図を見て、「これはむずかしそう…」
  • 作りながら、「よく考えられている…」

など、熟練の匠のような発言も出るようになりました(笑)

慣れてくると、1箱あたり15分から20分くらいで作ることができます。
「できあがった乗り物で早く遊びたい」という思いもあり、サクサクと進めていきます(^^;

そして完成したものがコチラ!

アドバイスはしたけど、ほぼ私が手を出さずに完成させたので「全部、私が組み立てたんだよ!」と娘はなんだか得意気です。
むずかしいことをするときは「いっしょにやって!」と助けを求める娘でしたが、しっかりと最後までやりとげてくれたことに、私も感動しました(^^)

New Islandの「警察車両シリーズ」のブロックで遊んでみた感想

前の章では、遊んでみた体験談をご紹介しました。

実際に遊んだ娘の感想は、

  • 「ちょっとむずかしかったけど、面白い!他のもやってみたい
  • 本物みたいでドキドキした(リアリティのことを言っているようです)」
  • 「次は、説明書見ないで作ってみる」

と、楽しんだ上にさらなる高みを目指すような発言が飛び出ました!
正直、母は説明書ナシで作る自信はありません!(笑)

また、「これ、バラバラにして私が考えた車作っていい?さっきひらめいたんだ~!」とも言っていました。
ゴールを目指して作ってる最中にオリジナル作品を思いついていたようです。

私の感想は、

  • 「結構むずかしいそうだったが、作り出すとそうでもない
  • 警察車両について興味が持ててよかった」

です。

はじめにブロックを見たときは「わぁ~!娘にできるのかな(汗)」と思いました。
序盤でこそつまずきましたが、ある程度のアドバイスをしてあげたらその後は指先を器用に使い、集中して楽しんでましたよ(^^)
これをきっかけに「自分で考えて作り上げるよろこび」をどんどん知っていてほしいなと思いました☆

また、「段取りの大切さ」がわかったようです。
「早く組み立てたい!」という思いが強かった娘でしたが「組み立てる前に、工程ごとにブロックを分けておく」ことによって、やりやすさを感じたようです。
2箱目からは気持ちをおさえて、自発的にブロック分けをしていました(^^)

ちなみに、ものを何でも口に入れてしまうような小さいお子さんがいるお宅は要注意です!

我が家の2歳児は粒のような小さいブロックを口に入れました(汗)
透明な黄色のブロックだったので、グミかこんぺいとうと勘違いした様子でした…
(味がしなくてすぐに吐き出しました)

ここまでの話を聞いて「ぜひ、やってみたい!」と思っていただけたら幸いです(^^)
次の章ではお値段や購入方法についてご紹介します!

New Islandの「警察車両シリーズ」のブロック、お値段や購入方法は?

New Islandの「警察車両シリーズ」のブロックは、Amazonで購入することができます。

Amazonなら定価1,899円を

  • セール価格の999円

で買うことができますよ(^^)
1,000円以内でこのクオリティの知育玩具が楽しめるのはとってもお得です♪

ただし!
通常配送の場合は送料350円がかかります。
2,000円に満たない商品はここが弱点です(TT)

Amazonプライム会員の人は心配いりませんが、通常会員の人は

  • 絵本といっしょに買う(Amazon発送の書籍は送料無料)

などして送料対策するといいですよ♪

知育玩具、New Islandの「警察車両シリーズ」のブロックのまとめ

いかがだったでしょうか?

New Islandの「警察車両シリーズ」のブロックは、子どもの好奇心を刺激する知育玩具です。

  • 説明書を参考にしがら、自分でゴールをめざす
  • 頭の中で、どうやればできあがるかを考えながら作る

ので、指先も頭もフル稼働できます!

ブロックに遊びなれてない子や、小さいな子にはちょっとむずかしいかもしれませんが、

  • 完成したときの達成感が自信につながる
  • 作るよろこびを味わうことができる

など、いいことがたくさんありますよ(^^)

実際に我が家の5歳の娘がこのブロックで遊んだときは

  • 大人のアドバイスがちょっと必要

でしたが、コツをつかむと1人で考えながら作れるようになりました。

このNew Islandの「警察車両シリーズ」のブロックは、Amazonで購入することができます。
定価1,899円のところ、セール価格の999円で買うことができるのがうれしいポイントです♪
しかし、通常会員の場合は送料がかかってしまうのでご注意を!

おもちゃで遊びながら、脳の発達を促すこともできて、1度に2つうれしい知育玩具。
よかったらためしてみてくださいね☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - おもちゃ