知らなきゃ損するAtoZ

季節の行事から最新イベントまで、すぐに使えるお得な情報をお届け!
知らなきゃ損する、知って得するコトがいっぱいです!

ハロウィンの衣装、子供のものを手作りしてみよう!ママ必見!

      2017/10/05

ハロウィンの仮装、子どもの衣装はできれば手作りしてあげたいですよね。

ちょっとした衣装があるだけで子どもはおおはしゃぎです!
お母さんが手作りしてくれた、となればいい思い出にもなります(^^)

複雑なものを作るのは大変ですが、「マント」や「スカート」であれば十分手作りすることができますよ!
今回は子どものハロウィン衣装の手作りの仕方をご紹介します。

スポンサーリンク

ハロウィンの子供の衣装を手作りするときに必要な道具

halloween-costume-child-make-1

衣装の手作りで使う道具

  • ミシン
  • ハサミ
  • メジャー
  • チャコペン

あたりです。

型紙を用意したり、特注の生地を用意したりと、本格的にこだわりだすといろいろ大変です。
が、子どもの成長は早いので、今年の1回だけ着ることを想定して簡単につくることをおすすめします!

仮装の小道具として100均に売っている「カボチャの帽子」や「魔女の帽子」などを用意しておくと、仮装の時に役立ちますよ(^^)

ハロウィンの子供の衣装を手作りする方法!

halloween-costume-child-make-2

材料は何に仮装するかによってかわってきますが、基本的には「手芸用品店」や「100均」で手に入ります。

よく使われるのは光沢のあるサテン生地などです。
普段の服ではなかなか使えない生地を使って、非日常感のある衣装を作っちゃいましょう♪

ママの手作りは子どもにとっては嬉しいものです。
「子どもの服を手作りするのは初めて」という手芸初心者のママでも簡単に作れるハロウィンの衣装をご紹介します!

服の上からサッと羽織るだけ!「マント」

羽織るだけでかなりハロウィンの雰囲気の出る「マント」。
特に男の子は、マントさえあればテンションはMAXです(笑)

カッコよくマントをひるがえせるように、しっかり作ってあげてくださいね(^^)

必要な材料

  • 黒のサテン生地
    (縦は肩からひざまで長さの2倍、横は肩幅ほどの長方形の生地)
  • 赤やオレンジのひも

作り方

  1. 用意した長方形のサテン生地を、横長になるように置いて、真ん中を折って生地を2重にします。
  2. 生地を折るときに、用意しておいたひもを折り目部分に挟んでおきます。
  3. あとはミシンで縁を縫っていくだけで簡単マントのできあがりです。

さらにこれに少し手間をかけると、「ドラキュラのマント」も作ることができます。
作り方はこの動画を参考にしてみてくださいね!

小悪魔的なかわいさ!「魔女っ子スカート」

いつの時代も魔女っ子に憧れる女の子は多いです。
今年のハロウィンは魔女の仮装でどうでしょうか?(^^)

必要な材料

  • お子さんのウエストに合わせたゴム
  • ソフトチュール生地でお好みの4色を200センチx50センチずつ
  • はさみ

作り方

  1. ソフトチュールを10センチ幅に切っていきます
    (10センチx50センチの布が20枚、全色で合計80枚できあがります)
  2. すべて切り終わったらゴムを輪っかになるようにくくったり縫ったりします。
  3. 輪っかにしたゴムに切ったソフトチュールをくぐらせ、くくりつけていきます。
  4. 50センチの布の真ん中の25センチ部分でしっかりとくくります。
  5. ボリュームを調整したい場合はソフトチュールをお好みでさらに増やすか、減らすなどしましょう。
  6. 手持ちの黒いワンピースなどの上からこのスカートをはいて、100均などで購入した魔女の帽子を被ればできあがりです。

ちなみに、100均などに売っている水切りネットをソフトチュールの代用品にしてスカートを作ることもできますよ!

ハロウィンの子供の衣装を手作りするときのコツと注意点

halloween-costume-child-make-3

子どもの衣装づくりはついつい力が入ってしまいますよね。
でも着るのは子どもなので、大人とはちょっと勝手が違います。

ここでは子どもの仮装の衣装を作るときのコツと注意点をご紹介します。

とにかく軽く!

きれいにかわいらしく作ることに集中してしまいがちですが、衣装の重さは大丈夫ですか?
あんまり重たいと子どもはすぐに脱ぎたがってしまうので、せっかくの手作りも台なしです…(涙)

なるべく軽い素材を選び、子どもに優しい衣装作りを心がけてくださいね!

脱ぎ着しやすい作りにしましょう

眠くなったり疲れたりしたら子どもはすぐに不機嫌になってしまいます…(^^;
とにかく脱ぎ着しやすい作りにしておきましょう。

おトイレのことも考えて作っておかないと、大惨事になることもあります(汗)

安全性も大切です

小さいお子さんの場合、衣装に小さいパーツを使うと、ちぎり取って誤飲してしまうこともあるので気をつけましょう!

他にも

  • 安全ピンの使用をさける
  • 足ともは歩きやすいように工夫する

など、安全性には十分注意してつくるようにしてくださいね。

ハロウィンの子供の衣装の手作りの仕方まとめ

いかがだったでしょうか?
最後に今回の内容のポイントをまとめておきます。

手作りはこだわりだすとキリがないですが、子どもの成長は早いので、今年の1回だけ着ることを想定して簡単につくるようにしましょう。

仮装の小道具として100均に売っている「カボチャの帽子」や「魔女の帽子」などを用意しておくと、仮装の時に役立ちます。

ドラキュラなどに使う「マント」、魔女に使う「スカート」は「子どもの服を手作りするのは初めて」という手芸初心者のママでも簡単に作れます。

子ども衣装をつくるときのコツと注意点はこの3つです。

  • とにかく軽く
  • 脱ぎ着しやすい作りに
  • 安全性に気をつけましょう

子どものかわいらしい仮装姿を見ると、こっちも嬉しくなりますよね。
今年のハロウィンはばっちり仮装を楽しんで、いい思い出づくりをしてください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

 - ハロウィン